2011年10月31日

◆民主党府連 平松氏・倉田氏支援

○ NHK関西ニュース

民主党大阪府連は、30日、来月の大阪ダブル選挙で、大阪市長選挙は現職の平松邦夫市長を、大阪府知事選挙は池田市の倉田薫市長を府連として支援することを決めました。

11月の大阪市長選挙をめぐっては、大阪市議会の民主党系の議員団がこれまでに平松市長を推薦することを決めています。

民主党大阪府連は、30日、常任幹事会を開き、大阪府知事選挙について府議団が池田市の倉田市長を推薦することが決まり、これを受けて府連としては市長選挙では平松氏を府知事選挙では倉田氏を支援することを決めました。

続いて開かれた民主党大阪府連のパーティーで、平野博文代表は、「260万人の生活を支える大阪市長と880万人の府民を抱える府知事がしっかり協調して大阪の改革を進める。府民の生活向上、さらには、企業の活力を取り戻すような首長を選ばなければならない」と述べたほか、民主党系の市議団が推薦する平松市長も壇上にあがり、支援を訴えました。

大阪府知事選挙は来月10日、大阪市長選挙は来月13日に告示され、いずれも来月27日に投票が行われます。

2011年10月29日

◆平松市長に推薦状 自民、民主市議団

○  サンケイニュース

11月27日投開票の大阪市長選で、大阪市議会の民主系、自民の両市議団は28日、再選出馬する平松邦夫市長に推薦状を手渡した。自民市議団は2期目の政策について、大阪都構想への反対など3項目の合意書を交わしたという。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/111028/osk11102815530015-n1.htm

◆民主、倉田氏支援を決定

○ 大阪知事選  毎日jp
 
大阪府知事選に出馬表明した同府池田市の倉田薫市長(63)について、民主党の平野博文府連代表ら幹部と府議団、大阪市議団などが28日、大阪市内で会合を開き、党府議団を中心に倉田氏を支援することを正式決定した。(詳細は下記から)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111028k0000e010055000c.html

◆復興特区法案を提出

○ 「上書き権」盛り込む  読売ニュース
 
政府は28日、東日本大震災の被災地の復興を加速させるため、規制や税制などで特例を設ける「復興特別区域(復興特区)法案」を閣議決定し、衆院に提出した。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111028-OYT1T00979.htm

2011年10月28日

◆平松市長「まだまだ道半ば」

○ 1期目最後の定例会見 サンケイニュース
 
11月27日投開票の大阪市長選まであと1カ月となった27日、再選立候補を表明している現職の平松邦夫市長が1期目最後となる定例会見に臨んだ。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/111027/osk11102720360013-n1.htm

2011年10月25日

◆民主・自民、倉田氏擁立検討

○池田市長 大阪府知事選 朝日コム

11月27日投開票の大阪府知事選で、民主党府連と自民党府議団が同府池田市の倉田薫市長(63)の擁立を検討していることがわかった。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/1024/OSK201110240059.html

2011年10月23日

◆「政治パワーゲーム」と批判

○ 橋下氏辞意に平松・大阪市長 朝日コム
 
橋下氏と大阪市長選で対決する平松邦夫市長は22日、橋下知事の辞職を受けてコメントを出した。 (詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/1022/OSK201110220033.html

2011年10月21日

◆橋下知事 21日辞職表明

○ NHK関西ニュース

大阪府の橋下徹知事は、21日にも辞職を表明し、来月27日に行われる大阪市長選挙に立候補することにしており、大阪市長選挙と大阪府知事選挙が同日に行われることになります。

大阪府の橋下知事は、代表を務める大阪維新の会の候補者として、来月の大阪市長選挙に立候補する意向を固めていますが、現在、開会中の大阪府議会の審議に影響が出るのを避けるため、みずからの進退について、これまで明言していませんでした。

しかし、21日の府議会の本会議で、ほとんどの議案の採決が行われることから、採決の終了後、府議会の浅田議長に辞職願を提出し、来年2月の任期満了を待たずに今月31日付けで辞職すると表明することにしています。

橋下知事は、前回の大阪府知事選挙で初当選し、3年9か月余りの在任中、府の財政健全化や教育改革に取り組んだほか、地域政党・大阪維新の会を設立して、代表を務め、ことし4月の大阪府議会議員選挙で過半数を獲得するなど、大阪維新の会を躍進させました。
しかし、最大の政治目標に掲げる、大阪府や大阪市を再編して「大阪都」をつくる大阪都構想を前進させるためにも、みずから大阪市長に就きたいとして、任期途中の辞職を決断し、23日市長選挙への立候補を正式に表明することにしています。

橋下知事が辞職することに伴い、来月27日の大阪市長選挙は大阪府知事選挙との同日選挙となります。

◆大阪府知事選、郷原氏に出馬要請

○ 民主 本人は関心示す  朝日コム

11月に見込まれる大阪府知事選で、民主党幹部が16日、弁護士の郷原信郎氏(56)に立候補を要請したことがわかった。郷原氏は朝日新聞の取材に「興味があり、検討している」と語った。民主側は近く、郷原氏と擁立の条件などを最終調整するとみられる。 (詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/1021/OSK201110200203.html

◆堺市長は参加拒否 維新「協議会」に

○   朝日コム

大阪維新の会が大阪都構想を推進するため、11月の知事・大阪市長のダブル選後に知事や大阪、堺両市長らをメンバーに設ける予定の「協議会」について、堺市の竹山修身市長は19日の定例会見で、参加を拒否する考えを示した。(詳細は下記から)
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001110200002