2018年11月13日

◆大谷翔平が大リーグ新人王受賞 日本人で4人目

2018年11月13日 8時53分  NHKニュース

大リーグ1年目のシーズンに投打の二刀流で活躍したエンジェルスの大谷翔平選手が12日、アメリカンリーグの新人王に選ばれました。日本選手が大リーグの新人王を受賞したのは2001年のイチロー選手以来、4人目です。

大リーグのアメリカンリーグとナショナルリーグの新人王は、全米野球記者協会の会員となっている記者30人ずつの投票で決まります。

このうちアメリカンリーグでは、投打の二刀流でプレーして、ピッチャーで4勝、バッターでホームラン22本をマークした24歳の大谷選手のほか、▽ヤンキースのサードを守り、ホームラン27本、打率2割9分7厘を残した23歳のミゲル・アンドゥハー選手、▽同じくヤンキースのセカンドで、ホームラン24本を打った21歳のグレイバー・トーレス選手が最終候補の3人になっていました。

そして、12日に今シーズンの受賞者が発表され、大谷選手がアメリカンリーグの新人王に選ばれました。

日本選手が大リーグの新人王を受賞したのは1995年の野茂英雄投手、2000年の佐々木主浩投手、2001年のイチロー選手に続いて大谷選手が4人目です。

大リーグの新人王は1947年に全米規模での表彰が始まりましたが、ピッチャーとバッターの両方で本格的にプレーする選手が受賞するのは大谷選手が初めてです。

大谷選手は、100年前に投打で活躍したベーブ・ルース以来となる「二刀流」の選手として、鮮烈なデビューを果たすとともに今回の受賞によって大リーグに新たな歴史を刻みました。

一方、ナショナルリーグの新人王には、ブレーブスのレフトを守り打率2割9分3厘、ホームラン26本をマークした20歳のロナルド・アクーニャ選手が選ばれました。

◆「徴用工」判決「納得せず」69% NHK世論調査

2018年11月13日 7時23分  NHKニュース

韓国の最高裁判所が、太平洋戦争中の徴用をめぐる裁判で日本企業に賠償を命じる判決を言い渡したことについて、NHKの世論調査で聞いたところ、「納得できない」と答えた人が69%にのぼりました。

NHKは、今月9日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは2133人で、57%にあたる1215人から回答を得ました。

それによりますと、韓国の最高裁判所が、太平洋戦争中の徴用をめぐる裁判で、日本企業に賠償を命じる判決を言い渡したことについて、
▽「納得できる」が2%、
▽「納得できない」が69%、
▽「どちらともいえない」が19%でした。

また、この判決をめぐって日本政府が、韓国政府による適切な措置がとられなければ国際司法裁判所への提訴も検討していることについて、
▽「提訴すべき」が56%、
▽「提訴する必要はない」が5%、
▽「どちらともいえない」が25%でした。

このほか、社会保障制度の全世代型への改革に向けて、安倍総理大臣が、希望する人が70歳まで働き続けられるよう継続雇用の年齢を引き上げる考えを示していることについて、
▽「賛成」が50%、
▽「反対」が15%、
▽「どちらともいえない」が27%でした。

◆大谷翔平が大リーグ新人王受賞 日本人で4人目

2018年11月13日 8時53分  NHKニュース

大リーグ1年目のシーズンに投打の二刀流で活躍したエンジェルスの大谷翔平選手が12日、アメリカンリーグの新人王に選ばれました。

日本選手が大リーグの新人王に選ばれたのは、1995年の野茂英雄投手、2000年の佐々木主浩投手、そして、2001年のイチロー選手以来で、大谷選手は4人目の受賞となりました。

2018年11月12日

◆ 錦織がフェデラーに勝ち白星スタート

テニス ツアーファイナル

2018年11月12日 6時59分  NHKニュース

ロンドンで始まったテニスの男子ツアーの年間成績上位8人による大会、ツアーファイナルで、錦織圭選手は1次リーグの初戦でスイスのロジャー・フェデラー選手にセットカウント2対0でストレート勝ちし、白星スタートとなりました。

ツアーファイナルは、4人ずつ2つのグループに分かれて総当たりで1次リーグを戦い、各グループの上位2人が準決勝に進みます。

世界ランキング9位の錦織選手は2年ぶり4回目の出場で、初日の11日、1次リーグの初戦で世界3位、スイスのロジャー・フェデラー選手と対戦しました。

錦織選手はフェデラー選手に6連敗中でしたが、第1セットをタイブレークの末、7−6、第2セットは6−3のセットカウント2対0でストレート勝ちし、ツアーファイナル白星スタートとなりました。

2018年11月11日

◆「現代の名工」に近畿から29人

11月11日 14時07分  NHK関西ニュース

伝統工芸から最先端の工業技術まで、ものづくりで特に優れた技能を持つ「現代の名工」に、近畿地方から、ことしは29人が選ばれました。

このうち、「現代の名工」に選ばれた京都市の美容師、大林登美子さん(90)は伝統的な日本髪を結う卓越した技術を持っています。
10代で美容師の道に入り、20歳からは祖母が明治21年に京都の祇園に開業して芸舞妓の髪結いを手がけていた美容室で修行を重ねました。
以来、70年以上にわたって旧姓の南登美子さんの名で美容師として活動しています。

伝統的な日本髪を結う卓越した技術を持っていて、古墳時代から現在まで、150種類以上の髪型を再現できるということです。
また、時代ごとの装束にも精通し、京都の「葵祭」や伊勢神宮の「式年遷宮」といった日本を代表する数々の祭りや儀式で、髪結いなどを手がけてきました。

大林さんは、「髪型は国の宝だと思います。研究を重ね、失敗で涙を流しながら魅力のある髪型を作ってきました。まだまだ結ってみたい髪型もあり、最後まで勉強を続けます」と話していました。

◆目の不自由な人たちの囲碁大会 大阪 

11月11日 14時07分  NHK関西ニュース

目の不自由な人たちが楽しめるよう、碁盤などを工夫した囲碁の大会が大阪で開かれました。

11日、東大阪市で開かれた目の不自由な人を対象にしたこの大会には、全国から約120人が参加しました。
対局では、自分が打った手を読み上げて相手に説明するルールで進められました。

また、碁石には白か黒かを指で触って判別できるよう、模様が刻まれているほか、碁盤にも磁石が埋め込まれていて置いた碁石が動かないよう工夫されています。

対局に臨んだ人たちは、相手の打った一手を耳で聞き、指先などで確認しながら、次の一手を考えていました。
また、遠く離れた場所からでも囲碁が楽しめるよう、ボランティアが電話で指示を受けて碁石を打つ対局も行われていました。

◆空手世界選手権 男子 喜友名 女子 宮原が金メダル

2018年11月11日 9時14分  NHKニュース

空手の世界選手権が10日、スペインで各個人種目の決勝が行われ、男子「形」では、喜友名諒選手が、3大会連続の金メダル、女子「組手」では、50キロ級で宮原美穂選手が、初めての金メダルを獲得しました。

空手の世界選手権は2年に1回開かれていて、ことしはスペインのマドリードで10日、各個人種目の決勝が行われました。

このうち男子「形」では日本の絶対的なエース、喜友名諒選手が、地元・スペインの選手と対戦しました。

喜友名選手は、持ち味の力強く正確な演武で圧倒し、3連覇を果たしました。

女子「形」では日本の清水希容選手が、地元・スペインの選手に敗れ、銀メダルとなり3連覇はなりませんでした。

女子「組手」の50キロ級では、宮原美穂選手が、世界ランキング1位のトルコの選手と対戦しました。

宮原選手は開始50秒過ぎに鮮やかな上段蹴りを決め、そのままリードを守り初優勝を果たしました。

女子「組手」の68キロを超えるクラスでは、世界ランキング1位の植草歩選手が世界ランキング11位のギリシャの選手に敗れ銀メダルとなり、2連覇はなりませんでした。

男子「組手」の60キロ級では初出場の佐合尚人選手が、イタリアの選手に敗れ、銀メダルを獲得しました。そして男子「組手」の75キロ級では、西村拳選手が3位決定戦でロシアの選手に勝って銅メダルを獲得しました。


東京オリンピックへ課題

今回の大会は、空手が追加競技となる2年後の東京オリンピック前の最後の世界選手権でした。

日本が個人種目で獲得したメダルは6個で2年前の大会と総数は、変わりませんでした。

しかし、金メダルは2個にとどまり前回を2つ下回って課題が残る結果となりました。

急速に実力をつけてきた海外勢が日本との差を確実に縮めてきていることが浮き彫りとなり、立て直しが求められます。

◆着水確認「こうのとり」日本初の回収カプセル

2018年11月11日 7時36分  NHKニュース

JAXA=宇宙航空研究開発機構は、国際宇宙ステーションから地球に物資を持ち帰る日本初の回収カプセルが大気圏に突入し着水したことを午前7時6分に確認したと発表しました。JAXAは船による回収を急いでいます。

国際宇宙ステーションから地球に物資を持ち帰る回収カプセルの技術は、現在、アメリカとロシアしかもっておらず、日本初の回収カプセルの成否が注目されています。

◆東寺で寺院の宝物など特別公開

11月11日 05時39分  NHK関西ニュース

世界遺産にも登録されている京都市の東寺では、日ごろは見ることができない寺の宝物を特別に公開しています。

京都各地の寺や神社では、紅葉の観光シーズンを迎えるなか、宝物などを特別に公開する催しが開かれています。
このうち弘法大師ゆかりの寺としても知られる京都市南区の東寺では国宝2点を含むおよそ60点が展示されています。

今回初めて公開されたのは、10巻の経典をまとめて巻いて保管するのに使われていた「経帙」で、奈良時代後期から平安時代前期にかけての保管の状況を知ることができる貴重な資料だということです。

また真言宗の高僧「不空」を描いた国宝「真言七祖像不空」は、弘法大師みずから中国から持ち帰ったものとされ、直筆の文字も書き込まれているということです。

東寺の新見康子文化財保護課長は、「東寺にあるたくさんの仏像と合わせて見てもらうことで、寺への理解も深まるのではないか」と話していました。

東寺の秋の特別公開は11月25日まで開かれています。

2018年11月10日

◆NHK杯フィギュア 宇野フリーへ

4回転ジャンプ確認

2018年11月10日 13時26分  NHKニュース

広島市で開かれているフィギュアスケートのNHK杯、男子シングル、前半のショートプログラムでトップに立った宇野昌磨選手が10日夜行われる後半のフリーに向けて調整し、4回転ジャンプの確認などを行いました。

40回目の節目を迎えることしのNHK杯は広島市で行われていて、大会2日目の10日は、男女シングルのフリーなどが行われます。

男子シングルのショートプログラムでトップに立った宇野選手は、10日午前中、本番のリンクでおよそ30分間、調整を行いました。

宇野選手はショートプログラムで転倒した4回転トーループは着氷しましたが、フリーの最初に予定している4回転サルコーで回転が抜ける場面が目立ち、踏み切りのタイミングなどを修正していました。

また、女子シングルでショートプログラム2位につけ、逆転優勝を目指す宮原知子選手は、フリーの曲をかけた練習で7つのジャンプすべてで着氷するなど安定した演技を見せていました。

3位の三原舞依選手は、ジャンプに重点的に取り組んでいました。

5位スタートとなる16歳の紀平梨花選手は、ショートプログラムで転倒したトリプルアクセルをフリーでは2回入れる予定で、踏み切りのタイミングなどを入念に確認していました。

女子シングルのフリーは10日午後4時40分から、男子シングルは午後7時半から行われます。