2016年03月15日

◆日中、北への制裁厳格履行で一致

〜外相電話会談〜

(2016年03月14日 22時31分  読売新聞)

 岸田外相は14日、中国の王毅ワンイー外相と電話で約45分間会談し、国連安全保障理事会で採択された北朝鮮に対する制裁決議について、厳格な履行に向け、緊密に連携することで一致した。

 今年1月の北朝鮮による核実験以降、両外相が会談するのは初めて。

 両外相は日中関係に関し、「今年は大切な1年」と位置づけ、首脳会談を含む2国間外交を協力して進めていくことを確認した。岸田氏は会談で、「日中関係を進める上で、双方の建設的な努力が重要だ」と述べ、今春にも訪中する意向を伝えた。日程などを含め、今後調整を進めていく。

 日本側は北朝鮮の核実験とミサイル発射を踏まえ、電話会談を再三呼びかけていたが、中国側が応じず、実現していなかった。

◆世論調査―質問と回答〈3月12・13日実施〉

(2016年3月15日01時39分  朝日新聞)

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は、2月13、14日の調査結果)

首相の改憲発言「評価する」38% 朝日世論調査

◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。

 支持する44(40)

 支持しない35(38)

◇それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一。左は「支持する」44%、右は「支持しない」35%の理由)

 首相が安倍さん  12〈5〉 7〈3〉

 自民党中心の内閣26〈11〉 17〈6〉

 政策の面35〈15〉 66〈23〉

 なんとなく22〈10〉 7〈3〉

◇(「支持する」と答えた44%の人に)これからも安倍内閣への支持を続けると思いますか。安倍内閣への支持を続けるとは限らないと思いますか。

 これからも安倍内閣への支持を続ける48〈21〉

 安倍内閣への支持を続けるとは限らない47〈21〉

◇(「支持しない」と答えた35%の人に)これからも安倍内閣を支持しないと思いますか。安倍内閣を支持するかもしれないと思いますか。

 これからも安倍内閣を支持しない

63〈22〉

 安倍内閣を支持するかもしれない

33〈12〉

◆今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。

 自民40(34)▽民主7(8)▽公明3(3)▽共産3(3)▽維新の党0(1)▽おおさか維新の会1(2)▽改革結集0(0)▽社民1(1)▽生活0(0)▽日本の心0(0)▽元気0(0)▽新党改革0(0)▽その他の政党0(0)▽支持政党なし36(39)▽答えない・分からない9(9)

◆今年の夏に、参議院選挙があります。仮にいま投票するとしたら、比例区ではどの政党、またはどの政党の候補者に投票したいと思いますか。(択一)

 自民43(37)▽民主13(16)▽公明4(5)▽共産6(7)▽維新の党2(2)▽おおさか維新の会5(6)▽改革結集0(0)▽社民1(1)▽生活1(1)▽日本の心1(0)▽元気0(0)▽新党改革0(0)▽その他の政党2(1)▽答えない・分からない22(24)

◆民主党と維新の党が合流することで合意しました。合流した後の新しい政党に期待しますか。期待しませんか。

 期待する31

 期待しない57

◆夏の参議院選挙で、野党は、自民党と公明党に対抗するために、野党同士で協力して、統一候補を立てるほうがよいと思いますか。そうは思いませんか。

 統一候補を立てるほうがよい47

 そうは思わない32

◇(「統一候補を立てるほうがよい」と答えた47%の人に)野党協力の枠組みに、共産党も入ったほうがよいと思いますか。入らないほうがよいと思いますか。

 入ったほうがよい46〈21〉

 入らないほうがよい44〈21〉

◆安倍政権になってから、景気が回復したという実感がありますか。ありませんか。

 実感がある17

 実感がない76

◆安倍首相の経済政策が、賃金や雇用が増えることに結びついていると思いますか。そうは思いませんか。

 賃金や雇用が増えることに結びついている24

 そうは思わない62

◆安倍首相の子育て支援政策に期待できると思いますか。期待できないと思いますか。

 期待できる26

 期待できない58

◆安倍首相は、憲法改正について、「私の在任中に成し遂げたい」と述べました。安倍首相の憲法改正への姿勢を評価しますか。評価しませんか。

 評価する38

 評価しない49

◆沖縄県のアメリカ軍普天間飛行場の移設計画をめぐる問題について、うかがいます。安倍政権は、沖縄県との裁判で、裁判所が提案した和解案を受け入れ、移設先の埋め立て工事をいったん中断すると発表しました。安倍政権のこの対応を評価しますか。評価しませんか。

 評価する54

 評価しない29

◆東日本大震災の復興に対する、安倍政権の取り組みを評価しますか。評価しませんか。

 評価する40

 評価しない43

◆安倍首相の原発政策に、福島第一原発事故の教訓が生かされていると思いますか。生かされていないと思いますか。

 生かされている23

 生かされていない60

     ◇

〈調査方法〉 12、13の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に調査員が電話をかける「朝日RDD」方式で、全国の有権者を対象に調査した(福島県の一部を除く)。世帯用と判明した番号は3893件、有効回答は1882人。回答率48%。

2016年03月14日

◆安倍内閣 「支持する」46%

〜「支持しない」37%〜

(3月14日 19時00分   NHKニュース)

NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月より4ポイント下がって46%、「支持しない」と答えた人は、3ポイント上がって37%でした。

NHKは、今月11日から3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは、1575人で、66%にあたる1036人から回答を得ました。

それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月より4ポイント下がって46%でした。一方、「支持しない」と答えた人は、3ポイント上がって37%でした。支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が40%、「実行力があるから」が20%、「支持する政党の内閣だから」が13%だったのに対し、支持しない理由では、「政策に期待が持てないから」が42%、「人柄が信頼できないから」が18%、「実行力がないから」が10%となっています。

安倍内閣の経済政策について尋ねたところ、「大いに評価する」が5%、「ある程度評価する」が43%、「あまり評価しない」が35%、「まったく評価しない」が11%でした。

憲法改正を巡り、安倍総理大臣は「私の在任中になしとげたい」と述べ、自分が総理大臣を務めている間の憲法改正を目指す考えを示しましたが、この発言を評価するかどうか聞いたところ、「大いに評価する」が9%、「ある程度評価する」が31%、「あまり評価しない」が31%、「まったく評価しない」が23%でした。

消費税の税率を、予定どおり来年4月に10%に引き上げることへの賛否を尋ねたところ、「賛成」が22%、「反対」が45%、「どちらともいえない」が29%でした。

東日本大震災からの復興に関する安倍内閣の対応を評価するかどうか聞いたところ、「大いに評価する」が4%、「ある程度評価する」が42%、「あまり評価しない」が35%、「まったく評価しない」が12%でした。

安倍内閣が、子育て支援に関する政策に、十分に取り組んでいると思うか尋ねたところ、「十分に取り組んでいる」が9%、「十分に取り組んでいない」が47%、「どちらともいえない」が35%でした。

民主党と維新の党が合流して結成する予定の新しい政党に期待するかどうか聞いたところ、「大いに期待する」が4%、「ある程度期待する」が21%、「あまり期待しない」が40%、「まったく期待しない」が29%でした。

◆京都3区補選 森氏が会見

(03月14日 19時20分   NHK関西ニュース)

来月行われる衆議院京都3区の補欠選挙に、おおさか維新の会の新人の森夏枝氏が立候補することを表明しました。

森氏は14日、京都市内で記者会見し「国会議員の定数削減や議員報酬のカットなど身を切る改革を訴えて日本の未来のために少しでも力になりたい。約束したことを必ずやってきたのがおおさか維新の会であり、今回の補欠選挙を勝ち抜いて、この夏の参議院選挙にも弾みをつけたい」と述べ、来月行われる衆議院京都3区の補欠選挙に、おおさか維新の会の公認で立候補することを表明しました。
森氏は愛媛県西条市出身の34歳。
おととしの衆議院選挙で愛媛4区から立候補し、その後おおさか維新の会の党本部の職員として勤務していました。

◆京都3区補選 田淵氏が会見
来月行われる衆議院京都3区の補欠選挙に、新人の田淵正文氏が無所属で立候補することを表明しました。
田淵氏は14日、京都市内で記者会見し「医師として、科学に基づいた最新のがん予防策を実施し、がんで苦しむ人を減らしたい。日本経済が悪化している中での消費税率の10%への引き上げは延期し、リニア新幹線や北陸新幹線を京都に誘致して交通の便をよくしたい」と述べ来月行われる衆議院京都3区の補欠選挙に無所属で立候補することを表明しました。
田淵氏は岡山市出身の57歳。
消化器内科の医師で、東京都内で病院を経営するとともに、先月から大学で特任教授を務めています。

◆京都3区補選 共産は自主投票
来月行われる衆議院京都3区の補欠選挙に、共産党は候補者を擁立せず、自主投票とすることを決めました。

共産党京都府委員会の渡辺和俊委員長は、京都市内で記者会見し、「野党が国政選挙などでできる限りの協力を行うという合意を尊重した」と述べ、来月行われる衆議院京都3区の補欠選挙に共産党は候補者を擁立せず、自主投票と決めたことを明らかにしました。
また渡辺氏は、民主党への選挙協力ではなく自主投票としたことについては「民主党が共産党からの協力を拒否する姿勢を示したためだ」と述べました。

◆衆議院京都3区の補欠選挙では、このほかに民主党が現職の泉健太氏の擁立を決めています。
日本のこころを大切にする党は、新人で派遣社員の小野由紀子氏を擁立することにしています。
幸福実現党は候補者を擁立する方針です。
衆議院京都3区の補欠選挙は、来月12日告示、24日投票の日程で行われます。

◆鈴木衆院議員が自民候補支援明言

〜4月の北海道5区補選〜

<2016/3/14 19:18  共同通信>

 民主党から除籍(除名)処分となった鈴木貴子衆院議員(比例北海道)は14日、4月の衆院北海道5区補欠選挙で、自民党公認の和田義明氏(44)を支援する方針を明言した。共同通信の取材に答えた。鈴木氏が代表代理を務める北海道の政治団体「新党大地」は既に和田氏の推薦を決めているが、鈴木氏が自らの5区補選の対応を言及したのは初めて。

 鈴木氏は「新党大地(のみの所属)に戻るので、代表代理として結果を出すべく頑張りたい」と述べた。鈴木氏は15日に札幌市で開かれる和田氏の決起集会にも出席する予定。

◆民主・維新の新党名は「民進党」

〜27日に党大会〜

(2016年3月14日15時12分  朝日新聞)

 民主党と維新の党は14日、合流に伴う新しい党名を「民進党」に決めた。「民主」の文字を残さず刷新イメージを強めて、「国民とともに進む党」を目指そうと維新が提案。民間に委託した世論調査で、民主が提案していた「立憲民主党」より支持が上回ったという。今後、それぞれで党内手続きに入り、27日に党大会を開いて新しい党名で再出発する。

◆首相「改憲を公約に」 

〜参院選3分の2目標も改めて表明〜

(2016年3月14日12時29分   朝日新聞)

 安倍晋三首相は14日午前の参院予算委員会で、憲法改正について「必要な改正は行うべきものと考えている」と答弁し、強い意欲を改めて示した。「今後とも公約に掲げて訴えていく」とも述べ、夏の参院選で自民党の公約に掲げる方針も示した。

 首相はさらに、衆参各院の3分の2以上の賛成による発議に向け、「与党のみならず多くの党・会派の支持をいただかなければならない」と答弁。参院選で、与党と一部野党の改憲勢力による「3分の2」の議席確保を目指す考えも改めて表明した。

 首相はその上で「決めるのは国民だ。新しい時代にふさわしい憲法のあり方について、国民的な議論と理解が深まるよう努めていきたい」とも述べた。最終的に国民投票で過半数の賛成を得て、改憲の実現を目指す考えを示した。

2016年03月13日

◆米共和党 首都ワシントンなどで候補者選び

(3月13日 6時23分   NHKニュース)

アメリカ大統領選挙に向けた野党・共和党の候補者選びが、首都ワシントンと西部ワイオミング州で行われ、トップに立つ不動産王のトランプ氏がリードを広げるのか注目されます。

ことし11月のアメリカ大統領選挙に向けた野党・共和党の候補者選びが、12日、首都ワシントンと西部ワイオミング州で行われ、一部で集計作業が始まっています。

ワシントンでは12日午前から投票が始まり、午後4時(日本時間の13日午前6時)に締め切られました。

ホテルに設けられた投票所では有権者が長い列を作って一票を投じていました。政治団体に所属する男性は「トランプ氏に投票しました。アメリカを再び偉大な国にしてほしい」と話していました。会社経営者の女性は「ルビオ氏に投票しました。民主党の候補者に勝てるのはルビオ氏だけだと思います」と話していました。

また、前日の11日、シカゴで予定されていた不動産王のトランプ氏の集会が、トランプ氏を批判する人たちと支持者たちの対立で混乱し、急きょ中止されましたが、ワシントンでは、「トランプは落選しろ」などと書かれたプラカードを掲げた有権者の姿が見られたものの、大きな混乱は起きていません。

共和党の候補者選びは、これまで予備選挙や党員集会が行われた23の州のうち、トランプ氏が15の州で、保守強硬派のクルーズ上院議員が7つの州で、若手のホープとされるルビオ上院議員が1つの州で勝利しています。

今月15日には、重要州の南部フロリダ州や中西部オハイオ州など5つの州で予備選挙が行われ、「ミニ・スーパーチューズデー」とも呼ばれる次のヤマ場を迎えます。

15日に向けて、トランプ氏がさらにリードを広げるのか注目されます。

2016年03月12日

◆首相、参院選「自民・公明と民主・共産の対決」

(2016年3月12日18時14分   朝日新聞)

 安倍晋三首相は12日、自民党本部であった全国幹事長会議で「夏の参院選は自公対民共の対決になる」と述べ、民主と共産の選挙協力に強い警戒感を示した。

 首相は「民主党は共産党と手を結び、平和安全(安保)法制を廃止する法律を通そうとしている。せっかく強化された(日米)同盟のきずなは、大きく損なわれてしまう」と強調。「共産党の究極的な目標は自衛隊解散、日米安保条約の廃棄だ。この共産党と手を結んで選挙を戦う民主党、民共勢力に決して負けるわけにはいかない」と述べた。(河合達郎)

◆米 支持者と抗議活動家が衝突

〜トランプ氏集会延期〜

(2016年03月12日 11時34分   読売新聞)

 【ワシントン=尾関航也】米中西部シカゴで11日、米大統領選の共和党指名候補争いで首位を走る不動産王ドナルド・トランプ氏の集会に集まった支持者と、多数の抗議活動家が衝突し、会場は大混乱に陥った。

 トランプ陣営は「会場と周辺に集まった数万人の安全のため」として集会の延期を発表した。

 米CNNによると、会場となった約1万人収容の多目的競技場の周辺に数千人の抗議活動家が集結。会場内にも多数が入り、トランプ氏を批判するプラカードを掲げたり、スローガンを叫んだりした。集会延期が決まった後はテレビカメラが中継する中、会場内の各所でつかみ合いやどなり合いが繰り広げられた。

 トランプ氏の集会では抗議活動家への暴力沙汰が相次ぎ、トランプ氏自身も「ぶん殴ってやれ」とたきつけるような発言をして批判が集まっていた。11日の混乱後、トランプ氏はCNNに「暴力は望んでいない」と述べる一方、これまでの発言については「後悔していない」と撤回を拒んだ。