2012年06月24日

◆<主張> 「安全保障」明記は当然だ

○ 原子力基本法   産經新聞

20日に成立した原子力規制委員会設置法の「付則」に記された、原子力基本法の一部改正が問題になっている。原子力基本法の基本方針を定めた第2条を改正し、「我が国の安全保障に資することを目的として」と明記した第2項が加えられたためだ。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120624/plc12062403110004-n1.htm

◆維新塾900人入塾式 石原知事講演

○   読売オンライン

地域政党・大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)は23日、「維新政治塾」の塾生約900人の入塾式を大阪市内で開いた。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120623-OYT1T00373.htm

◆大阪都法案歩み寄り 与野党一本化へ

○ 自公妥協案   朝日新聞
 
大阪市の橋下徹市長が掲げる「大阪都構想」を後押しする法案で、与野党が一本化のための具体策づくりに乗り出した。自民・公明両党が民主党に譲歩し、国の関与を強めて特例法にする妥協案を提示。週明けの次回協議で合意に向かう可能性もある。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0623/TKY201206220720.html

2012年06月21日

◆一体改革法案、22日にも採決

○ 民主分裂状態  読売オンライン

民主、自民、公明3党は20日夜、社会保障・税一体改革関連法案のうち、修正合意を反映した社会保障制度改革推進法案と認定こども園法改正案を衆院に共同提出した。
一体改革関連法案は22日にも衆院を通過する見通しとなった。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120620-OYT1T01551.htm

2012年06月19日

◆衆院比例定数40削減、民主

○ 単独で法案提出   読売オンライン

衆院選挙制度改革を巡る与野党の幹事長・書記局長会談が18日、国会内で開かれた。
比例定数40削減などを盛り込んだ民主党の輿石幹事長の提案を協議したが、各党の見解は一致しなかった。これを受け、民主党は18日夕、輿石氏の案に沿った公職選挙法などの改正案を衆院に単独で提出した。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120618-OYT1T01039.htm

◆みんなの党全員を塾生に選抜

○ 大阪維新の会「政治的配慮」で  産經新聞
 
橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は18日、同会の政治塾に参加しているみんなの党関係者について「政治的配慮で塾生として残した」と述べ、23日に再開する2期目の政治塾の塾生に選抜したと明らかにした。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120618/osk12061814580007-n1.htm

2012年06月18日

◆維新八策 来月上旬に骨子

○  NHK関西ニュース

大阪市の橋下市長が率いる大阪維新の会は、次の衆議院選挙に向けた政権公約「維新八策」について、社会保障政策などの議論を深めた上で、政治塾の第2期の講義が始まる来月上旬をメドに骨子をまとめる方針を決めました。

大阪維新の会は、およそ900人の塾生による「維新政治塾」の第2期の入塾式を今月23日に行い、次の衆議院選挙に向けて候補者の養成を本格化させることにしています。

これを前に、大阪維新の会は、17日所属議員による会合を開き、橋下市長は「大阪府政と市政の改革を進めながら、最終的には関西や日本全体の有権者を念頭に置いて取り組んでいきたい」とあいさつしました。

そして、次の衆議院選挙に向けた政権公約「維新八策」について、年金や生活保護などの社会保障制度や外交・安全保障などの政策テーマの議論を深めた上で、第2期の講義が始まる来月上旬をメドに骨子をまとめる方針を決めました。

また会合では現在は、会の公認や推薦をうけて選挙で当選した議員や自治体の長らに限られている大阪維新の会の会員資格について、次の衆議院選挙も見据えて、ほかの政党の党籍がなく10人以上の会員の推薦があれば、会員として認める内容に改正することも決めました。

◆衆院選・比例近畿「維新に投票」首位

○ 読売調査   読売オンライン

読売新聞社は、大阪市の橋下徹市長が19日に就任半年を迎えるのを前に、15〜17日にかけて近畿2府4県を対象に世論調査を実施した。次期衆院選の比例近畿ブロックの投票先を聞いたところ、大阪維新の会(代表・橋下市長)を挙げた人が24%で、自民20%、民主9%を抑えて、3月の前回調査と同様にトップだった。また、関西電力大飯原子力発電所(福井県おおい町)を運転再開する政府の方針には、「賛成」が49%で、「反対」41%を上回った。(詳細は下記から)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120617-OYT1T00739.htm

2012年06月17日

◆<主張> 安定供給で国民生活守れ

○ 大飯原発再稼働 電力正常化の努力なお必要  産經新聞

野田佳彦首相が関西電力の大飯原発3、4号機の再稼働を正式に決めた。東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故で、国内の全原発が停止した異常事態にようやく終止符が打たれる。(詳細は下記から)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120617/plc12061703070002-n1.htm


2012年06月16日

◆消費増税、民自公が合意 実務者協議で

○  朝日新聞

消費増税関連法案をめぐる民主、自民、公明3党の実務者協議は15日、政府提出の消費増税法案と自民党の社会保障制度改革基本法案の修正で合意した。(詳細は下記から)
http://www.asahi.com/politics/update/0615/TKY201206150677.html