2016年07月10日

◆自公 改選議席の過半数の61議席以上 確実な情勢

(7月10日 20時00分   NHKニュース)

NHKが、投票を終えた全国の有権者を対象に行った出口調査や情勢分析によりますと、自民・公明両党は、目標としていた改選議席の過半数の61議席以上を確保することが確実な情勢です。また、自民・公明両党と、おおさか維新の会など憲法改正に賛成する政党の合計は、参議院全体の3分の2の議席を占めることになる、78議席をうかがう情勢です。さらに、自民党は、単独過半数に必要な57議席をうかがう情勢です。

一方、民進党は、前回・3年前に旧民主党が獲得した17議席は上回るものの、30議席前後にとどまる見通しです。

NHKは、有権者の投票行動や政治意識を探るため、投票日の10日、全国のおよそ1700か所の投票所で、投票を終えた有権者20万人余りを対象に出口調査を行い、70%に当たる、およそ14万人から回答を得ました。

出口調査や情勢分析の結果、自民・公明両党は合わせて67議席から76議席を獲得する見通しで、目標としていた改選議席の過半数の61議席以上を確保することが確実な情勢です。このうち、自民党は54議席から61議席を獲得する見通しで、平成元年の参議院選挙で過半数を失って以来27年ぶりとなる、単独過半数に必要な57議席をうかがう情勢です。

公明党は13議席から15議席を獲得する見通しです。

これに対し、民進党は26議席から32議席を獲得し、前回・3年前に旧民主党が獲得した17議席は上回るものの、改選議席の47議席を下回り、30議席前後にとどまる見通しです。

共産党は5議席から8議席、おおさか維新の会は6議席から9議席を、それぞれ獲得する見通しです。

社民党は1議席を獲得する可能性があります。

生活の党は1議席を獲得するかどうか微妙な情勢です。

日本のこころを大切にする党と新党改革は議席の獲得は厳しい情勢です。

無所属の候補は3議席から5議席を獲得する見通しです。

一方、自民・公明両党に、憲法改正に賛成する、おおさか維新の会と日本のこころを大切にする党を加えた4党の獲得議席の合計は75議席から85議席になる見通しで、憲法改正の発議に必要な参議院全体の3分の2の議席を占めることになる78議席をうかがう情勢です。


選挙区

このうち、定員73の選挙区では、自民党は37議席から41議席、民進党は16議席から20議席、公明党は6議席から7議席、共産党は1議席から2議席、おおさか維新の会は3議席から4議席をそれぞれ獲得する見通しです。社民党、日本のこころを大切にする党、新党改革はいずれも選挙区での議席の獲得は厳しい情勢です。無所属の候補は3議席から5議席を獲得する見通しです。


比例代表

一方、定員48の比例代表では、自民党は17議席から20議席、民進党は10議席から12議席、公明党は6議席から8議席、共産党は4議席から6議席、おおさか維新の会は3議席から5議席をそれぞれ獲得する見通しです。社民党は1議席を獲得する可能性があります。生活の党は1議席を獲得するかどうか微妙な情勢です。日本のこころを大切にする党と、新党改革は議席の獲得は厳しい情勢です。

◆参院選 関西は10議席決まる

(07月10日 20時06分  NHK関西ニュース)

参議院選挙で、関西2府4県の選挙区の12議席のうち、これまでに10議席が決まりました。
与党側は、自民党が6議席、公明党が1議席のあわせて7議席です。

自民党は、3年前の前回に続いて関西のすべての選挙区で擁立した6人全員が議席を獲得しました。
公明党も前回に続いて大阪で議席を確保しました。

また、おおさか維新の会が大阪で2議席を獲得し、与党と憲法改正に賛成する政党はあわせて9議席となっています。

一方、民進党は、関西では和歌山を除く5つの選挙区で現職5人を擁立しましたが、いまのところ、京都の1議席の確保にとどまっています。

関西では、定員が3人の兵庫選挙区で残る2つの議席をめぐる争いが続いています。

◆参院選、与野党攻防決着へ 未明に大勢判明

<2016/7/10 16:35   共同通信>

 第3次安倍政権発足後初の大型国政選挙となる第24回参院選は10日、全国約4万8千カ所の投票所で投票が進んだ。即日開票され、11日未明に大勢が判明する。安倍晋三首相(自民党総裁)が目指す憲法改正に賛同する改憲勢力が、非改選も合わせて国会発議に必要な全議席の3分の2(162議席)を占めるかが焦点。政権が進めてきたアベノミクスや安全保障政策を巡る与野党の攻防がひとまず決着する。

 総務省発表の午後2時現在の投票率は全国平均22.54%で、前回13年の同時刻と比べ0.12ポイント下回った。

◆期日前投票率、秋田県が全国一

〜16日間で21万8737人〜

(<2016年7月10日 8時14分 掲載  共同通信>

 秋田県選挙管理委員会は9日、参院選公示翌日から16日間(6月23日〜7月8日)の県内の期日前投票者数を21万8737人と発表した。有権者全体に占める投票者の割合(期日前投票率)は24・27%で、全国トップだった。

 3日時点からは11万5507人、12・82ポイント増加。参院選で過去最高だった前回2013年の20万3860人を既に上回った。現時点の投票率は全国平均12・38%の2倍近い。

◆参院選 午前7時から投票

(7月10日 4時45分  NHKニュース)

第24回参議院選挙は、10日に投票日を迎え、午前7時から、全国およそ4万8000か所の投票所で投票が始まります。

今回の参議院選挙は、選挙区73、比例代表48の、合わせて121の改選議席を巡って争われ、389人が立候補しています。

投票は、9日までに繰り上げ投票が行われた離島など一部の地域を除いて、全国およそ4万8000か所の投票所で、午前7時から始まります。そして、全体のおよそ35%にあたる、およそ1万7000か所の投票所で、終了時間が繰り上げられるほかは、午後8時に締め切られ、即日開票されます。

選挙戦では、安倍政権の経済政策、アベノミクスの是非、それに憲法改正や安全保障の在り方などを巡り、激しい論戦が交わされました。

今回の選挙では、自民・公明両党が、目標としている改選議席の過半数の61議席を獲得できるか、与党と憲法改正に賛成する政党で、改正の発議に必要な、参議院全体の3分の2の議席に届くか、あるいは、民進党や共産党などが、これを阻止したうえで議席を上積みできるか、などが焦点となっています。

また、選挙権が得られる年齢の18歳への引き下げや、隣接する2つの県を1つの選挙区にする、いわゆる合区が初めて導入されていて、こうした制度改正が、選挙結果にどのように反映されるのかも注目されます。

◆【参院選】期日前投票が過去最高

〜8日までの集計で25万人増の1319万人〜

( 2016.7.9 21:21更新   産經新聞)

 総務省は9日、参院選公示翌日の6月23日から投票日2日前に当たる7月8日までの16日間で、1319万7568人(選挙区)が期日前投票を利用したと発表した。期日前投票は9日も可能だが、すでに前回の平成25年の最終的な期日前投票者数1294万9173人を約25万人上回り、参院選で過去最高となった。

 今回は公示日が通例より1日前倒しとなったため、期日前投票ができる期間も1日長い。有権者数全体の12・38%が投票した。

 期日前投票は参院選では16年から始まり、これまで過去最高を更新し続けてきた。9日分の集計を加えれば、投票者数はさらに伸びる見通し。総務省の担当者は「期日前投票所数の増加や、制度が定着してきたことが増加の理由ではないか」と指摘

◆憲法・アベノミクスに審判 参院選


〜未明にかけ大勢判明〜

(2016年7月10日05時01分  朝日新聞)

 第24回参議院選挙が10日投開票される。安倍政権が継続を訴えるアベノミクスの是非や、自民党など憲法改正に前向きな政党が国会発議に必要な3分の2の議席を確保するかどうかが焦点となる。各党党首は選挙戦最終日の9日、各地で最後の訴えをした。10日深夜から11日未明にかけて大勢が判明する。


 今回は定数242議席のうち、半数の121議席(選挙区73、比例区48)が改選される。今回の参院選から国政選挙では初めて18歳以上が投票できる。

 与党は経済政策を最大の争点と位置づけ、アベノミクスをさらに推し進めることで景気はよくなると主張。安倍晋三首相(自民党総裁)は9日、東京都内の街頭演説で「アベノミクスは失敗していないが、道半ば。この道をしっかりと力強く前に進んでいく」と訴えた。連立を組む公明党の山口那津男代表も、兵庫県西宮市で「我々の経済再生の取り組みをいかし、無年金(解消)を実現したい」とアピールした。

 これに対し、野党はアベノミクスで潤うのは大企業や富裕層だけだと批判し、社会保障などをより重視すべきだと反論。さらに民進、共産、社民、生活の党と山本太郎となかまたちの野党4党は、改憲に前向きな政党による3分の2議席阻止を目標に掲げ、全国32の1人区すべてで候補者を一本化して対抗してきた。

 自民、公明両党におおさか維新の会と日本のこころを大切にする党を加えた4党が今回78議席を獲得すれば、非改選の議席を加えて参院定数の3分の2を超える162議席を占める。すでに衆院は自公で3分の2議席があり、憲法改正の発議も可能となる。

 選挙期間中、首相は街頭演説ではまったく憲法改正を語ってこなかった。民進党の岡田克也代表は9日、横浜市の街頭演説で「(首相が)憲法に触れなくても3分の2をとったら、必ずやってくる。憲法と平和主義が変えられてしまう」と訴えた。共産党の志位和夫委員長も9日、さいたま市で「首相は憲法のことをいっさい語らずに選挙戦をやり過ごそうとしている。首相の改憲の本丸は、9条を壊すことだ」と批判した。

2016年07月09日

◆関西でも、参院選 最終日の訴え

(07月09日 17時18分   NHK関西ニュース)

参議院選挙の投票日が10日に迫る中、関西でも、9日、各候補者は、繁華街で街頭演説を行うなどして支持を呼びかけました。

第24回参議院選挙は、10日、投票日を迎えます。

関西2府4県の6つの選挙区では12人の定員に対してあわせて30人が立候補しました。

18日間の選挙戦では、安倍政権の経済政策、アベノミクスの是非、それに、憲法改正や安全保障のあり方などをめぐって、激しい論戦が繰り広げられてきました。

選挙戦最終日の9日、各候補者はまだ投票先を決めていない有権者も少なくないとみて、繁華街で街頭演説を行うなどして、支持を呼びかけました。

一方、関西の各府県の選挙管理委員会によりますと、8日までに期日前投票を済ませた人は、3年前の選挙の同じ時期より、2府4県でいずれも増えています。

◆参院選あす投票 街頭で最後の訴え

(7月9日 12時22分   NHKニュース)

安倍政権の経済政策、アベノミクスの是非などが争点となった第24回参議院選挙は投票日が10日に迫り、与野党各党の党首や候補者らは街頭で最後の訴えを行い支持を呼びかけています。

今回の参議院選挙は選挙区73、比例代表48の合わせて121の改選議席を巡って争われていて、389人が立候補し、安倍政権の経済政策、アベノミクスの是非、それに、憲法改正や安全保障の在り方などを巡り、激しい論戦が交わされてきました。

今回の選挙では、自民・公明両党が目標としている改選議席の過半数の61議席を獲得できるか、与党と憲法改正に賛成する政党で改正の発議に必要な参議院全体の3分の2の議席に届くか、あるいは民進党や共産党などがこれを阻止したうえで議席を上積みできるか、などが焦点となっています。

先月22日の公示日から18日間にわたる選挙戦は9日が最終日で、与野党各党の党首や候補者らは週末でにぎわう繁華街や駅前など街頭で有権者に最後の訴えを行っています。

街頭演説を行えるのは9日午後8時までで、各党の党首や候補者らはそれぞれの政策や主張を掲げ、支持の拡大に向けて、ぎりぎりまで呼びかけることにしています。

◆都知事選、候補者乱立で混迷

〜「劇場型選挙」に懸念も〜

(2016年7月9日08時02分  朝日新聞)

 14日の告示まで1週間を切った東京都知事選で候補者が乱立し、混迷を深めている。自民党都連が擁立に向けて調整していた増田寛也氏は出馬を決めたが、野党の態度は定まらない。しびれを切らした市民団体の支援を受ける形で名乗りを上げる候補も出始めた。政策論議を深める時間がないまま、知名度優先の「劇場型選挙」に突入することを懸念する声もある。


■野党、参院選優先 鈍い共闘

 「普通の市民と政治がかけ離れている。野党統一候補なら、思いを力に変換できる」。8日午後、俳優の石田純一氏は都内で記者会見し、約150人の報道陣が集まった会場で立候補への意欲を示した。

 石田氏の名前が急浮上したのは6日。市民団体からの要請を受け、出演しているコマーシャルのスポンサーとの調整も進めている。市民団体の有志は会見後、野党各党に統一候補にするよう申し入れを始めた。

 市民連合や野党の支援を期待していた宇都宮健児・元日本弁護士連合会会長も無所属で立候補する。8日、報道陣に「現段階では政党からの声かけはない。(擁立や支援の)話を待っていたら選挙活動が間に合わないと判断した」と話す。「勝てそうだとか著名だとかそういうことばかりに注目した選挙にしたら同じてつを踏む。しっかりした政策論争をしたい」

 ボールを投げられた野党側。民進党の岡田克也代表は8日、滋賀県内で「石田氏は安保法制反対の時に堂々と国会の前でマイクを握った。素晴らしい人だ」と評しつつも、擁立については「あまり早く名前が出すぎるとつぶれる。決まったら説明したい」と言葉を濁した。共産党幹部は「まだ何も話をしていないが、(石田氏の)会見の内容はよかった」。

 野党の間では別の候補も急浮上…