2011年06月15日

◆原発賠償と二重ローン対策が柱

○ 2次補正 <読売オンライン>

菅首相は14日夜、野田財務相と首相官邸で会談し、東日本大震災からの復旧に充てる2011年度第2次補正予算案について、原子力発電所事故の被害者に対する賠償や被災者の二重ローン対策を柱とし、財源は新規国債発行に頼らず10年度一般会計決算の剰余金を活用するよう指示した。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110614-OYT1T00916.htm

2011年06月14日

◆造反議員、重い処分見送り 民主党

○ 党内の亀裂拡大懸念 <読売オンライン>

民主党執行部は13日、菅内閣不信任決議案の採決を欠席・棄権した小沢一郎元代表と元代表に近い衆院議員計15人に関し、除籍(除名)などの重い処分を見送った。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110613-OYT1T00876.htm

2011年06月13日

◆首相、未練がましくはないですか?

○<松本浩史の政界走り書き> 引き際を大切にしてください <産経ニュース>

言わでものことを口にして墓穴を掘り、与野党からいち早く表舞台から立ち去るよう求められているのに、なお厚顔にも居座る心象なんぞ、到底、考えが及ばないのである。真の指導者のなんたるかは、権力の頂点に上り詰めたその術よりも、引き際にこそ色濃くにじむものだ。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110612/plc11061218010008-n1.htm

2011年06月12日

◆児童手当、3歳未満のみ増額 民自公が合意

○  <読売オンライン>

民主、自民、公明3党は子ども手当廃止後の児童手当拡充案として、一律支給ではなく、3歳未満児に限定して支給額を上積みすることで基本合意した。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110611-OYT1T00952.htm

◆現場の話を2次補正に…首相

○ 早期退陣論けん制 <読売オンライン>

菅首相は11日、岩手県釜石市で開かれた東日本大震災に関する意見交換会に出席し、7月中の提出を目指している2011年度第2次補正予算案について、「現場の話を聞くだけでなく、聞いた中身を次の2次補正を含む政府の対策にしっかりと盛り込みたい」と述べ、補正予算案の編成と自らの続投に改めて意欲を示した。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110611-OYT1T00736.htm

2011年06月09日

◆2次補正予算案「新政権の下で行うべき」

○ <読売オンライン>

民主党内で8日、東日本大震災の本格復興を目的とする2011年度第2次補正予算案の編成は、菅首相(民主党代表)退陣後の新政権の下で行うべきだとの意見が大勢となった。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110608-OYT1T01256.htm

◆責任は政権そのものに

○<櫻井よしこ 首相に申す> <産経ニュース>

菅直人首相への不信任決議案は、首相ひとりでなく、菅政権そのものに突きつけられたものだ。
去年6月の就任以来、首相は仙谷由人官房長官と二人三脚の菅流政治を実践した。特徴的事柄を時系列で辿(たど)ってみる。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110609/plc11060903420001-n1.htm

2011年06月02日

◆小沢氏ら70人「頑張ろう」三唱

○ 政権打倒誓う<読売オンライン>

野党が提出した内閣不信任決議案を巡り、民主党内では1日、小沢一郎元代表ら「造反組」と執行部の間で、激しい綱引きが繰り広げられた。

小沢元代表が1日夜、都内のホテルの宴会場に到着すると、呼び掛けに応じて集まった衆院議員70人から拍手と歓声が上がった。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110601-OYT1T00915.htm

2011年05月31日

◆週内に内閣不信任案提出へ 小沢氏、賛成を示唆

○  <読売オンライン>

自民党は30日、菅政権に対する内閣不信任決議案を今週中に国会へ提出する方向で最終調整に入った。6月2日か3日の提出を想定している。
同党の谷垣総裁が周辺に明らかにした。公明党も自民党と共同で提案する方針だ。民主党では、小沢一郎元代表のグループが不信任案に同調する構えを見せており、元代表は30日、自らに近い議員に対し、不信任案に賛成する考えを示唆した。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110530-OYT1T01176.htm

2011年05月29日

◆菅さん、もう、何が何だかわからないのよ

○<名言か迷言か> <産経ニュース>
 
「なーにが、なんだかわからないのよ」という、歌詞で始まる歌がある。昭和41年に公開された映画「日本一のゴリガン男」という映画の主題歌だったハナ肇とクレイジーキャッツの「何が何だかわからないのよ」と、タイトルが歌詞そのままの歌だ。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110528/plc11052818010017-n1.htm