2021年11月26日

◆“皇位継承”有識者会議 約4か月ぶりに来週にも開催で調整


2021年11月26日 5時39分   NHKニュース

安定的な皇位継承の在り方を議論する政府の有識者会議は、来週にも、およそ4か月ぶりに開催される方向で調整が進められています。現在の皇位継承順位を前提として、皇族数の確保を図るための方策について議論を重ね、検討結果を国会に報告する予定です。

安定的な皇位継承の確保や皇族数の減少などの課題をめぐり、政府は、ことし3月に有識者会議を設置し、10回の開催を経て、7月に「今後の整理の方向性」をまとめました。

この中では、現在の皇位継承順位を前提として、当面は、皇族数の確保を図ることが喫緊の課題だとして、女性皇族が結婚後も皇室に残る案と、旧皇族の男系男子を養子に迎える案を中心に検討することなどが盛り込まれました。

その後、衆議院の解散などもあり、有識者会議は開かれていませんでしたが、来週30日にも、岸田政権の発足後初めて開催される方向で調整が進められています。

会議では「今後の整理の方向性」のメリットとデメリットなどを事務局が調査・研究した内容をもとに議論を重ね、検討結果を国会に報告する予定です。
at 06:10 | Comment(0) | 皇室

2021年10月26日

◆眞子さん 小室圭さんと結婚 午後に2人で会見へ


2021年10月26日 11時16分   NHKニュース

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さんは、26日午前、小室圭さんと結婚し、皇室を離れました。
午後には、小室さんと2人で記者会見に臨みます。

眞子さんと小室圭さんの婚姻届は、26日午前10時ごろ、代理人となる宮内庁の職員を通じて役所に提出され、受理されました。

眞子さんは、結婚によって皇室を離れ、「小室眞子さん」になりました。

宮内庁は27日午後、眞子さんが皇室を離れたことを皇室の戸籍にあたる「皇統譜」に登録します。

婚約の内定から4年余りを経て実現する眞子さんと小室さんの結婚は、女性皇族の結婚に伴う儀式や結婚式は行われず、皇室を離れる際の一時金も支給されない異例の形となりました。

このあと午後には、東京都内のホテルで、眞子さんが小室さんと2人で記者会見に臨むことになっています。
これに先だって、眞子さんは、午前10時すぎ、赤坂御用地の秋篠宮邸を出発し、ご家族や職員らの見送りを受けました。

ブーケを手にした眞子さんは、秋篠宮ご夫妻や佳子さまと挨拶を交わし、佳子さまとは抱き合っていました。

一方小室さんは、午前8時半すぎに横浜市内の自宅をスーツ姿で出発し、集まった報道陣に一礼して車に乗り込みました。

26日の会見には、宮内庁の記者クラブに常駐する記者のほか、雑誌や海外メディアの記者らおよそ50人が出席する予定です。

眞子さんは、小室さんとともに心境や今後の生活などについて話すものとみられます。

宮内庁は、この会見について、眞子さんが強い不安を感じているとして冒頭2人が伝えたい事柄について発言し、記者から事前に寄せられた質問には文書で回答する形になるとしています。
眞子さん 午前10時10分ごろ 都内ホテルに到着
眞子さんと小室さんは、午前10時10分ごろ、記者会見の会場となる東京都内のホテルにそれぞれ別の車で到着しました。

車は正面玄関ではなく、地下の駐車場に入っていきました。
at 11:46 | Comment(0) | 皇室

◆眞子さま小室さん きょう結婚 婚姻届を提出後 2人で記者会見へ


2021年10月26日 5時16分   NHKニュース

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは、26日午前、小室圭さんと結婚し、皇室を離れられます。そして午後には、小室さんと2人で記者会見に臨まれます。

眞子さまは、26日午前、代理人となる宮内庁の職員を通じて、小室さんとの婚姻届を自治体に提出されます。

婚姻届が受理されると、眞子さまは、「小室眞子さん」となり、皇室を離れられます。

婚約の内定から4年余りを経て実現する眞子さまと小室さんの結婚は、女性皇族の結婚に伴う儀式や結婚式は行われず、皇室を離れる際の一時金も支給されない異例の形となりました。

26日は、午後、東京都内のホテルで、眞子さまが小室さんと2人で記者会見に臨まれます。

宮内庁の記者クラブに常駐する記者のほか、雑誌や海外メディアの記者らおよそ50人が出席する予定です。

宮内庁は、この会見について、冒頭で2人が伝えたい事柄について発言し、記者から事前に寄せられた質問には文書で回答する形になると発表しています。

文書回答とする理由については、質問の中に、誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねないものが含まれていることに眞子さまが強い衝撃を受け、強い不安を感じたため、医師とも相談して決められたとしています。
at 05:47 | Comment(0) | 皇室

2021年10月23日

◆眞子さま 30歳の誕生日 皇族としての最後の誕生日に


2021年10月23日 5時07分   NHKニュース

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは23日、30歳の誕生日を迎えられました。
3日後の結婚を前に、皇族としての最後の誕生日です。

眞子さまはこの1年、新型コロナウイルスや、東日本大震災の後の子どもたちの心のケアなどについて、専門家からオンラインで説明を受けるなど、さまざまな活動に臨まれました。

去年11月には、秋篠宮さまの「立皇嗣の礼(りっこうしのれい)」の儀式に参列したほか、この秋も、名誉総裁を務めた陶磁器の国際フェスティバルの開会式にビデオメッセージでおことばを寄せられました。

眞子さまは小室圭さんと結婚して皇室を離れますが、宮内庁によりますと、皇族として、これまでに国体=国民体育大会や、全国高校総合文化祭などの行事で全国各地を訪れたほか、海外の7つの国を親善訪問するなど、数多くの公的な活動に取り組まれてきました。

それぞれの関係者や現地で迎えてくれた人たちに、心から感謝されているということです。

眞子さまは現在、静かに結婚の準備を進めているということで、23日の誕生日の祝賀行事もコロナ禍の状況を踏まえ、去年同様、行われないということです。

眞子さまは今月26日の午前、小室さんとの婚姻届けを提出し、同じ日の午後、2人で記者会見に臨まれることになっています。
妹の佳子さまと散策されている映像 宮内庁が公開
眞子さまの誕生日にあたって宮内庁は、眞子さまがお住まいのある赤坂御用地を妹の佳子さまとともに散策されている映像を公開しました。

映像では、眞子さまが佳子さまとともに池のほとりをゆっくりと歩き、近くを飛んでいるトンボや周囲の景色をご覧になっています。

また、池に架かる橋の上では、時折強い風が吹く中、眞子さまは、にこやかな表情で佳子さまと歓談されています。

宮内庁は22日、ことし7月に赤坂御用地で撮影された秋篠宮ご一家がにこやかな表情で一緒に写っている写真も公開しています。
at 05:44 | Comment(0) | 皇室

2021年10月02日

◆眞子さまと小室圭さん今月26日結婚 婚姻届の提出後に記者会見


2021年10月2日 5時05分   NHKニュース

宮内庁は1日、秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが、小室圭さんと今月26日に結婚し、同じ日に2人で記者会見される予定だと発表しました。

宮内庁では、1日午後、秋篠宮ご一家の側近のトップが会見し、眞子さまが今月26日に婚姻届を提出し、小室さんと結婚されると発表しました。

この日は大安で、眞子さまは、婚姻届の提出後、小室さんとともに記者会見に臨まれる予定だということです。

先月27日にアメリカから帰国した小室さんは、新型コロナウイルスの待機期間を横浜市の自宅で過ごしていて、今月11日までの待機期間が明けると、およそ3年ぶりに眞子さまと再会し、結婚に向けた準備を進めることになります。

宮内庁は、眞子さまと小室さんの結婚にあたって、女性皇族の結婚に伴う儀式をすべて行わないことや、皇室を離れる際に支給される「一時金」の受け取りを、眞子さまが辞退されることなども明らかにしました。女性皇族の結婚で、儀式が行われないことも一時金が支給されないことも戦後初めてのケースとなり、眞子さまと小室さんの結婚は異例の形となります。

一方、眞子さまは、ご自身やご家族、それに小室さんとその家族への誹謗中傷と感じられる出来事が続いたことで、「複雑性PTSD」(=複雑性心的外傷後ストレス障害)と診断される状態になられているということです。

1日の宮内庁の会見には、医師らも同席し、「結婚について周囲が温かく見守ることで回復が進むものと考えられる」などと述べました。

宮内庁によりますと、天皇皇后両陛下は、眞子さまの今後について、幸せな人生を歩んでいくことを願われているということで、眞子さまは、結婚に当たり、両陛下や上皇ご夫妻を訪ねてお別れのあいさつをされる予定だということです。
at 06:46 | Comment(0) | 皇室

2021年09月06日

◆悠仁さま 15歳の誕生日を迎えられる


2021年9月6日 5時09分   NHKニュース

秋篠宮ご夫妻の長男の悠仁さまは6日、15歳の誕生日を迎えられました。

宮内庁によりますと、この春、お茶の水女子大学附属中学校の3年生になった悠仁さまはこの1年、健やかに過ごされました。

去年9月には、学校の生徒祭で「『コロナ禍を生きる』大人たちへのインタビュー」や、それに伴う調査結果を同級生とともに展示・発表されました。

悠仁さまはさまざまな業種の人たちの苦労や努力を知るとともに、自分たちにできることは何かについて、考えを深められた様子だったということです。

また、小笠原諸島への旅の思い出などをつづった作品が、小中学生を対象にした文学賞の佳作に選ばれ、ことし3月、オンラインで行われた表彰式に出席されました。

悠仁さまはことしの夏休みには、東日本大震災から10年、熊本地震から5年となるのにあたって民間団体が主催したオンラインでのイベントを家族で視聴し、災害時に子どもができることは何かなどの話を聴きながら、これからの防災について学ばれたということです。

中学校は今月1日から2学期が始まっていて、悠仁さまは元気に通学されています。
at 05:52 | Comment(0) | 皇室

2021年09月01日

◆眞子さま 小室圭さんと年内にも結婚の方向で調整


2021年9月1日 5時44分   NHKニュース

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが、婚約が内定している小室圭さんと年内にも結婚される方向で調整が進められていることがわかりました。婚約や結婚に伴う儀式は行われない見通しです。

関係者によりますと、眞子さまと小室さんは、小室さんがアメリカ・ニューヨーク州の法律事務所への就職の見通しが立ったことから、年内にも婚姻届を提出して結婚される方向で調整が進められているということです。

眞子さまは、結婚によって皇室を離れたあと、アメリカに渡って小室さんと新たな生活を始められる見通しです。

一方、一般の結納にあたる「納采の儀」や、天皇皇后両陛下にお別れのあいさつをする「朝見の儀」など、女性皇族の婚約や結婚に伴う皇居・宮殿での儀式は、すべて行われない見通しだということです。

また、皇室を離れる際に支給される一時金についても、眞子さまは、受け取らないという意向を示されているということです。
眞子さまの結婚について、秋篠宮さまは、去年11月の記者会見で「憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています」と述べられていました。

小室圭さん 司法試験の結果は12月中旬までに発表
小室さんは、ことし5月、アメリカ・ニューヨーク州のフォーダム大学が設置するロースクールを卒業し、7月にはニューヨーク州の司法試験を受験しました。

試験の結果は、ことしの12月中旬までに発表される予定で、小室さんは、今もニューヨークに滞在しています。
これまでの経緯は
眞子さまと、小室さんの婚約は、4年前の平成29年9月に内定しました。

しかし、その年の暮れ以降、週刊誌などが「小室さんの母親と元婚約者の男性の間に金銭トラブルがある」と相次いで報じ、一般の結納にあたる「納采の儀」など結婚に向けた行事が延期されました。

去年11月には眞子さまが、小室さんとの結婚について、延期されて以降、初めてお気持ちを文書であらわし、「私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」とつづられました。

そして、この同じ月、秋篠宮さまは、誕生日の記者会見で「結婚することを認める」と述べた上で、週刊誌などの報道を念頭に「実際に結婚するという段階になったら、今までの経緯も含めてきちんと話すということは、大事なことだと思っています」と述べられました。

一方、小室さんは、ことし4月、金銭トラブルについて詳しく説明する文書を公表し、「元婚約者の男性に解決金を渡す形で解決する意向がある」と明らかにしていました。
at 06:03 | Comment(0) | 皇室

2021年08月20日

秋の園遊会 開催せず 新型コロナ感染拡大の状況踏まえ

秋の園遊会 開催せず 新型コロナ感染拡大の状況踏まえ
2021年8月20日 17時22分

ことしの秋の園遊会は、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、春に続いて開催されないことになりました。

園遊会は、天皇皇后両陛下の主催で春と秋の2回、東京の赤坂御苑で開かれていますが、新型コロナウイルスの影響で去年の春以降、開催が取りやめられています。

そして20日に、ことしの秋の園遊会についても感染が急拡大している状況を踏まえ、開催されないことが発表されました。

園遊会は、おととしも皇位継承に伴う儀式が続いたため開催が見送られていて、これで6回続けて開催されないことになります。
at 17:26 | Comment(0) | 皇室

2021年05月30日

◆延期の植樹祭きょう開催 天皇陛下は初めてリモートで式典に


2021年5月30日 6時08分   NHKニュース

新型コロナウイルスの影響で1年延期された全国植樹祭が30日、島根県大田市で開かれます。天皇陛下は初めてリモートで式典に臨まれることになります。

全国植樹祭は30日午後、島根県大田市の「三瓶山北の原」で開かれ、天皇陛下はお住まいのある東京 港区の赤坂御用地からリモートで式典に臨まれます。

皇后さまも体調に支障がなければ参加されるということです。

現地の会場とは中継映像で結ばれ、式典の様子は大型モニターに映し出されることになっていて、天皇陛下がおことばを述べられます。

そして、スギやコウヤマキの苗木を植えられ、後日、島根県に届けられるということです。

天皇陛下は植樹祭のほか国民体育大会などの行事に毎年、出席されることになっていますが、去年は新型コロナウイルスの影響で恒例行事に伴う地方訪問はすべて見送られました。

今回、1年延期されて開催される植樹祭では、感染の状況を踏まえて初めてリモートで式典に臨まれることになります。
at 08:42 | Comment(0) | 皇室

2021年01月01日

◆【全文掲載】天皇陛下 新年ビデオメッセージ


2021年1月1日 5時31分   NHKニュース

(天皇陛下)
皆さん新年おめでとうございます。

(皇后さま)
おめでとうございます。

(天皇陛下)
今年の正月は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、残念ながら一般参賀の場で皆さんに直接お話をすることができなくなりました。そこで、今回は、ビデオで新年の御挨拶をしようと思います。

振り返りますと、昨年7月に、豪雨により多くの尊い命が失われたことは痛ましいことでした。御家族を亡くされた方々や、住む家を無くし、仮設住宅などで御苦労の多い生活をされている方々の身を案じています。

この1年、私たちは、新型コロナウイルスという、今の時代を生きる私たちのほとんどが経験したことのない規模での未知のウイルスの感染拡大による様々な困難と試練に直面してきました。世界各国で、そして日本でも多くの方が亡くなり、大切な方を失われた御家族の皆さんのお悲しみもいかばかりかと思います。

そのような中で、医師・看護師を始めとした医療に携わる皆さんが、大勢の患者さんの命を救うために、日夜献身的に医療活動に力を尽くしてこられていることに深い敬意と感謝の意を表します。同時に、感染の拡大に伴い、医療の現場がひっ迫し、医療従事者の皆さんの負担が一層厳しさを増している昨今の状況が案じられます。

また、感染拡大の防止のために尽力されている感染症対策の専門家や保健業務に携わる皆さん、様々な面で協力をされている多くの施設や、国民の皆さんの努力や御苦労も大変大きいものと思います。

この感染症により、私たちの日常は大きく変わりました。特に、感染拡大の影響を受けて、仕事や住まいを失うなど困窮し、あるいは、孤独に陥るなど、様々な理由により困難な状況に置かれている人々の身の上を案じています。感染症の感染拡大防止と社会経済活動の両立の難しさを感じます。また、感染された方や医療に従事される方、更にはその御家族に対する差別や偏見といった問題などが起きていることも案じられます。その一方で、困難に直面している人々に寄り添い、支えようと活動されている方々の御努力、献身に勇気付けられる思いがいたします。

私たち人類は、これまで幾度も恐ろしい疫病や大きな自然災害に見舞われてきました。しかし、その度に、団結力と忍耐をもって、それらの試練を乗り越えてきたものと思います。今、この難局にあって、人々が将来への確固たる希望を胸に、安心して暮らせる日が必ずや遠くない将来に来ることを信じ、皆が互いに思いやりを持って助け合い、支え合いながら、進んで行くことを心から願っています。

即位以来、私たちは、皆さんと広く接することを願ってきました。新型コロナウイルス感染症が収まり、再び皆さんと直接お会いできる日を心待ちにしています。

そして、今年が、皆さんにとって、希望を持って歩んでいくことのできる年になることを心から願います。ここに、我が国と世界の人々の安寧と幸せ、そして平和を祈ります。

(皇后さま)
この1年、多くの方が本当に大変な思いをされてきたことと思います。今年が、皆様にとって少しでも穏やかな年となるよう心からお祈りいたします。

また、この冬は、早くから各地で厳しい寒さや大雪に見舞われています。どうぞ皆様くれぐれもお体を大切にお過ごしいただきますように。
at 08:10 | Comment(0) | 皇室