2010年11月09日

◆首相、映像流出で陳謝

○ 「管理不行き届き」 <共同通信>
 
菅直人首相は8日午後の衆院予算委員会で、中国漁船衝突事件の映像流出問題について「政府として管理不行き届きだった。おわびしたい」と陳謝した。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110801000382.html

2010年11月08日

◆【尖閣ビデオ流出】徹底追及へ

○ 野党、衆院予算委で <産経ニュース>
 
今国会最大の焦点である平成22年度補正予算案は8日から衆院予算委員会で本格的な審議が始まる。野党は小沢一郎民主党元代表の国会招致要求に加え、中国漁船衝突事件の映像流出問題という新たなカードを手にし、政府の情報管理の甘さを徹底追及する方針。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101107/plc1011071644006-n1.htm

2010年11月04日

◆オバマ氏「大統領として責任」

○ 米中間選挙大敗 <共同通信>
 
【ワシントン共同】オバマ米大統領は3日、ホワイトハウスで記者会見し、2日投開票の中間選挙で与党民主党が大敗したことについて、自身が約束した変革が実現していないことに有権者が不満を抱いており、その点に関し「大統領として責任がある」と述べ、敗北を認めた。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110401000021.html

2010年11月02日

【主張】 大使召還など対抗措置を

○ 露大統領国後訪問 <産経ニュース>
 
ロシアのメドベージェフ大統領が国後島を訪問した。日本固有の領土である北方四島の不法占拠を固定化する暴挙であり、断じて認めるわけにはいかない。日本政府は最大限の対抗措置を取らなければ、北方四島返還が画餅(がべい)に帰すことを認識すべきだ。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101102/plc1011020259004-n1.htm

◆前原外相、駐日ロシア大使を呼び抗議

○ <読売オンライン>

ロシアのメドベージェフ大統領が1日、日本側の中止要請を無視して北方領土の国後島を訪問したことに対し、前原外相は同日昼、ベールイ駐日ロシア大使を外務省に呼び、直接抗議した。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101101-OYT1T00529.htm

2010年11月01日

◆兵器を国際共同開発  防衛省

○ 武器輸出三原則見直し案 <共同通信>

防衛省が検討している武器輸出三原則見直し案の全容が31日、判明した。最先端の装備品を比較的低コストで取得する狙いから、戦闘機や偵察機など兵器の国際共同開発・生産に参加する必要性を指摘。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010103101000538.html

2010年10月31日

◆政府、日本をアジアの拠点に

○ 外資誘致で通常国会に法案<共同通信>
 
政府は30日、外国企業のアジア本社や研究開発拠点の日本誘致を促進するため「アジア拠点化推進法案」を来年の通常国会に提出する方針を固めた。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010103001000697.html

2010年10月29日

【主張】民主党と企業献金

○ 方針転換の説明を尽くせ <産経ニュース>

選挙目当てで、その場しのぎの公約だったのかという批判が出るのは当然だろう。民主党の岡田克也幹事長が、昨年の衆院選マニフェストで打ち出した「企業・団体献金禁止」に基づく自粛方針を撤回し、国や自治体の受注企業からでも契約が1件1億円未満なら献金を容認する方針を示したことだ。岡田氏は方針転換について国民に説明を尽くし理解を求めるべきだ。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101029/stt1010290315002-n1.htm

2010年10月28日

◆中国漁船衝突ビデオ、国会に提出

○ 地検は慎重な扱い要望 <アサヒ.コム>

政府は27日、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の際に海上保安庁が撮影したビデオ映像を国会に提出した。衆院予算委員会(中井洽委員長)が13日、国政調査権に基づいて那覇地検に提出を求めることを全会一致で議決していた。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/1027/TKY201010270231.html

2010年10月25日

◆自民・町村氏当選、菅政権に打撃

○ 北海道補選 <読売オンライン>

菅改造内閣発足後、初の国政選挙となった衆院北海道5区補欠選挙は24日投開票され、自民党前衆院議員で元官房長官の町村信孝氏(66)が、民主党新人で元国土交通省職員の中前茂之氏(38)(社民党、国民新党推薦)ら4人を破って10回目の当選を果たした。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20101024-OYT1T00412.htm