2018年05月24日

◆「なんとなく逃げた」鑑定留置中に逃走の容疑者

5月24日 12時55分   NHKニュース

精神鑑定のため留置されていた名古屋市内の病院から57歳の容疑者の男が逃走し、23日夜に逮捕された事件で、男が調べに対し「なんとなく逃げた」などと供述していることが警察への取材でわかりました。一方で、逃走の状況などに計画性もうかがえることから、警察がさらに詳しい動機を調べています。

名古屋市の無職、小倉泰裕容疑者(57)は、ことし2月に放火の疑いで逮捕され、22日の夜、精神鑑定のため留置されていた名古屋市守山区の病院から逃走しましたが、22時間後の23日午後7時すぎ、市内の家電量販店にいたところを逃走の疑いで逮捕されました。

23日朝には、この量販店から30キロ以上離れた愛知県の犬山市内にいたことが確認されていて、この間、自転車を使って逃走を続けたと見られています。

また、警察によりますと逮捕時の所持金は4円で、調べに対して「なんとなく逃げた」などと供述しているということです。

一方で、小倉容疑者は夜間、看護師に消灯するよう要望したうえで、窓の外の配管に結びつけた衣服をつたって2階の病室から抜け出すなど計画性もうかがえることから、警察がさらに逃走の詳しい動機を調べています。

2018年05月23日

◆交差点でこたつ疑い京大院生逮捕

05月23日 14時59分   NHK関西ニュース

ことし2月、京都大学の前にある交差点の真ん中にこたつを置いて座り込み、交通を妨害したとして、京都大学の大学院生2人が道路交通法違反の疑いで警察に逮捕されました。

ことし2月25日、京都市左京区の京都大学の前にある多くの車が行き交う「百万遍」交差点の真ん中に、4人組のグループがこたつを置いて座り込みました。

警察によりますと、4人はこたつの上に鍋をおいて5分あまり居座り、駆けつけた警察官に注意されると、こたつをリヤカーに積んで逃げたということです。
けが人はいませんでした。

ツイッターには当時の様子を撮影した動画が掲載され、コートを着てマスクなどをした4人が交差点の真ん中に置いたこたつを囲みながら拡声器を使って何かをしゃべっていて、車が避けるように通行する様子が映っています。

警察は重大な事故につながりかねない危険で悪質な行為だとして捜査を進め、4人のうち2人を「吉田寮」という同じ学生寮に住む京都大学大学院の31歳と26歳の男子学生と特定し、23日までに道路交通法違反の疑いで逮捕しました。
2人の認否について警察は明らかにしていません。

警察は残る2人の特定を進めています。

◆鑑定留置の容疑者の男逃走 防犯カメラに

男とみられる人物

5月23日 12時04分    NHKニュース

名古屋市の病院で鑑定留置されていた容疑者の男が逃走している事件で、およそ20キロ離れた愛知県犬山市で自転車に乗った男とみられる人物が防犯カメラに写っていたことが、警察への取材でわかりました。警察は逃走の疑いで逮捕状を取って行方を追っています。

逃走しているのは、ことし2月、元妻の家の勝手口に火をつけた疑いで逮捕され、精神鑑定のため鑑定留置されていた名古屋市の会社員、小倉泰裕容疑者(57)です。

小倉容疑者は22日午後9時すぎ、名古屋市守山区の国立病院機構東尾張病院の2階の病室からいなくなっているのがわかり、警察は逃走の疑いで逮捕状を取って行方を追っています。

これまでの調べで、およそ20キロ離れた愛知県犬山市内で、自転車に乗った似た人物が南のほうへ向かう様子が防犯カメラに写っていたことが、警察への取材でわかりました。

23日朝早くには、同じ犬山市内のコンビニエンスストアの公衆電話からの発信で、小倉容疑者とみられる人物から勤め先の同僚に電話があったということです。

小倉容疑者は身長1メートル67センチでやせ形、髪は黒色で短く、長袖のシャツに長ズボンだったということで、10センチほど開く病室の窓をこじ開けて逃走したとみられています。

窓の外の配管には数枚の衣服がくくりつけられていたことから、警察は、これをつたって逃げたとみて詳しい状況を調べています。


名古屋地検次席検事「身柄確保に全力」

鑑定留置は裁判所から令状を取って検察庁が行う手続きで、名古屋地方検察庁の新田智昭次席検事は23日午前、記者会見し、「大変ご迷惑をおかけしています。容疑者の身柄の確保に全力を尽くしています」と述べました。

小倉容疑者が留置されていたのは「準保護室」と呼ばれるわずかに開く窓がある部屋で、場合によっては看守をつけることもありますが、これまでに病院側から変わった様子が見られるなどの報告がなかったため、その必要がないと判断していたということです。

2018年05月22日

◆馬券で脱税 有罪の市職員懲戒免 寝屋川市

05月22日 15時23分   NHK関西ニュース

大阪・寝屋川市は、競馬で高額の馬券を的中させおよそ3億円の払戻金を得たのに、所得を申告しなかったとして所得税法違反の罪で有罪判決を受けた職員を、22日付けで懲戒免職にしました。

懲戒免職の処分を受けたのは、寝屋川市で税務室の課長などを務めていた中道一成職員(48)です。
中道職員は平成24年以降、競馬で高額の馬券を相次いで的中させ、およそ3億円の払戻金を得たのに申告せず、6200万円余りを脱税したとして所得税法違反の罪に問われ、今月9日、大阪地方裁判所で懲役6か月、執行猶予2年、罰金1200万円の有罪判決を受けました。

寝屋川市は、有罪判決が出たことや市民の課税を担当していたことなどから、22日付けで懲戒免職の処分にしました。
中道職員は判決のあと、市に対し、「市や職員に迷惑をかけて申し訳ない」と話したということです。

寝屋川市人事室の木場富士夫室長は、「納税者の模範となるべき職員が多額の脱税行為を行ったことは、公務員の信頼を著しく損なうもので大変遺憾です。今後一層、綱紀の粛正を図ります」というコメントを出しました。

2018年05月21日

◆ 関西学院大学の負傷選手 警察に被害届

アメフト反則行為

5月21日 14時14分    NHKニュース

日本大学のアメリカンフットボール部の選手が、試合中、関西学院大学の選手に悪質なタックルをしてけがをさせた問題でけがをした選手が大阪府警に被害届を出したことが捜査関係者への取材でわかりました。試合は東京都内で行われたため、今後、警視庁が捜査を進めるものと見られます。

今月6日、東京・調布市で行われた日本大学と関西学院大学との定期戦で無防備な状態だった関西学院大の選手が日大の選手に後ろからタックルされ全治3週間のけがをしました。

けがをした選手側が大阪府内の警察署に被害届を出したことが捜査関係者への取材でわかりました。
試合は東京・調布市で行われたため、今後は警視庁が捜査を進めるものと見られます。

この問題で日大アメリカンフットボール部の内田正人監督は、19日、けがをした選手などに謝罪し監督を辞任する意向を示しましたが、反則行為の指示については「文書で答える」などとしています。

一方、けがをした選手の父親は「日大選手がどうしてあのようなプレーをしたかの事実の説明がなかったし、指示があったのかどうかも、内田監督が話されなかったので釈然としない」というコメントを出しています。


日大「コメントできない」

関西学院大の選手が、大阪府警に被害届を出したことについて、日大広報部は「具体的にどういう内容かわからず、コメントできない」と話しています。

2018年05月20日

◆枚方市 金額大きい工事 何度も受注

05月20日 12時26分 NHK関西ニュース

大阪・枚方市の小学校の改修工事をめぐり、教育委員会事務局の元職員が最低制限価格に近い金額を知り合いの業者に漏らしたとして逮捕された事件で、元職員が入札情報を知ることができる部署に異動後、業者が金額の大きい工事を何度も受注していたことがわかり警察が経緯を調べています。

枚方市教育委員会事務局の主任だった福留啓二容疑者(61)は、市が発注した小学校の改修工事をめぐり、最低制限価格に近い金額を知り合いの「太平洋建設」の社長、来馬哲二容疑者(47)に漏らしたとして競売入札妨害の疑いで逮捕され、20日、検察庁に送られました。
枚方市によりますと、福留元主任は4年前、市が発注する工事の最低制限価格などを知ることができる部署に異動しました。

太平洋建設はこの間に15件の工事を受注し、このうち入札の最低制限価格と落札額の差額が20万円以内の工事が10件あり、わずかに3000円の差で落札していた工事もありました。

また金額の多い工事も何度も落札し、昨年度はこの10年間で最も多いおよそ2億円分を受注していたということです。

警察は福留元主任が入札情報を知りうる立場を悪用し、知り合いの来馬社長に情報を流していた可能性もあるとみて、それぞれの入札の経緯を調べています。

◆仙台駅 停車中の電車の屋根から出火

原因調べる

5月20日 12時01分     NHKニュース

20日朝、JR仙台駅で、ホームに停車していた電車の屋根から火が出るトラブルがありました。電車には乗客がおよそ30人いましたが、けがをした人はなく、JRや警察などが出火の原因を調べています。

20日午前7時半ごろ、JR仙台駅で、ホームに停車していた東北線下りの仙台発 利府行きの普通電車の屋根から火が出ました。

警察や消防によりますと、消防車16台が出て火はおよそ1時間後に消し止められ、乗客およそ30人にけがはありませんでした。

電車は6両編成で、警察によりますと、先頭から3両目の車両の屋根から破裂音がしたあと火が出たということで、パンタグラフの付近が激しく壊れて黒く焼け焦げているということです。

JRによりますと、この影響で東北線と仙石東北ラインの合わせて7本の列車が運休し、およそ1500人に影響が出たということです。

出火した車両は仙台車両センターに運ばれて、JRや警察が火が出た原因を調べています。


大学生「こんな騒ぎになっていてびっくりした」

東北線を利用する予定だったという仙台市の男子大学生は、「友人たちと名取市にボランティアに行く予定でした。こんな騒ぎになっていてびっくりしました。ほかの移動手段を探して何とかしようと思います」と話していました。

2018年05月19日

◆女性署員の靴のにおい嗅ぐため侵入した疑い

警部補を書類送検

5月19日 16時27分   NHKニュース

福井県の越前警察署の30代の男性警部補が、好意を持っていた女性署員の靴のにおいを嗅ぐ目的で事務室に忍び込んだとして書類送検され、依願退職しました。

越前警察署の30代の男性警部補は、ことし2月の深夜、当直の勤務中に署内の事務室に忍び込んだとして、建造物侵入の疑いが持たれています。

警察によりますと、マスターキーを使って侵入し、好意を持っていた女性署員の靴のにおいを嗅いだり、持ち物を触ったりしていたということです。

別の署員が防犯のために設置したビデオカメラの映像に映っていたため、任意で事情を聴いたところ侵入したことを認め、「反省している」と話したということです。

警察は書類送検するとともに本部長訓戒とし、警部補は18日付けで依願退職しました。

福井県警察本部監察課は「靴のにおいを嗅ぐ行為自体は違法ではないが、警察官として不適切だ」とコメントしています。

◆枚方市 競売入札妨害 市役所など捜索

05月19日 12時37分   NHK関西ニュース

大阪・枚方市の小学校の改修工事をめぐり、教育委員会事務局の元職員が最低制限価格に近い金額を業者に漏らしたとして逮捕された事件で、警察は19日、教育委員会と市役所を捜索しました。

この業者はほかの複数の工事も最低制限価格に極めて近い価格で落札していてほかにも情報漏洩がなかったか調べることにしています。

枚方市教育委員会事務局の主任だった福留啓二容疑者(61)は、市が発注した小学校の改修工事をめぐり、最低制限価格に近い金額を市内の建設会社「太平洋建設」の社長、来馬哲二容疑者(47)に漏らしたとして、競売入札妨害の疑いで逮捕されました。

警察は19日午前11時ごろから教育委員会と市役所の捜索を行いました。
太平洋建設はこの工事を最低制限価格より10万円高い3300万円で落札しましたが、ほかの複数の工事も最低制限価格に極めて近い価格で落札していたことが分かりました。

ことし2月に5000万円余りで落札した小学校の解体工事では最低制限価格との差が1万1000円、おととしの工事では、わずか6000円で、警察はほかにも情報漏洩がなかったか詳しく調べることにしています。

◆枚方市元職員 競売入札妨害疑い

05月19日 07時01分   NHK関西ニュース

大阪・枚方市で学校の工事計画などを担当していた元職員(61)が、小学校の改修工事の入札をめぐり最低制限価格に近い金額を漏らしたとして工事を受注した業者の社長とともに競売入札妨害の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは枚方市教育委員会事務局の元主任福留啓二容疑者(61)と市内の建設会社「太平洋建設」の社長、来馬哲二容疑者(47)の2人です。
警察によりますと、福留元主任は今年3月から5月にかけて市が発注した小学校の改修工事をめぐり最低制限価格に近い金額を来馬社長に漏らしたとして競売入札妨害の疑いが持たれています。

警察は太平洋建設を捜索し19日未明、資料を押収しました。

工事の入札には8社が参加し太平洋建設が最低制限価格のわずか10万円余高い3300万円で落札しましたが、その後、受注を辞退していました。
警察によりますと福留元主任は市を定年退職したあと、今年春まで再任用され、この間、学校の工事計画や設計などを担当していたということです。
2人は以前からの知り合いだったということで警察は情報の見返りに金銭の受け渡しがなかったかなど詳しく調べることにしています。

警察は2人の認否について明らかにしていません。