2011年03月24日

◆「天の恵み」発言の議長、公認取り消し

○ 自民党大阪府連 <アサヒ.コム>

大阪府議会の長田義明議長(自民)が、東日本大震災について「大阪にとって天の恵み」などと発言した問題で、自民党府連は23日、4月1日告示の府議選に大阪市鶴見区選挙区から立候補する予定の長田氏の公認を取り消した、と発表した。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0323/OSK201103230159.html

2011年03月23日

◆原発事故周辺住民への損害賠償

○ 国も負担へ  <読売オンライン>

政府は22日、東京電力の原子力発電所の事故で被害を受けた周辺住民らへの損害賠償について、国も負担する方向で検討に入った。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110323-OYT1T00002.htm

◆東国原氏が出馬表明

○ 「日本の元気を東京から」 <産経ニュース>

前宮崎県知事の東国原英夫氏(53)は22日、都庁で記者会見し、4月の東京都知事選に出馬することを正式に表明した。東国原氏は「大都市の活力が地方を引っ張る。首都圏を元気にして、日本の元気を東京から発信する。そういう思いで出馬の決意に至りました」と述べた。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110322/elc11032217540000-n1.htm

◆蓮舫氏、サマータイム導入検討

○ 電力不足に備え  <読売オンライン>

節電啓発を担当する蓮舫行政刷新相は22日午前の閣議後の記者会見で、計画停電対象地域の夏場の電力不足に備えるため、サマータイム(夏時間)の導入などを検討する考えを表明した。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110322-OYT1T00570.htm

2011年03月22日

◆首相の被災地視察、政権内に賛否

○ 天気理由に一転中止 <アサヒ.コム>

菅直人首相は21日、東日本大震災の被災地の視察を「天候不良」を理由に中止した。前日夜に日程を発表していたのに、出発30分前になって一転取りやめに。被災者支援や復旧に追われる現地への首相の訪問には政権内でも賛否が分かれている。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0321/TKY201103210227.html

2011年03月21日

◆福島原発、政府賠償1兆円超も

○ 例外規定を初適用へ <共同通信>

政府は20日、東京電力福島第1原発の事故について、原子力事業者による損害賠償を定めた「原子力損害賠償法(原賠法)」の例外規定を初めて適用し、被害者の損害を国が賠償する方向で検討に入った。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032001000542.html

◆首相は野党対策ではなく震災対策を

○ 公明代表  <読売オンライン>

公明党の山口代表は20日、広島市で講演し、菅首相が自民党に大連立を呼びかけたことについて、「今一番必要なのは野党対策ではなく、震災対策や国の再建だ」と述べ、首相の対応を批判した。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110320-OYT1T00472.htm

2011年03月20日

◆首相が自民党に大連立提案

○ 拒否と回答、復興は協力 <共同通信>

菅直人首相(民主党代表)は19日午後、自民党の谷垣禎一総裁と電話で会談し、東日本大震災復興に与野党一体で取り組むため、民主、自民両党による大連立を提案した。谷垣氏に副総理兼震災復興担当相で入閣するよう要請。谷垣氏は復興対策では協力するとした上で「入閣は応じられない」と断り、自民党は幹部会合で正式に拒否の方針を確認した。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031901000423.html

2011年03月18日

◆仙谷氏が官房副長官に

○ 内閣の体制を強化  <産経ニュース>

菅直人首相は17日、東日本大震災を受け内閣の体制を強化するため、民主党の仙谷由人代表代行=衆院徳島1区、65歳=を官房副長官に起用する方針を決めた。党代表代行も兼務する方向。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110317/plc11031718170037-n1.htm

2011年03月17日

◆大阪市会、議員報酬2割削減案可決

○ 民自共が賛成 <アサヒ.コム>

大阪市議会(定数89)は16日の本会議で、議員報酬を期限付きで2割削減する特例条例改正案を民主(20人)、自民(同)、共産(14人)の賛成多数で可決した。(詳細は下記から)
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201103160084.html