2017年12月07日

◆変電所にサル侵入 5万戸で停電

12月07日 15時55分  NHK関西ニュース

7日午前、滋賀県の東近江市や、近江八幡市などの、およそ5万戸で停電が発生し、関西電力は、変電所に侵入したサルが、送電設備に触れたことが原因とみて、詳しく調べています。
関西電力によりますと、7日午前8時半ごろ、滋賀県の東近江市、近江八幡市、湖南市、甲賀市、日野町、竜王町の、あわせておよそ5万戸で停電が発生しました。

多くの地域では、1、2分で復旧しましたが、東近江市などでは、復旧までに15分近くかかりました。
警察によりますと、東近江市では、一部の交差点で、信号機が消えた状態となり、警察官が出て交通整理にあたりました。
関西電力では、復旧後、日野町の変電所に担当者を派遣したところ、変電所の中で、けがをしたサルを見つけました。
サルは、担当者の姿を見て逃げたということです。

変電所の中にある送電設備には、サルのものとみられる毛がついていたということで、関西電力は、サルが高さ3メートルの柵を乗り越えて変電所に侵入し、送電設備に触れたことが、停電の原因とみて、詳しく調べています。

2016年09月23日

◆幻の国産四輪駆動車「くろがね四起」

〜“ほぼスクラップ”から「新車」に復活〜

(2016.9.23 13:12更新   産經新聞)

 昭和初期に日本が初めて開発した小型四輪駆動車「くろがね四起(よんき)」が約2年間にわたる修復作業を経て“新車”によみがえった。さびと破損でスクラップ寸前の状態から歴史的な名車を復活させた「NPO法人・防衛技術博物館を創る会」では、70年前のオリジナルエンジンの音を響かせて走る姿を披露しようと、25日に御殿場市内のホテル駐車場で一般公開イベントを行う。入場無料。

日本の技術遺産
 くろがね四起は東京都にあった自動車メーカー「日本内燃機」の創業者の蒔田鉄司氏が昭和9(1934)年に開発、第二次大戦終結までの約10年間に約4500台が生産され、陸海軍で使用された。小型車の量産化はくろがね四起が世界初で、有名な米国の「ジープ」(バンタムBRC)より約6年も早かった。

 くろがね四起の現存車は、国内ではトラック型の後期型1台だけとされてきたが、平成26年に京都市の自動車修理会社「日工自動車」に現存車があることが判明、同会が引き取った。各部が破損しサビだらけという状態で修復(レストア)には多額の資金が必要とみられたため、同会ではネットを通じて不特定多数の人に小口で募金を募る「クラウドファンディング」で支援を呼びかけたところ、カーマニアや軍用車両に興味のあるネットユーザーの共感を得て、わずか3カ月で1300万円以上の寄付が集まった。

約60年ぶりに地を駆ける
 実際の修復では、破損部分をオリジナルの状態にするための調査や研究も重視された。修復担当者がロシアのモスクワに赴き、同地の現存車の所有者と情報交換するなど、正確な考証のもとに復元されている。
 修復車は昭和30年ごろに故障してから長く眠りについていたとみられており、今月に入って約60年ぶりにエンジンに火が入れられ、試走も無事にこなした。

 25日の一般公開イベントは、静岡県御殿場市の「御殿場高原ホテル時の栖」内の特設会場で午前9時から午後2時半まで実施する予定。くろがね四起のほかアメリカのジープやドイツの同様の軍用車両も展示し、各国の開発思想や技術の違いを見ることができる。
 

2016年09月20日

◆和歌山県田辺市付近に再上陸

(09月20日 14時08分 NHK関西ニュース)

強い台風16号は、20日午後1時半ごろ和歌山県田辺市付近に再上陸しました。

近畿地方では、局地的に猛烈な雨が降っていて、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水などに厳重な警戒が必要です。

気象庁の発表によりますと、強い台風16号は、20日午後1時半ごろ和歌山県田辺市付近に再上陸し、午後2時には45キロの速さで東北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹き、近畿南部や、中部の一部が暴風域に入っています。

各地で急激に雨や風が強まっていて▽兵庫県淡路島の洲本市では午後0時半までの1時間に91ミリの猛烈な雨を観測しました。

また、南紀白浜空港では、午後1時ごろに37メートルの最大瞬間風速を観測しました。

これまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高くなっているため、兵庫県、大阪府、奈良県、京都府、和歌山県では、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があるほか、京都府では増水してはん濫の危険性が高くなっている川があります。

近畿地方では20日夕方にかけて局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降る見込みで南部と中部では1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。

21日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽近畿南部で250ミリ、▽中部で200ミリ、▽北部で180ミリと予想されています。

20日夜にかけて、近畿中部や南部の海上を中心に風の強い状態が続き、▽最大風速は陸上で25メートル海上で30メートル▽最大瞬間風速は35メートルから45メートルと予想され▽波の高さも6メートルを超える大しけとなる見込みです。

気象台は、土砂災害や川の氾濫のほか、低い土地の浸水に厳重に警戒し、暴風、高波に警戒するとともに、高潮や竜巻などの突風、それに落雷に十分注意するよう呼びかけています。

2015年11月24日

◆スーパー売り上げ 7か月連続増に

◆スーパー売り上げ 7か月連続増に
(11月24日 16時09分  NHKニュース)

全国の主なスーパーの10月の売り上げは、天候不順などの影響で食料品の価格が高止まりしていることなどから、去年の同じ月より2.8%増えて、7か月連続で前年を上回りました。

「日本チェーンストア協会」のまとめによりますと、全国の主なスーパー9306店の先月の売り上げは1兆712億円余りでした。

このうち、1年前にもあった店どうしの売り上げを比べますと、去年の同じ月より2.8%増えて、7か月連続で前年を上回りました。

スーパーの売り上げが7か月連続でプラスになるのは、平成4年以来23年ぶりです。これは、夏場の天候不順や円安によって野菜や肉の価格が高止まりしている影響で、売り上げ全体の3分の2近くを占める「食料品」の売り上げが3.5%増えたほか、先月の上旬は平年に比べて各地で気温が下がり、秋冬物のカーディガンや肌着などの販売が好調で、「衣料品」の売り上げが4.5%増えたことなどが主な要因です。

日本チェーンストア協会は、「スーパーの売り上げは増加しているが、食料品などの価格が上がっていることに抵抗感を持つ消費者が多く、売り場では消費回復の手応えが感じられないという声も多い。実質賃金の改善などで消費の心理面が回復していくことを期待している」と話しています。

2014年10月16日

◆富士山では初冠雪

(10月16日 11時57分  NHKニュース)

上空に寒気が流れ込んだ影響で、16日の朝は各地で気温が下がり、富士山では初冠雪を観測しました。

気象庁によりますと、16日朝は上空に寒気が流れ込み、内陸では晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象も起きて、各地で気温が下がりました。

富士山では山頂付近を中心に山肌に白く雪が積もり、気象庁は、16日朝に富士山の初冠雪を観測したと発表しました。

富士山の初冠雪は去年より3日早く、平年より16日遅いということです。

また、北海道旭川市では氷点下0度9分まで下がり、初氷を観測しました。

このほか16日朝の最低気温は、▽青森市で4度8分、▽大分市で9度6分、▽名古屋市で12度6分、▽大阪市で13度3分、▽東京の都心で13度5分と、各地で平年を2度から5度ほど下回り、この秋最も気温が下がりました。

気象庁によりますと、東日本や西日本は日中は高気圧に覆われておおむね晴れて気温が上がり、各地で20度前後まで気温が上がる見込みです。

一方、夕方から17日の明け方にかけては、日本海の上空を寒気を伴った気圧の谷が通過する影響で、北陸など日本海側では大気の状態が不安定になる見込みで、気象庁は落雷や突風などに注意するよう呼びかけています。

2014年09月09日

◆錦織 敗れて準優勝

〜全米オープンテニス〜

(9月9日 9時36分  NHKニュース)

テニスの全米オープンは8日、男子シングルスの決勝が行われ、錦織圭選手はクロアチアのマリン・チリッチ選手に敗れ、準優勝となりました。

四大大会のシングルスで日本選手として初めての優勝はなりませんでした。

錦織選手は、準決勝で世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手を破り、四大大会のシングルスで日本選手として初めて決勝に進みました。

今大会、第10シードで、大会中に世界ランキングを8位に上げた錦織選手は決勝で、第14シードで、世界ランキング12位となったチリッチ選手と対戦しました。

錦織選手は、チリッチ選手の時速200キロを超える速いサーブに苦しみ、打ち合いでも力強いショットに押される場面が続き、第1セットを3ー6、第2セットを3ー6と続けて落としました。

錦織選手は粘り強いプレーを見せましたが、チリッチ選手の勢いを止めることはできず、第3セットも3ー6で落とし、セットカウント0対3のストレートで敗れました。

錦織選手は、四大大会のシングルスで日本選手として初めての優勝はなりませんでしたが、日本選手のシングルスで初となる四大大会準優勝を果たしました。
.

「また来年、この舞台に」

錦織圭選手は表彰式のインタビューで、「きょうはチリッチ選手がすばらしく、自分のプレーができなかった。彼の初めての優勝をたたえたい」と話しました。

そして、「決勝に来られたことはうれしいが、この負けはとてもつらい。負けてしまって申し訳ないが、この2週間自分を支えてくれたコーチをはじめ、チームに感謝したい。次の機会には必ず勝ちたいし、また来年、この舞台に帰ってきたい」と最後はすがすがしい表情で話していました。


ここ数年はめざましい活躍

錦織圭選手は島根県松江市出身の24歳。

5歳でテニスを始め、13歳でアメリカに留学し名門のテニスアカデミーで指導を受けました。
2007年、17歳の時にプロに転向し、翌年、アメリカで開かれたツアー大会で初優勝しました。

ここ数年の活躍は特にめざましく、2011年、スイスで開かれたツアー大会で、今回の準決勝で破ったセルビアの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ選手に初めて勝ったほか、2012年には、全豪オープンで初めてベスト8に進み、日本の男子として四大大会では松岡修造さん以来、17年ぶりとなる快挙でした。

今シーズンは、3月に元世界ランキング1位のロジャー・フェデラー選手に勝ち、5月には四大大会とツアーファイナルに次ぐグレードの大会で初めて準優勝するなど、さらなる成長を遂げていました。

世界ランキングは、2011年10月に日本の男子の過去最高となる30位をマークし、その後は徐々に順位を上げて、ことし5月に9位となり、現在のランキング制度で日本の男子として初めて世界のトップ10入りを果たしました。


飛躍の理由は心技体の成長

錦織選手の全米オープンでの飛躍の理由は、ことしに入ってからの「心技体」の大きな成長にあります。

まず技術面です。

錦織選手は、フォアハンドの鋭いショットと俊敏なフットワークを生かした攻撃的なテニスで世界の舞台で活躍し、昨シーズン世界ランキング11位まで上がりました。

そして今シーズン、ランキングのトップ10入りというさらに上の目標を成し遂げるため、現役時代、全仏オープンで優勝したマイケル・チャン氏を新しいコーチに迎えました。

錦織選手は、チャンコーチの厳しく徹底した反復練習によって細かいポイントまで修正し、ショット全体の精度と、得意ではなかったサーブが向上しました。

今大会、フォアハンドだけでなくバックハンドでも正確な鋭いショットが決まり、打ち合いでは粘り強さを発揮しました。

また、サーブはスピードだけでなくコースも工夫することで、要所でサービスエースを決めるなど進化した技術が発揮されました。

こうした技術の向上で、ことし5月に四大大会とツアーファイナルに次ぐグレードの大会で初めて決勝に進むなどの結果に結びついたことが、精神面での自信を生み出しました。

特に、自分よりランキング上位の選手との対戦では、チャンコーチから「絶対に勝ちに行くこと」と繰り返しアドバイスされ、より強い気持ちで臨めるようになったといいます。

今大会も「勝てない選手は、もういない」と語り、たくましさを感じさせました。

さらに体力面では、これまでけがが多く、大会の途中で棄権することもありましたが、ことしから大会の期間中も、体力トレーニングを行うことで強化を図り、今大会は2試合続けて4時間を超える熱戦を制して今までになかったタフさを印象づけました。

2014年08月19日

◆鳥取・境港市長 北朝鮮訪問へ

(2014年08月19日 11時33分  読売新聞)

鳥取県境港市の中村勝治市長が、21日に北朝鮮北東部の羅先ラソン市を訪れることがわかった。

同市の羅津ラジン港を利用する中国吉林省などが、日本との貿易ルート開設のため同市に視察を要請した。外務省によると、政府が7月に北朝鮮への渡航自粛要請を解除して以降、自治体の首長が北朝鮮を訪問するのは初めてとみられる。

 境港市によると、中村市長は20日、吉林省で開かれる日中韓9都市による環日本海拠点都市会議に出席。21日は、北朝鮮と国境を接する吉林省琿春市の案内で、羅津港を日帰りで視察する。港湾施設などの説明を受ける予定という。

 境港は、2006年に日本が北朝鮮に制裁措置を科すまで、北朝鮮と水産物や中古車の貿易が行われていた。羅津港は貿易港として、中国国内やロシアへ輸送ルートがある。

2014年08月18日

◆食器洗い乾燥機で火災53件

〜08年度以降、点検呼び掛け〜

食器洗い乾燥機の発煙・発熱事故が2008〜13年度に91件あり、うち火災が53件起きていたことが17日、独立行政法人製品評価技術基盤機構(東京)への取材で分かった。部品の経年劣化などが原因だが、リコール対象製品でも火災が起きており、同機構は「長期間使っている機器は点検を徹底してほしい」と注意を呼び掛けている。

 同機構は、家電メーカーなどから自社製品で事故が起きた場合、報告を受けている。08〜13年度の食洗機に関する報告は計91件あり、うち火災が53件だったほか、発煙、異臭、異常発熱による食洗機や食器の変形などがあった。

<2014/08/18 02:00 【共同通信】>

2014年08月17日

◆札幌市議:アイヌはもういない


〜ネットで自説〜

(毎日新聞 2014年08月17日 07時30分)

札幌市議会の最大会派「自民党・市民会議」に所属する金子快之(やすゆき)市議(43)=同市東区選出=がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」に今月11日、「アイヌ民族なんて、いまはもういない」などと書き込んでいたことが分かった。

アイヌ民族でつくる団体からは「不見識だ」と批判の声が上がっている。

◇協会「あまりに不勉強」

 金子市議はツイッターに「せいぜいアイヌ系日本人が良いところ」「利権を行使しまくっているこの不合理。納税者に説明できません」などとも投稿。今年3月には「同じ日本人に無理やり色を付けて、不透明な特権を与えることが一番の問題ではないか」とも書き込んでいた。

 アイヌ民族をめぐっては、2007年の国連による「先住民族の権利宣言」を受け、国会が08年6月にアイヌを先住民族とする決議を全会一致で採択した。決議では「日本が近代化する過程でアイヌの人々が差別され、貧窮を余儀なくされた」として、アイヌの人々を先住民族と認め、総合的な施策を取るよう政府に求めた。

 今年6月には、政府がアイヌ文化の復興を促進するため北海道白老町に整備する「民族共生の象徴となる空間」の運営の基本方針を閣議決定。札幌市には、アイヌ民族を対象に低金利で住宅新築資金を貸し付ける制度がある。

 金子市議は毎日新聞の取材に「同じ日本人を区別し出自によって公的補助をするやり方は間違っていると批判したかった。誤解を与えるような表現があったかもしれない」と説明した。

 北海道アイヌ協会の阿部一司副理事長は「いつアイヌがいなくなったのか教えてほしい。国も先住民族と認め、復権に向けて歩んでいるなかで、議員としてあまりにも不勉強で歴史を踏みにじる発言だ。国際的にも恥ずかしい」と反発している。

 金子市議は道内のテレビ局勤務などを経て、11年にみんなの党公認で初当選し、現在1期目。13年11月に無所属となり、今年5月から「自民党・市民会議」に所属している。【山下智恵】

2014年08月16日

◆京都で猛烈な雨 厳重警戒を

 近畿地方は、大気の状態が非常に不安定になり京都府で、局地的に1時間に100ミリ近くの猛烈な雨が降っています。近畿中部を中心に激しい雨が続くおそれがあり、気象台は、土砂災害などに厳重に警戒するよう呼びかけています。

大阪管区気象台によりますと、西日本付近に停滞する前線に暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、近畿地方は、大気の状態が非常に不安定になり中部を中心に局地的に強い雨雲が発達しています。

国土交通省が京都市左京区花脊原地町に設置している雨量計では、16日午後6時までの1時間に、98ミリの猛烈な雨を観測しました。京都市では16日午後1時 前までの1時間にも87・5ミリの猛烈な雨を観測するなど、近畿中部各地で降り始めからの雨量が150ミリを超え、平年の8月1か月の雨量に相当する大雨です。

これまでの雨で、京都府と大阪府、兵庫県、それに滋賀県では、土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があります。このあとも大気の非常に不安定な状態が続き今夜遅くにかけて、近畿中部で1時間に60ミリの非常に激しい雨が、北部では1時間に40ミリの激しい雨が降るおそれがあります。

さらに、中部では、17日明け方にかけて激しい雨が続くおそれがあり、17日の夕方までに降る雨の量は、中部と北部の多いところで130ミリと予想されています。

15日からの大雨で地盤が緩んでいるところがあります。

気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

(08月16日 19時13分  NHK関西ニュース)