2018年05月14日

◆大阪市保育事故防止へ手引き作成

05月14日 05時42分 NHK関西ニュース

保育施設での子どもの事故を防ごうと、大阪市は、昼寝や食事など重大な事故が起きやすい状況ごとに注意点をまとめたマニュアルを作成し、市内のすべての施設に配布することになりました。

おととし4月、大阪・淀川区の認可外の保育施設では、昼寝をしていた1歳の男の子の体調が急変して死亡しました。この事故を受けて、大阪市は、保育施設での子どもの事故を防ぐためのマニュアルを作成しました。マニュアルは、昼寝や食事など、重大な事故が起きやすい状況ごとに注意点をまとめているのが特長です。

具体的には、▽昼寝の際には、子どもをうつぶせの状態で寝かせないことや呼吸の有無をこまめに確認すること、また、▽食事の際には、十分な時間をかけることなど、事故防止のためのチェックリストが設けられています。

大阪市は来月にかけて、認可外も含めた市内のすべての保育施設の責任者に対して研修を行い、マニュアルを配布するということです。
at 07:55 | Comment(0) | 政治

2018年05月12日

◆「子ども3人以上産んで」は大変な失言

野田女性活躍相が批判

5月12日 11時52分     NHKニュース

自民党の加藤寛治衆議院議員が「3人以上の子どもを産み育てていただきたい」などと発言し、その後、撤回したことについて野田女性活躍担当大臣は、大変な失言だったと批判しました。

自民党の加藤寛治衆議院議員は10日、人口減少問題に関連して「新郎新婦には必ず3人以上の子どもを産み育てていただきたい。結婚しなければ、ひとさまの子どもの税金で老人ホームに行くことになる」などと述べ、その後、誤解を与えたとして謝罪し発言を撤回しました。

これについて、野田女性活躍担当大臣は12日、仙台市内での講演で「大変な失言で、自民党は勉強しなおさなければいけない」と批判しました。

そのうえで野田大臣は、「私も命懸けで子どもを産んだが1つの命を成人させてからも心配がつきないのが母親だ。そこにある苦しみなどを受け止めることから始めなければならず、そいうことを言ったから子どもが産まれるということではない」と述べました。
at 15:26 | Comment(0) | 政治

2018年05月11日

◆麻生副総理「はめられた可能性は否定できない」

5月11日 12時10分  NHKニュース

財務省の福田前事務次官のセクハラ問題で、麻生副総理兼財務大臣は女性に「はめられて訴えられているのではないかという意見もある」などと先月、発言したことについて11日、改めて「そういう可能性は否定できない」と述べました。

テレビ朝日の女性社員へのセクハラを報じられて辞任した財務省の福田前事務次官を巡り、麻生副総理兼財務大臣は先月24日の記者会見で「はめられて訴えられているのではないかといったいろいろな意見もある」と述べました。

麻生副総理は、11日の衆議院の財務金融委員会で、「いまでもはめられたと思っているのか」と問われたのに対して、「福田前事務次官がこれから裁判でいろいろされていくでしょうからその段階ではっきりされるんだと思いますが、そういう可能性は否定できない」と述べました。

さらに発言を撤回するべきではないかという指摘に対して、麻生副総理は「はめられたというのは、ネットなんかを見てもよく出てくる話だと思うがそのことを申し上げた。発言のタイミングはいかがなものかという指摘を認めるのはやぶさかではない」と釈明しました。

また、先月、行われた記者との懇談で「担当を男性記者に替えればいいだけだ」と述べたと一部の週刊誌で報じられたことについて、「正直申し上げてあまり記憶がない」と述べました。
at 12:23 | Comment(0) | 政治

2018年05月10日

◆柳瀬氏 「愛媛県の文書は私の趣旨と違う」

柳瀬氏参考人招致

5月10日 15時12分加計学園問題  NHKニュース

加計学園の獣医学部新設をめぐり、参議院予算委員会で、柳瀬元総理大臣秘書官らを参考人招致して質疑が行われています。発言を随時更新していきます。

学園側から首相と理事長との関係について話ない(14:59)

柳瀬元総理大臣秘書官は、学園の関係者と総理大臣官邸で面会した際、学園側から、安倍総理大臣と加計理事長の関係についての話はなかったと説明しました。


「加計学園ありき」を否定(14:13)

柳瀬元総理大臣秘書官は、「加計学園ありきだったのではないか」と追及されたのに対し、「今治市はそうだったのかもしれないが、国家戦略特区は公正な手続きで決まった」と述べ、否定しました。


愛媛県の文書は私の趣旨と違う(13:30)
柳瀬元総理大臣秘書官は、3年前の4月に柳瀬氏と加計学園関係者との面会をめぐり愛媛県が作成した文書に書かれている内容と、柳瀬氏の認識に違いが生じていることについて問われたのに対し、「愛媛県の文書を拝見したが、私の理解している趣旨と違うと思う。第三者に配る場合には相手方に確認するのが当たり前だが私は事前にこのメモの確認は求められたことはない。どうしてそうなったか私には図りかねる」と述べました。


首相同席の面会は別荘での1回だけ(13:25)

柳瀬元総理大臣秘書官は、安倍総理大臣と一緒に学園の関係者と面会したのは、平成25年5月に、山梨県にある安倍総理大臣の別荘で会った1回だけだとして、「これ以外に安倍総理大臣とともに、加計学園の関係者と会った記憶はない」と述べました。


首相同席で新設の話出たことない(13:17)

柳瀬元総理大臣秘書官は、「安倍総理大臣と加計学園関係者が一緒にいるときに、獣医学部新設の話が出たことはない」と述べました。
at 15:41 | Comment(0) | 政治

◆「アメリカ人解放に祝意伝えた」安倍首相

トランプ大統領に

5月10日 12時06分   NHKニュース

史上初の米朝首脳会談を前に、安倍総理大臣はアメリカのトランプ大統領と電話で会談しました。この後、記者団に対し、北朝鮮に拘束されていた3人のアメリカ人が解放されたことに祝意を伝えたと述べたうえで、拉致問題の解決に全力をあげる考えを示しました。

史上初の米朝首脳会談を前に9日、日中韓3か国の首脳会議が開かれたほか、アメリカのポンペイオ国務長官が北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と会談したことなどを受け、安倍総理大臣は10日午前、総理大臣官邸で、アメリカのトランプ大統領と電話で会談しました。

この後、安倍総理大臣は記者団に対し、「けさトランプ大統領から電話を頂いた。私からは、拘束されていたアメリカ人3人が解放されたことは大きな成果だとお祝いを申し上げた。この解放は北朝鮮の前向きな姿勢であり歓迎したい」と述べました。

また、安倍総理大臣は、「アメリカのポンペイオ国務長官と北朝鮮側のやり取りについてトランプ大統領から詳細な説明を受けた。私からは、きのうの日中韓3か国の首脳会議や日韓、日中首脳会談で、米朝首脳会談に向けてどのように対応していくか綿密な意見交換などを行ったことの概略についてトランプ大統領に伝えた」と述べました。

さらに、安倍総理大臣は「今回、3人の拘束されていたアメリカ人が解放されたが、拉致問題は、残念ながら、まだ多くの方々が北朝鮮に取り残されている。この拉致問題の解決のために日米、日米韓、あるいは中国の協力も得て全力を尽くしていきたい」と述べました。

安倍総理大臣とトランプ大統領は、先月28日にも電話で会談していて、電話会談は今回で22回目です。
at 12:17 | Comment(0) | 政治

◆柳瀬氏 加計学園関係者との面会認める

5月10日 10時04分加計学園  NHKニュース

加計学園の獣医学部新設をめぐり、柳瀬元総理大臣秘書官は、衆議院予算委員会での参考人質疑で、愛媛県の担当者が記したとする文書のとおり、3年前に総理大臣官邸で、学園の関係者と面会したことを認めました。最新の発言を随時更新しています。


学園関係者と官邸で3回面会

柳瀬元総理大臣秘書官は、衆議院予算委員会での参考人質疑で、3年前の4月以降も学園関係者と面会したかを問われ、「『今治市が国家戦略特区の提案を出す』ということを、一度、お話しに来たことがある」と述べました。そのうえで柳瀬氏は、学園の関係者との面会について、「総理大臣官邸では3回面会した」と述べました。


面会の前後 首相には報告していない

柳瀬元総理大臣秘書官は、3年前の4月に学園関係者と面会する前後に、安倍総理大臣にも報告したかと問われ、「安倍総理大臣には、事前にも事後にも報告していない」と述べました。


「首相案件」とは言っていない

柳瀬元総理大臣秘書官は、3年前に学園の関係者らと面会した際に、愛媛県の担当者が記したとする文書の通り、「この件は首相案件だ」と発言したのかについて、「安倍総理大臣が『獣医学部新設を早急に検討している』と述べていることは紹介したが、今治市の個別案件が首相案件とは言っていない」と述べました。


総理と一緒に面会

柳瀬元総理大臣秘書官は、学園の関係者と知り合った経緯について、「安倍総理大臣と一緒にいた際に、学園の関係者と会ったことがあった」と述べました。


後任の秘書官に引き継がず

柳瀬元総理大臣秘書官は、「加計学園の案件を、後任の総理大臣秘書官には引き継いでいない」と説明しました。


面会は今の獣医学部長

柳瀬元総理大臣秘書官は、3年前に総理大臣官邸で面会した学園の関係者について、「当時は加計学園の関係者と認識していなかった」としながらも、新設された獣医学部の学部長を務めている吉川泰弘氏だったことを明らかにしました。


総理への報告や指示ない

柳瀬元総理大臣秘書官は、「この件について、安倍総理大臣に報告したことも、指示を受けたこともない」と述べました。


特別扱いなし

柳瀬元総理大臣秘書官は、「私が具体的な事業者の選定に関与する余地はなかった。安倍総理大臣自身が答弁しているとおり、安倍総理大臣と加計理事長が友人関係だとは認識していたが、特別扱いをしたことはない」と述べました。


面会後 省庁とやり取りなし

柳瀬元総理大臣秘書官は、学園の関係者と3年前の4月に面会したあとに、内閣府などの関係府省庁とやり取りしたことはないと説明しました。


3年前の2月〜3月にも面会

柳瀬元総理大臣秘書官は、衆議院予算委員会での参考人質疑で、学園の関係者とは、3年前の2月から3月ごろにも面会したと説明しました。


愛媛や今治の関係者 いたかどうかわからない

加計学園の獣医学部新設をめぐり、柳瀬元総理大臣秘書官は、衆議院予算委員会での参考人質疑で、面会者の中に愛媛県や今治市の関係者がいたかどうかはわからないと述べました。そのうえで、柳瀬氏は、「専門家と加計学園の事務局の人がほとんど話をしていた。愛媛県や今治市の関係者は、メインスピーカーではない人のなかにいたのかもしれない」と説明しました。
at 10:23 | Comment(0) | 政治

◆米中韓などと連携強化し北朝鮮の完全非核化を

政府

5月10日 5時00分米朝首脳会談   NHKニュース

日中韓3か国の首脳会議などで北朝鮮に対する国連安保理決議の完全な履行が確認されたことを受けて、政府は、米朝首脳会談に向け、アメリカ、中国、韓国などとの連携を一層強化し、北朝鮮の完全な非核化や拉致問題の早期解決を目指す方針です。

史上初の米朝首脳会談を控え、9日に東京で開かれた日中韓3か国の首脳会談と、それに続く日韓、日中の首脳会議では、北朝鮮に対する国連安保理決議の完全な履行が日本、中国、韓国の共通の立場だと確認され、3か国で協力して核や弾道ミサイル開発などの問題解決に取り組むことで一致しました。

これを受けて、菅官房長官は記者会見で、「3か国で北朝鮮の非核化の重要性を確認できたことは極めて有意義だ。日米韓3か国で緊密に協力し、中国・ロシアをはじめとする国際社会とも連携して、拉致・核・ミサイルの諸懸案の包括的解決に向け最大限の努力をしていきたい」と述べました。

政府は、北朝鮮と首脳会談に向けた事前の協議を続けているアメリカとの連携を一層強化するほか、中国やロシアなど関係国への働きかけも続けながら、北朝鮮の完全な非核化や拉致問題の早期解決を目指す方針です。

一方、中国、韓国との個別の首脳会談で、首脳間の相互往来を加速していくことが確認されたことを受けて、政府は、安倍総理大臣の中国訪問と、ムン・ジェイン(文在寅)大統領の日本訪問の実現に向け、調整を加速することにしています。
at 07:51 | Comment(0) | 政治

2018年05月09日

◆北朝鮮の非核化など緊密連携で一致か 日韓首脳会談終わる

5月9日 15時02分       NHKニュース

日中韓3か国の首脳会議を終えた安倍総理大臣は韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と会談し、北朝鮮の非核化や拉致問題の早期解決を具体的に実現するため、史上初めての米朝首脳会談に向けて緊密に連携していくことで一致したものとみられます。

およそ2年半ぶりの日中韓3か国の首脳会議を終えた安倍総理大臣は、午後1時ごろから総理大臣官邸で、韓国のムン・ジェイン大統領との日韓首脳会談に臨みました。

会談は同席者を通訳に限った首脳どうしのものから始まり、少人数会合、そして昼食会に分けて行われ、午後3時前に終わりました。

会談の冒頭、安倍総理大臣は「北朝鮮を巡りさまざまな動きがある中、来たるべき米朝首脳会談に向けて、北朝鮮の具体的な行動を引き出すべく、日韓でしっかり協力していきたい」と述べました。

これを受けて、ムン大統領は、「北朝鮮が非核化という大原則には同意しても、具体的にどのように実現していくのかは難しい問題だ。米朝首脳会談の成功に向けて最後まで日本側の支持をいただきたい」と述べました。

会談で、両首脳は、北朝鮮の非核化や拉致問題の早期解決を具体的に実現するため、史上初めての米朝首脳会談に向けて緊密に連携していくことで一致したものとみられます。また、両国の首脳が相互に相手国を訪問するシャトル外交の再開をめぐっても意見が交わされたものとみられます。
at 15:30 | Comment(0) | 政治

◆北朝鮮の非核化へ問題解決に協力 日中韓首脳共同発表

5月9日 11時45分   NHKニュース

史上初の米朝首脳会談を前に、およそ2年半ぶりとなる日中韓3か国の首脳会議が9日午前、東京で開催されました。首脳会議の後、安倍総理大臣は共同記者発表に臨み、北朝鮮が非核化に向けた具体的な行動を取るよう、国連安全保障理事会の決議を完全に履行し、問題の解決に協力して取り組むと一致したことを明らかにしました。


史上初めての米朝首脳会談を前に、安倍総理大臣、中国の李克強首相、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領による日中韓3か国の首脳会議が、9日午前、東京・港区元赤坂の迎賓館で開催されました。日中韓3か国の首脳会議の開催は、2015年11月に韓国で開催されて以来、およそ2年半ぶりとなります。

会議の後、3か国の首脳は午前11時20分ごろから共同記者発表に臨みました。

この中で、安倍総理大臣は「現下の朝鮮半島情勢への対応を、3人で綿密に話し合った。今週、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が再び訪中した。朝鮮半島の完全な非核化と北東アジアの平和と安定に向けた機運を、国際社会と一層協力して、北朝鮮の具体的な行動へつなげていかなければならない」と述べました。そのうえで「累次の国連安全保障理事会の決議を完全に履行する。これは、日中韓3か国共通の立場だ。諸課題の解決に向けて、今後とも、3か国で協調して行動していく」と述べました。

また、安倍総理大臣は両首脳に、拉致問題の早期解決に向けた支援と協力を呼びかけ、日本の立場に理解を得たとしたうえで、拉致、核、ミサイルの諸懸案を包括的に解決し、日朝ピョンヤン宣言に基づき北朝鮮との国交正常化を目指す考えを重ねて示しました。

そして「どうすれば、北朝鮮が正しい道を歩み、明るい未来を描いていくことができるのか。その道筋について、私たち3人は本日、率直に意見を交わした。北東アジアの平和と安定に向けて、3か国はこれからも、かたく手を携えながらリーダーシップを発揮していく決意だ」と述べました。

さらに、安倍総理大臣は、今回の首脳会議で東アジア地域全体を視野に入れたインフラ協力を強化するための、3か国での対話や協議の追求で一致したことや、3か国の首脳会議をさらに開かれたものとしていくと合意したことも明らかにしました。
at 12:46 | Comment(0) | 政治

◆「麻生大臣は普通の会社ならクビ」野党

辞任を求めるなど追及へ

5月9日 12時27分    NHKニュース

国会審議に復帰した立憲民主党など野党側の国会対策委員長が会談し、財務省の決裁文書の改ざんなどで麻生副総理兼財務大臣の辞任を求めるなど、引き続き行政をめぐる一連の問題について、政府を追及していく方針を確認しました。

会談には、8日から国会審議に復帰した立憲民主党など野党5党と衆議院の会派「無所属の会」の国会対策委員長が出席し、国民民主党の結成後も引き続き国会対応で連携していくことで一致しました。

そのうえで財務省の決裁文書の改ざんで麻生副総理兼財務大臣が「個人の資質が大きかったのではないか」と述べたことなどを受けて、麻生大臣の辞任を求めるなど、引き続き行政をめぐる一連の問題について、政府を追及していく方針を確認しました。

また安倍総理大臣と野党の党首による「党首討論」について、1回の開催時間が45分となっていることから、開催時間を増やすよう与党側に求めていくことで一致しました。

立憲民主党の辻元国会対策委員長は記者団に対し「麻生大臣は、自分の置かれている立場や財務省への厳しい声を理解しておらず、ご自身の名誉のためにも身を引かれたほうがいい。普通の会社ならクビだ」と述べました。


公明「麻生大臣に期待は再発防止」とくぎを刺す

自民・公明両党の幹事長らが会談し、公明党の大口国会対策委員長は、麻生副総理兼財務大臣が、「セクハラ罪という罪はない」、「どの組織でも改ざんはありうる」などと発言したことについて、「われわれが、麻生大臣に期待しているのは、再発防止や組織の立て直しだ」とくぎを刺しました。
at 12:43 | Comment(0) | 政治