2010年06月19日

◆参院選での自公協力、一部で復活

〇 激戦10選挙区前後か  <共同通信>
 
自民、公明両党が参院選での与党過半数阻止を目指し、連立時代の選挙協力を一部地域で復活させる方向で大筋合意したことが18日、分かった。西日本の激戦区を中心に10選挙区前後を想定、情勢の変化に応じて増やす可能性もある。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061801000830.html

2010年06月18日

◆政府が拉致対策本部 首相が北を非難

〇 「主権侵害そのもの」と <産経ニュース>

政府は18日午前、首相官邸で拉致問題対策本部(本部長・菅直人首相)を開いた。菅内閣発足後は初めての開催。首相はあいさつで10日に拉致被害者家族と面会したことに触れ、「家族の方々の30年以上にわたる、言葉に言い尽くせないご苦労を直接感じた。拉致は主権侵害そのもので、断じて容認できない」と、解決に向けた決意を示した。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100618/plc1006181111005-n1.htm

◆参院陣営はやPR合戦 大阪

〇公示(24日)まで1週間   <読売オンライン>
 
国会は16日に閉会し、参院選公示(24日)まで残り1週間となった。大阪選挙区(改選定数3)ではすでに現職2人、新人8人の計10人が出馬の準備を進めており、2007年(立候補者9人)や04年(同7人)を上回る激戦になる見通しだ。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20100617-OYT8T00077.htm

2010年06月17日

◆参院選、実質スタート

〇 418人が立候補準備  <共同通信>
 
国会閉幕を受け与野党は16日、第22回参院選に向けた事実上の選挙戦に入った。昨年の衆院選での政権交代後初の本格的国政選挙で、鳩山前政権も含め民主党政権9カ月の実績が問われる。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061601000455.html

2010年06月16日

◆菅首相、在任中は靖国参拝せず

〇  参院で答弁  <読売オンライン>
 
菅首相は15日の参院本会議で、靖国神社への参拝について「首相在任中に参拝するつもりはない」と述べた。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100615-OYT1T00844.htm

2010年06月15日

◆16日に国会閉会、延長せず

○ 7・11投開票へ選挙戦  <共同通信>

今国会は延長されず、会期末の16日に閉会することが固まった。与党幹部は14日夜、野党側が求める衆参両院での予算委員会開催に応じない考えを示した。各党は「24日公示―7月11日投開票」の参院選に向け事実上の選挙戦に入る。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061401000262.html

2010年06月14日

◆「参院選、与党過半数なら総裁辞任」

○ 自民・谷垣氏  <アサヒ.コム>

自民党の谷垣禎一総裁は13日、フジテレビの番組で「与党が過半数以上をもっているのをつぶすのが野党の基本的使命。できなかったら(野党党首としての)責めを果たせなかったことになる」と述べ、参院選で民主、国民新の与党を過半数割れに追い込めなければ、党総裁を辞任する考えを示した。 (詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0613/TKY201006130134.html

2010年06月12日

◆参院選はネット利用見送り

〇 与野党対立余波で  <共同通信>
 
7月の参院選中のインターネット利用解禁が11日、一転、見送られることになった。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061101001024.html

2010年06月11日

◆亀井氏、菅首相の慰留断わる

○ 「約束破られた。閣外に出る」<共同通信>
 
国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相は11日未明、党本部で記者会見し、郵政改革法案について「民主党との約束を破られ、履行できなかった。代表としての責任上、私は閣外に出る」と述べ、閣僚を辞任する意向を表明した。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061001001115.html

2010年06月10日

◆参院選、7月11日投開票で最終調整

○ 政府・民主党  <アサヒ.コム>
 
政府・民主党は9日、夏の参院選日程を「6月24日公示、7月11日投開票」とする方向で最終調整に入った。支持率の急激な回復で、参院民主党を中心に今月16日閉会の今国会の延長に慎重論が強まっているためだ。ただ、連立を組んでいる国民新党は郵政改革法案の今国会成立を主張しており、調整が難航する可能性もある。(詳細は下記 から)
http://www.asahi.com/politics/update/0610/TKY201006090587.html