2015年11月06日

◆因縁の超高層咲洲庁舎 バトル

〜栗原氏「職員の移動無駄」/松井氏「エリア司令塔で活用」〜 

(2015.11.6 07:49更新   産經新聞)

 5日告示された大阪府知事選(22日投開票)は、大阪市住之江区の超高層ビルに入る府の第2庁舎「咲洲(さきしま)庁舎」が争点の一つとなっている。このビルは橋下徹大阪市長が知事時代に庁舎移転を目指して購入し、大阪維新誕生のきっかけとなった背景がある。

全面撤退を主張する新人の栗原貴子氏(53)=無所属、自民党推薦=は初日から庁舎前で街頭演説し、「二重庁舎の無駄」と指摘。これに対し現職の松井一郎氏(51)=大阪維新の会公認=は「しっかり使っていく」と譲らない。撤退するのか、維持するのか。両陣営とも一歩も引かない構えだ。

■もとは大阪市3セク破綻1200億円ビル…橋下時代85億円で購入
 「なぜ無駄遣いをしながら、皆さんがこんな辺鄙(へんぴ)なところで仕事をしなければいけないのか。私と一緒に大手前に帰りましょう」

 5日午後、湾岸部にある咲洲庁舎前でマイクを握った栗原氏は庁舎内の職員らに呼びかけ、咲洲庁舎からの撤退と本庁舎(同市中央区大手前)への機能集約を約束した。

咲洲庁舎が入るビルは旧「大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)」(55階建て、高さ256メートル)。平成7(1995)年、大阪市の第三セクターが約1200億円かけて人工島の咲洲に建設したが、テナント収入が伸び悩んで破綻。これに目を付けた知事就任直後の橋下氏が府庁全面移転を表明し、府が22年6月に約85億円で購入した。

 府議会の反対もあり、最終的に移転は一部部局にとどまったが、この過程で移転賛成派の府議だった松井氏が自民府議団を割って出て、新会派「自民党・維新の会」を結成。大阪維新の誕生につながった。

 現在は本庁舎の約3千人に対し、咲洲庁舎では約2千人が働くが、シャトルバスや地下鉄で約11キロ離れた本庁舎との間を移動する職員は年間延べ3万5千人に上る。東日本大震災ではビルの壁などが損傷。府は南海トラフ巨大地震で津波警報が発令された際には、咲洲庁舎に職員を非常参集させない計画を策定した。

 栗原氏は職員の移動時間などは「無駄の最たるもの」として、「二重行政を解消するのなら、二重庁舎問題をまず解決すべきだ」と松井氏を批判。ビルの活用は民間に委託し、専門学校を集積するなどして、咲洲地区を活性化させるべきだと主張する。

 一方、松井氏は、「多額の税金を投資したものはしっかり使っていく」と庁舎を維持する考えだ。

咲洲庁舎に入る部局が主導し、経済産業省所管の独立行政法人「製品評価技術基盤機構」のバッテリー研究施設を誘致したとの実績を強調。今後も企業や隣接する夢洲(ゆめしま)への統合型リゾート(IR)の誘致に取り組んだり、災害後の復興の拠点にしたりするなど、「ベイエリアの司令塔として活用していく」と訴えている。
 知事選にはほかに、元府立高校教諭の新人、美馬幸則氏(65)=無所属=も立候補している。

◆松野氏「まったく白紙」

〜維新代表選立候補ゼロ〜

(2015年11月06日 08時52分  読売新聞)

 維新の党の松野代表は5日の記者会見で、12月6日投開票の党代表選への対応について、「まったく白紙だ」と述べた。

 新党「おおさか維新の会」を結成した橋下徹大阪市長は、維新の党を「ニセモノ」呼ばわりしており、同党としては代表選の実施で正統性をアピールしたい考えだが、立候補者が現れないまま、代表選まで1か月となった。

 松野氏は分裂騒動の当初、橋下氏らとの和解を模索したが、大阪系国会議員を提訴する事態となり、対立は長期化の様相を呈している。松野氏は周辺に「橋下氏との対立が続くなら代表はできない」と漏らすなど、分裂騒動に嫌気がさしているとみられる。

 代表選を巡り、党内には江田憲司前代表を推す声もあるが、江田氏は4日、自らが代表を務めた旧結いの党の出身議員との会合などで、代表選への出馬を固辞する考えを示したという。

◆大阪府知事選告示 3人立候補

(11月05日 11時36分   NHK関西ニュース)

11月22日に投票が行われる大阪ダブル選挙のうち大阪府知事選挙が5日告示され、現職と新人のあわせて3人が立候補しました。

選挙戦では、いわゆる「大阪都構想」が住民投票で否決されたあとの大阪府と大阪市のあり方や、経済政策などが争点となる見通しです。

任期満了に伴う大阪府知事選挙に立候補したのは、届け出順に▼無所属で自民党が推薦する、新人の元大阪府議会議員、栗原貴子氏(53)▼地域政党、大阪維新の会の現職で、2期目を目指す松井一郎氏(51)▼無所属で新人の元高校教諭、美馬幸則氏(65)の3人です。

候補者は立候補を届け出たあと、それぞれ支持を訴えました。

栗原氏は「まっとうな大阪府を取り戻すためには仕組みではなく中身を変えることだ。まじめに頑張っている中小企業を元気にし、企業、法人に大阪へ帰っていただく。
東西二極の一極を担う大大阪をつくりたい」と訴えました。

松井氏は「東京一極では日本はだめだ。必ず二極と呼ばれる大阪をつくり上げることができると思っている。スピード感をもって改革していくのが大阪の政治家の使命だ。改革をあと4年続けていきたい」と訴えました。

美馬氏は「困っている人がいっぱいいるのに、助けられていない。
格差是正に取り組み、教育では、大学に行きたいという人はどんどんいけるようにしていきたい」と訴えました。

今回の選挙で、現職の松井氏は、地域政党、大阪維新の会の公認を受けています。

新人の栗原氏は、自民党の推薦のほか、民主党と共産党の支援を受けています。

新人の美馬氏は、政党の支援を受けずに挑みます。

大阪では、ことし5月に、大阪維新の会が実現を目指している、いわゆる「都構想」が、住民投票で否決されました。

その後、自民党の提案で広域的な行政課題を話し合う「大阪戦略調整会議」が設置されましたが、運営方法などをめぐって大阪維新の会と自民党などが対立し、議論は進んでいません。

こうした中、選挙戦では、いわゆる「都構想」が住民投票で否決されたあとの大阪府と大阪市のあり方、大阪の経済の活性化、高齢者に対する福祉政策、子育て支援策などが争点となる見通しです。

大阪府知事選挙は、今月8日に告示される大阪市長選挙とともに今月22日に投票が行われ、即日開票されます。

◆14機関は原則地方移転せず

〜東京圏以外の国施設〜

<2015/11/06 02:00 【共同通信】>

 政府は5日、中央省庁や国の研究機関の地方移転で、42道府県が誘致を提案した69機関のうち、東京圏以外にある防災科学技術研究所(茨城県つくば市)など14機関の施設を原則として移転の対象外とする方針を固めた。6日の有識者会議を踏まえ、道府県にこうした考え方を伝える。

 提案を募集する段階では全国の機関を移転対象としていたが、地方移転の目的である東京一極集中の是正の効果がないことや、地元自治体の反発が強いことに配慮した。

 ただ、政府が道府県側の説明により移転のメリットがあると判断した一部の機関については可否に関する検討を続ける方向だ。

◆「京都維新の会」設立も

〜政治団体届出に府選管が「待った!!」 分裂の余波?「まさか受理されないとは…」〜

(2015.11.5 19:38更新   産經新聞)

 維新の党京都府総支部に所属するメンバーは5日、橋下徹大阪市長が代表を務める新党「おおさか維新の会」に同調する地域政党「京都維新の会」を設立した。

 新党結党後、正式に発足した初の地方組織で、代表は党府総支部の田坂幾太代表。田坂氏は記者会見で「有権者の期待に応えることができるよう頑張りたい」と語った。ただ、維新分裂の余波もあってか、政治団体としての届け出はこの日は選管に受理されなかった。

 京都維新の会は、党府総支部に所属する京都府内の地方議員9人全員が参加。今後、おおさか維新との連携を模索するという。ただ、「おおさか維新の下部組織として活動することに抵抗感を示すメンバーもいる」として、今回はおおさか維新の支部ではなく独立組織と位置づけるという。

 ところが、この日、府選管に政治団体の届け出作業を行ったところ、京都府選管は「総務省の判断を待つ」として、届け出は受理されなかった。

 分裂騒動などによって、「維新」を名乗る複数の政党が存在していることもあり、総務省が「維新」の名称がある政治団体としての届け出については各選管ではなく同省が判断すると、指示を出しているためだという。新党発足時には通常行われる措置だというが、京都維新の会の関係者は「まさか受理されないとは思ってもいなかった」と話していた。



◆記憶遺産登録に透明性を

〜ユネスコで文科相演説〜

(2015年11月06日 01時25分  読売新聞)

 【パリ=福田麻衣】馳文部科学相は5日午後(日本時間6日未明)、パリの国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)本部の総会で演説し、ユネスコの世界記憶遺産に中国が申請した「南京大虐殺の文書」が登録されたことを踏まえ、記憶遺産事業の「ガバナンス(統治)や透明性の向上を含む改善」を求めた。

 文科相のユネスコ総会への出席は10年ぶり。

 馳氏は演説で、ユネスコの遺産保護の取り組みについて、「加盟国間の相互理解と連帯を一層強化するものでなければならない」とも指摘した。

2015年11月05日

◆大阪府知事選、維新政治の是非が争点

◆現新3氏の争い

<2015/11/05 20:01 【共同通信】>

 大阪府知事選が5日告示され、自民党が推薦し民主、共産両党の地元組織が支援する無所属新人の元府議栗原貴子氏(53)と、政治団体・大阪維新の会の現職で再選を目指す松井一郎氏(51)、無所属新人の元府立高教諭美馬幸則氏(65)の3人が届け出た。8日告示の大阪市長選とのダブル選がスタート、ともに22日に投開票される。

 4年前のダブル選で初当選した松井氏と代表の橋下徹大阪市長が進めてきた「大阪維新政治」への評価や、5月の住民投票で否決された「大阪都構想」への再挑戦の是非が主な争点。結果は橋下氏らが結成した国政政党「おおさか維新の会」の消長にも直結するとみられる

◆大阪経済どう立て直す 

〜大阪維新と自民火花〜

(2015年11月5日  大坂日日新聞)

 22日投開票の大阪府知事・大阪市長選挙の告示が迫る4日、関西同友会主催の政策討論会が大阪市内のホテルで行われ、両選挙に出馬予定の大阪維新の会が擁立する2氏と自民党が推薦する2氏が舌戦を繰り広げた。経済の地盤沈下が進む大阪をどう立て直すのか−。その実行手段や、都構想が再浮上していることへの是非も含めて火花を散らせた。

 市長選の討論会では、東京一極集中の是正について、元衆院議員で大阪維新の吉村洋文氏(40)は「副首都化」を、元市議で自民の柳本顕氏(41)は「首都機能移転」を主張した。

 中央官庁の誘致やリニア新幹線の大阪同時開業など政策の方向性に大きな違いはなかったが、吉村氏は「府市が(成長戦略を)バラバラでやってきたのが、大阪の力を阻害してきた一因」とし、「府市一体」の重要性を強調した。

 対する柳本氏は「府市にこだわり過ぎて周辺自治体との連携ができていない」と指摘。堺市や神戸市、京都市の周辺政令市との連携を重視するとして「関西の中での役割を見い出す」とした。

 交通インフラ面では、吉村氏が関西国際空港と新大阪を約40分でつなぐなにわ筋線に優先的に取り組むと明言。柳本氏は、都市部の渋滞緩和策としてパークアンドライドを導入し、都市の回遊性を高めるとした。

 5月の住民投票で否決された大阪都構想については、吉村氏が「課題は解決されていない。住民や議会の意見を聞いて計画を修正するチャンスをいただきたいと、お願いする立場だ」。柳本氏は「市がなくなることが前提では、創造的な改革はできない。終止符を打つべき」と主張した。

 夜の知事選立候補予定者の討論会でも、大阪維新幹事長で現職の松井一郎氏(51)と、無所属で臨む自民党府議団政調会長の栗原貴子氏(53)=自民推薦=が、重要課題をめぐり論戦を交わした。

 知事選には、そのほか元府立高教諭の美馬幸則氏(65)、市長選には元大阪市北区長の中川暢三氏(59)、テーマパークアルバイトの高尾英尚氏(33)が出馬を予定している。

 討論会は、市長選の立候補予定者が午前10時から、知事選の立候補予定者が午後7時から行い、同友会の会員企業からそれぞれ約200人が出席した。

◆大阪府知事選 舌戦火ぶた

〜「維新政治に終止符」「過去に戻すか前進か」〜

(2015.11.5 12:41更新   産經新聞)

 大阪の未来を占う「ダブル選」のうち、大阪府知事選が5日、決戦の火ぶたを切った。8日に告示を控える大阪市長選とともに橋下徹・大阪市長率いる「維新」対、自民を中心とした「非維新」を軸に争う構図となる中、市長選の立候補予定者もそれぞれのパートナーとなる知事候補の応援に駆けつけ、タッグを組んだ。維新政治の継続か、否か−も争点に、「大阪秋の陣」がスタートした。

「大阪市は西日本の経済のエンジン」

 栗原貴子氏(53)の陣営は午前9時から、大阪市北区の事務所前で出陣式。大阪市長選に自民党推薦で立候補する柳本顕元市議のほか、自民の国会議員や他党の関係者らも顔をそろえ、「維新政治とさよならをしよう」と呼び掛け、「反維新」の旗幟(きし)を鮮明にした。

 「人生2度目のプロポーズをしたい」。街宣車の上でマイクを握った柳本氏は隣の栗原氏に向かって「(ダブル選投開票日の)11月22日、いい夫婦になりましょう」と呼びかけた。

 栗原氏は日ごろから、柳本氏を「しっかり者のお父ちゃん」、自身を「大阪の肝っ玉母ちゃん」と表現。「大阪市は西日本の経済のエンジン。絶対につぶしてはいけない」と大阪都構想に反対し、「柳本さんに大阪市長としてしっかり稼いでもらい、自分がそれをうまくやりくりする」と両選挙での勝利を期している。

 第一声でも「制度論には終止符を打たなければいけない」と主張。柳本氏も、5月17日の都構想の住民投票で反対多数となったことに触れ、「またぞろ都構想という話をすることこそ、過去に戻すことではないか」と、都構想の新たな設計図作りを掲げる大阪維新を批判した。

 出陣式には、自民の地元国会議員が勢ぞろいした。森山裕農林水産相=鹿児島5区=も応援に駆けつけ、「大阪が元気にならなければ西日本が元気になれない。大阪府民、市民だけの選挙ではない」とダブル選の意義を強調。安倍晋三首相からの祝電も披露され、挙党態勢をアピールした。

栗原氏支援を決めた民主府連の樽床伸二幹事長や業界団体の関係者も参加し、「非維新」勢力がそろい踏み。大阪府医師会の伯井俊明会長は「もう維新政治はうんざりだ。退場してもらおう」と呼びかけた。

「自民から共産まで、維新を追い出して元に戻そうと」

 現職で大阪維新の会幹事長の松井一郎氏(51)は、午前9時45分から南海難波駅前(同市中央区)で選挙戦をスタートさせた。引退を表明している大阪維新代表の橋下徹大阪市長や、橋下氏の後継として市長選に立候補予定の元衆院議員、吉村洋文氏(40)とともに支持を呼びかけた。

 「過去に戻すのか、前に進めるのか。自民党や共産党の暗黒の政治に戻すのか」

 橋下氏は、自らが知事に就任した8年前に府庁や市役所で天下りや公務員の厚遇問題などがあったことを引き合いに出し、有権者に選択を迫った。

 約25分間の演説では、「自民党から共産党まで」と何度も繰り返し、対立陣営を“過去”になぞらえ、栗原貴子氏(53)と柳本顕氏(41)が、維新が提案した行財政改革議案に反対してきたことを強調。特に柳本氏については、「柳本家は70年政治をやってるというが、(地下鉄)トイレ一つ綺麗にできない」と批判を展開した。

 先にマイクを握った松井氏も「自民から共産まで、橋下と松井、維新を追い出して元に戻そうと彼らはがっちり手を組んでいる」と指摘した。

 一方で、橋下氏は5月の住民投票で反対多数となった大阪都構想にも言及。反対した有権者の多くが自民党の提案した大阪戦略調整会議(大阪会議)に期待したものの、機能不全に陥っていると訴えた。

 4年前のダブル選では橋下氏が知事から市長選へ、松井氏が府議から知事選へくら替え立候補し、橋下氏は後継の松井氏のためにつきっきりで選挙運動を展開した。

 この日も、松井氏の地元の八尾市以外は、3人揃って主要ターミナル駅前で街頭演説を行う予定だ。


◆和泉市 庁舎の住民投票告示

◆和泉市 庁舎の住民投票告示
(11月05日 09時20分    NHK関西ニュース)

大阪・和泉市で、老朽化した市の庁舎を現在の場所で建て替えるか、移転するかを問う住民投票が5日告示されました。

大阪・和泉市は老朽化した市の庁舎について、現在の場所で建て替えるか、泉北高速鉄道和泉中央駅の近くに移転するか検討を進めてきました。

市が、ことし9月、現在の場所で建て替える方針を示したのに対し、市議会議員から市民の意思を確認すべきだとして議会に住民投票条例案が提出され成立しました。

5日告示された住民投票で、投票の資格を持つのは20歳以上の和泉市民14万6000人あまりで、2つの候補地のうちどちらに賛成するかを選びます。

投票結果に法的な拘束力はありませんが、条例では「市議会と市長は結果を尊重しなければならない」としています。

和泉市の辻宏康市長は、移転に賛成する人が3分の2を超えた場合には移転、3分の2以下の場合には現在の場所で建て替えるという考えを示しています。

投票は、大阪府知事選挙と大阪市長選挙と同じ今月22日に行われ、即日開票されます。