2012年06月29日

◆都構想法案:5党が合意

○ 特別区「人口200万人以上」

大阪市の橋下徹市長が掲げる「大阪都」構想を実現する法案を巡り、民主、自民、公明、みんな、国民新の5党は28日、国会内で与野党実務者協議を行い、人口200万人以上の大都市が東京23区のような「特別区」を設けられるようにする案で大筋合意した。5党が近く新法案を国会に共同提出し、今国会中の成立を目指す。(詳細は下記から)
http://mainichi.jp/select/news/20120629k0000m010078000c.html

2012年06月28日

◆女性皇族は尊称保持

○ 皇室典範改正の柱に 政府方針  産經新聞

皇室典範改正をめぐり、政府は27日、女性皇族が結婚後も「内親王」などの尊称を保持し、公務を継続できるようにすることを改正案の柱に位置付ける方針を固めた。女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」創設には「女系天皇容認につながる」として反対論が強いことから妥協案として浮上した。天皇、皇后両陛下のご負担軽減や、将来にわたる皇室活動の維持発展にもつながるため、政府は年末までに改正案をまとめ、来年の通常国会提出を目指す。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120628/plc12062801370000-n1.htm

2012年06月27日

◆橋下市長「何でもありを許す採決」

○ 野田政権を批判  朝日新聞

消費増税関連法案が26日の衆院本会議で可決されたことについて、大阪市の橋下徹市長は「民主党は政権交代前に、4年間は増税しないとはっきり言った。今回の消費増税が許されるなら選挙前の政策討論とかマニフェストとか、全部いらなくなってしまう。その時の状況で何でもありという政治を許してしまう。そういう採決だ」と記者団に語り、野田政権を批判した。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0626/TKY201206260632.html

◆首相「造反、厳正に」

○ 小沢氏「新党近く決断」  読売オンライン

野田首相は26日、首相官邸で記者会見し、民主党の小沢一郎元代表ら社会保障・税一体改革関連法案の採決で反対票を投じた同党議員の処分について、「輿石幹事長と相談しながら、党内のルールにのっとって、厳正に対応したい」と述べた。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120626-OYT1T01692.htm

2012年06月26日

◆小沢氏、26日に新党判断

○ 首相、賛成を要請  共同ニュース

民主党の小沢一郎元代表は26日、消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案の衆院本会議採決で反対した後、離党と新党結成について判断し態度表明する。(詳細は下記から)
http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012062501001989.html

◆<主張>首相は「処分」で覚悟示せ

○ きょう衆院採決  産經新聞

26日の社会保障・税一体改革関連法案の衆院採決を控え、野田佳彦首相は「国難に立ち向かい、国民に説明していく政治を実現したい」と結束して賛同するよう民主党代議士会で呼びかけた。
法案への反対を表明している小沢一郎元代表ら造反者は、反対と棄権を合わせて70人規模に拡大する可能性もあるという。離党者が54人以上になれば民主党は少数与党に転落し、首相にとって政権運営は極めて難しくなる。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120626/plc12062603060002-n1.htm

2012年06月25日

◆政権、補正予算編成へ 年金の国庫負担

○ 年金財源2.6兆円は別枠交付国債で  朝日新聞

野田政権は24日、年金財源に充てるため赤字国債を増額する補正予算案を編成する方針を固めた。今年度予算では、赤字国債の発行を閣議決定に沿って44兆円台に抑えるため、年金の国庫負担2.6兆円の財源は別枠の交付国債で計上した。自民、公明両党が「粉飾」と批判しており、赤字国債に切り替える。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0625/TKY201206240399.html

◆防衛省、森本体制で安定軌道

○ オスプレイ配備問題で試練も  産經新聞

民間出身の森本敏防衛相(71)が就任してから25日で3週間になる。就任当初は文民統制に関する無理解から、議員でなければ問題があるとの批判もあったが、安全保障に関する「素人」ぶりを露呈し混乱した田中直紀前防衛相時代と違って、省内に安定をもたらしている。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120624/plc12062421300008-n1.htm

◆鳩山元首相「離党は考えてない」

○ 増税への反対表明 朝日新聞 

民主党の鳩山由紀夫元首相は24日、北海道室蘭市で「消費増税はやらないと期待してくれた人たちに顔向けできない行動はしたくない。棄権は国民に自分自身を正直に伝える判断ではない」と述べ、消費増税関連法案の採決で反対票を投じる考えを表明した。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0624/TKY201206240189.html

2012年06月24日

◆<主張> 「安全保障」明記は当然だ

○ 原子力基本法   産經新聞

20日に成立した原子力規制委員会設置法の「付則」に記された、原子力基本法の一部改正が問題になっている。原子力基本法の基本方針を定めた第2条を改正し、「我が国の安全保障に資することを目的として」と明記した第2項が加えられたためだ。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120624/plc12062403110004-n1.htm