2010年03月19日

◆小沢氏批判の生方副幹事長を解任

〇 民主執行部、締め付け強化<日経ネット>
 
民主党執行部は18日、小沢一郎幹事長に批判的な言動を繰り返してきた生方幸夫副幹事長を解任した。支持率低下に直面している党内が動揺することを懸念し、引き締めを図った格好だ。生方氏は返す刀で小沢幹事長の辞任論に言及、党内には同情論も広がっている。(詳細は下記から)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100318ATFS1802M18032010.html

2010年03月18日

◆有事の際の核搭載艦寄港

〇 外相「時の政権が判断」<日経ネット>
 
岡田克也外相は17日午前の衆院外務委員会で、有事の際に核兵器の持ち込みを認めるかどうかについて「米国の核搭載艦船の一時寄港を認めなければ日本の安全を守れない事態が発生すれば、その時の政権が命運を懸けて決断する」と述べた。(詳細は下記から)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100317ATFS1700G17032010.html

2010年03月17日

◆首相、米国務次官補来日中止に言及

〇「私どもの範ちゅうではない」 <日経ネット>
 
鳩山由紀夫首相は16日午前、キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が17日に予定していた来日を中止したことに関し、(詳細は下記から)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100316ATFS1600B16032010.html

2010年03月16日

◆「弟は弟」鳩山首相


〇 邦夫氏との連携を否定<読売オンライン>
 
鳩山首相は15日夕、弟の鳩山邦夫・元総務相が自民党に離党届を提出したことについて、首相官邸で記者団に対し、「いろいろ考えた末の行動だと思うが、弟は弟のことだ。自民党の中にもさまざまな動きが出てくると思う」と述べた。その上で「連携は考えていない」と強調した。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100315-OYT1T01045.htm

◆鳩山元総務相が自民に離党届

〇 「新党結成目指す」 <日経ネット>
 
自民党の鳩山邦夫元総務相は15日、大島理森幹事長に離党届を提出した。鳩山氏は「今の民主党政権の悪政を断ち切るため、新党を目指したい」と5月の大型連休前にも新党結成を目指す意向を明言した。(詳細は下記から)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100315ATFS1501B15032010.html

2010年03月15日

◆公明「自民推薦せず」参院選

〇 実質協力は容認 <産経ニュース>
 
公明党の山口那津男代表は14日、夏の参院選での他党候補の推薦に関し「全国的に政党対政党の関係ではやらない」と述べ、(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100314/stt1003141919006-n1.htm

◆鳩山元総務相、新党結成論

〇「覚悟はできた」与謝野氏と連携も <日経ネット>
 
自民党の鳩山邦夫元総務相は14日、フジテレビの番組に出演し、新党結成論について「覚悟はもう完全にできている。私自身が表に出ず、裏方で捨て石でもいい」と重ねて強い意欲を表明した。(詳細は下記から)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100314STXKA005114032010.html

2010年03月14日

◆民主・小林議員を参考人聴取

○ 北教組の資金提供事件  <共同通信>
 
民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=の陣営に北海道教職員組合(北教組)が1600万円を不正に提供したとされる事件で、札幌地検が都内のホテルで13日、小林議員を参考人聴取したことが、関係者の話で分かった。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010031301000705.html

◆小林千議員の進退

○ 自身で判断することと首相<読売オンライン>

鳩山首相は13日夕、民主党の小林千代美衆院議員が北海道教職員組合を巡る政治資金規正法違反事件で札幌地検から参考人として事情聴取を受けたことについて、「事情聴取を受けたとするなら、そこで正直に真実を述べてくれたと理解している。捜査の中で真実が明らかになる」と述べた。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100313-OYT1T00761.htm

◆波紋呼ぶ民主の兼務禁止令

○「非小沢封じ」が狙い?<アサヒ。コム>
 
政務三役と民主党の都道府県連代表の兼務はまかり成らん――。民主党の小沢一郎幹事長が打ち出した「兼務禁止令」が波紋を呼んでいる。小沢氏は「夏の参院選に向けた態勢強化」と説明するが、党内では「狙いは非小沢封じ」との見方が消えない。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0313/TKY201003130145.html