2010年08月27日

◆要職起用に菅首相が難色

○ 小沢氏の闘争心に火? <読売オンライン>

民主党の小沢一郎前幹事長が26日、党代表選への出馬を決断したのは、党内で3分の1を超える小沢グループ約150人の中堅・若手議員から強い要請を受け、「グループで結束して戦うことができる」(小沢氏側近議員)と判断したためだ。菅首相が、小沢氏の要職起用も含めた挙党態勢に慎重な姿勢を示したことが決断の引き金になったとの見方も出ている。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100826-OYT1T00747.htm

2010年08月12日

◆自民参院会長に中曽根氏

○ 選挙は「引き分け」、くじ引き <アサヒ.コム>
 
自民党の参院議員会長選が11日にあり、中曽根弘文前外相(64)が当選した。派閥間の事前調整で無投票当選が続いてきたが、今回は谷川秀善参院幹事長(76)と中曽根氏が立候補し、初の選挙戦となった。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0811/TKY201008110184.html

2010年08月03日

◆民主党代表選、9月1日告示

○ 14日投開票に正式決定 <アサヒ.コム>

民主党は2日の常任幹事会で、菅直人首相(党代表)の任期満了に伴う代表選を9月1日告示、14日投開票の日程で実施することを正式に決めた。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0802/TKY201008020279.html

2010年08月02日

◆きょうから衆院予算委

○ 「ねじれ国会」いざ論戦 <読売オンライン>
 
国会は2日、菅首相と全閣僚が出席して衆院予算委員会の質疑を行う。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100801-OYT1T00598.htm

2010年07月30日

◆参院議長に民主・西岡氏

○ 臨時国会30日に召集 <共同通信>
 
参院選を受けた第175臨時国会が30日召集される。同日午前の参院本会議で正副議長選挙が行われ、新議長には参院第1党である民主党の西岡武夫議院運営委員長、副議長に第2党の自民党の尾辻秀久参院議員会長が選出される運び。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072901000601.html

2010年07月22日

◆自民、衆院98空白区で公募

〇 党刷新イメージ打ち出す <アサヒ.コム>
 
自民党の谷垣禎一総裁は21日の役員会で、衆院300小選挙区のうち、公認候補が決まっていない98小選挙区の候補を原則公募で選ぶよう都道府県連に指示した。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0721/TKY201007210535.html

◆民主、自民が予算委開催で合意

〇 30日召集の臨時国会  <共同通信>

民主党の樽床伸二、自民党の川崎二郎両国対委員長は21日午前、国会内で会談し、30日召集の臨時国会で菅直人首相が出席して予算委員会を開催することで合意した。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072101000348.html

2010年07月19日

◆予算編成に「新司令塔」

〇 仙谷長官を軸に組織  <読売オンライン>
 
政府は18日、2011年度予算編成や税制抜本改革など菅政権の総合的な経済・財政政策を協議する新たな組織を内閣官房に設置する方針を固めた。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100718-OYT1T00759.htm

◆内閣官房に予算編成の新組織

〇 国家戦略局縮小の代替案 <アサヒ.コム>

政府・与党は、2011年度政府予算案の編成や税制改正の基本方針づくりを担当する新組織を、内閣官房に置く方向で検討を始めた。仙谷由人官房長官、民主党の玄葉光一郎政調会長を中心に政治主導で進めるのが狙い。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0718/TKY201007180352.html

2010年07月18日

◆「政権運営の指針」に異論噴出

〇 衆院選の公約  <読売オンライン>
 
民主党は16日、国会内で政策調査会の拡大役員会を開き、参院選で掲げた政策の総括を行った。
 
大勝した2009年衆院選政権公約(マニフェスト)を修正して臨んだ参院選で大敗したため、引き続き政権運営の指針とすることに異論が出るなど位置づけがあいまいになった格好で、同党が掲げてきた「マニフェスト政治」の課題が浮き彫りになった。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100716-OYT1T01266.htm