2021年11月29日

◆新型コロナ「オミクロン株」感染広がる 各国が入国制限強化


2021年11月29日 5時21分   NHKニュース

南アフリカで確認された新たな変異ウイルスの感染が広がりを見せる中、オランダでは、旅客機で到着した乗客のうち13人の感染がこれまでに確認されました。
このほか、イギリスやドイツなどヨーロッパに加え、オーストラリアでも感染が確認されていて、各国はアフリカ南部からの入国を制限するなど対策を強化しています。

南アフリカで確認された新たな変異ウイルスはWHO=世界保健機関が26日、現在、広まっているデルタ株などと同じ「懸念される変異株」に指定し、「オミクロン株」と名付けました。

これまでに、南アフリカの隣国のボツワナや香港、それにイスラエルで感染が確認されたほか、ヨーロッパではイギリス、ドイツ、ベルギーに続いてイタリアなどでも確認されました。

オランダ これまでに13人「オミクロン株」感染確認
さらに、オランダでは26日に南アフリカから旅客機で到着した乗客のうち61人の陽性が確認され、保健当局は、これまでに13人が新たな変異ウイルス「オミクロン株」に感染していたことが確認されたと発表しました。

61人全員の結果はまだ出ていないということで、当局は今後「オミクロン株」の感染者が増える可能性もあるとしています。
デンマークでも感染確認
また、北欧のデンマークの保健当局は28日、南アフリカから入国した2人が、「オミクロン株」に感染していたことを確認したと発表しました。

デンマークで、「オミクロン株」の感染が確認されたのは初めてです。
各国で入国制限の動き
このほか、28日に新たにオーストラリアでもアフリカ南部から入国した2人の感染が確認されました。

「オミクロン株」については、感染力や重症化のリスク、ワクチンの効果への影響などは明らかになっていませんが、各国の間では、アフリカ南部からの入国を制限する動きが広がっています。

オーストラリア政府は、南アフリカを含むアフリカの9か国からの外国人の入国を禁止すると発表したほか、フィリピン政府は、南アフリカなどのアフリカの国に加え、オランダなどのヨーロッパの国々、合わせて14か国から原則として入国を認めない方針を明らかにしました。

またイスラエルは、すべての外国人の入国を14日間、禁止することを決めたほか、モロッコは、海外からのすべての直行便の乗り入れを29日深夜から2週間、停止することを発表しました。

さらに、イギリスの人口の大半を占めるイングランドで公共の交通機関でのマスクの着用を再び義務づけるなど、国内での規制強化に乗り出すところもあり、感染が広がりを見せる中、各国が対策を強化しています。
G7 保健相会合を開催へ
G7=主要7か国の議長国イギリスは、新たな変異ウイルス「オミクロン株」の感染の広がりを受けて、29日に緊急の保健相会合を開催すると発表しました。

「オミクロン株」への対応などについて、話し合われるということです。

2021年11月28日

◆大相撲九州場所千秋楽 照ノ富士 全勝優勝かけて貴景勝と対戦


2021年11月28日 5時02分   NHKニュース

大相撲九州場所は28日、千秋楽を迎え、優勝を決めた横綱・照ノ富士が自身初めてとなる全勝優勝をかけて大関・貴景勝と対戦します。

九州場所は27日の14日目、照ノ富士が1敗だった平幕・阿炎を破って、千秋楽を待たずに、2場所連続6回目の優勝を決めました。

自身初めてとなる全勝優勝がかかる照ノ富士は千秋楽の28日、貴景勝と対戦します。

過去の対戦では3勝3敗と五分ですが、この1年では、横綱が3勝1敗と勝ち越していて、28日の一番でも、照ノ富士が組み止めてまわしを引けば優位に立ち、ことし最後の相撲での白星が近づきます。

一方、貴景勝は、今場所光った突き押しの威力を存分に発揮して、自身最多に並ぶ13勝の成績で締めくくりたいところです。

ここまで12勝の阿炎は、27日10勝目をあげた、同じ平幕の隆の勝との一番です。

2021年11月27日

◆新型コロナ 奈良県での新たな感染確認2人


11月27日 15時39分  NHK関西ニュース

奈良県と奈良市は27日、県内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
奈良県内で感染が確認された人はあわせて1万5643人となりました。

一方、感染して亡くなった人の発表はありませんでした。

◆「オミクロン株」で専門家“ワクチン効果が影響されるか注視”


2021年11月27日 15時30分   NHKニュース

南アフリカで確認された新たな変異ウイルスについて、海外の感染症に詳しい専門家は「ワクチンの効果がどれだけ影響されるかもう少し様子をみる必要がある」という見方を示しています。

『スパイクたんぱく質』に30以上の変異
海外の感染症に詳しい東京医科大学の濱田篤郎特任教授は「この変異ウイルスは表面にある『スパイクたんぱく質』という部分に30以上の変異があり、デルタ株よりも変異が多いことから感染力の増加やワクチンへの影響につながる可能性がある。今、調査が進められていると思うが現段階では感染力がある程度高い可能性があるためWHOはVOC=懸念される変異株にしたとみられる。ワクチンの効果がどれだけ影響されるかはもう少し様子をみる必要があるのではないか」と話していました。
私たちは現在行っている予防対策を

また、日本での対応については「香港で感染者が見つかっていて、日本にも入ってくる可能性はある。まずは南アフリカとその周辺からの入国者について、厳重に健康監視をすることが重要だ。日本で私たちが注意するべきこととしては、現在行っている予防対策を粛々と進めていくことだ。これから日本でも始まる3回目の追加接種を進め、日ごろからマスクを着用する、距離を保つなどの予防対策を取っていくことでかなり防げるのではないか」と話していました。

◆NYダウ 一時1000ドル超急落 新たな変異ウイルスに警戒感高まる


2021年11月27日 5時08分   NHKニュース

休日明けの26日のニューヨーク株式市場は、南アフリカで確認された新たな変異ウイルスによる世界経済への影響に警戒感が高まり、ダウ平均株価は、一時、1000ドルを超える急落になりました。
原油市場でも、国際的な原油の先物価格が大幅に下落しました。

26日のニューヨーク株式市場は南アフリカで確認された新たな変異ウイルスが世界経済の回復を遅らせることへの警戒感が高まり、幅広い銘柄に売り注文が膨らみました。

ダウ平均株価は取り引き時間中に1000ドルを超える急落になり、終値でも、休み前の24日と比べて905ドル4セント安い、3万4899ドル34セントと、終値としてことし最大の下落幅となりました。

IT関連銘柄の多いナスダックの株価指数も2.2%の大幅な下落となりました。

また、ニューヨーク原油市場でもリスクを避けようという投資家の姿勢が強まり、原油価格の国際的な指標となるWTIの先物価格が、一時、およそ2か月半ぶりに1バレル=67ドル台をつけ、大幅に値下がりしました。

一方、アメリカの長期金利が低下している影響で外国為替市場ではドルが売られ、円相場は、一時1ドル=113円台前半まで円高ドル安が進みました。

市場関係者は「新たな変異ウイルスが世界経済にどこまで悪影響を及ぼすかは今の時点では見通せないが、その分、投資家の間でひとまずリスクを避けようという姿勢が強まった」と話していて、当面、変異ウイルスをめぐる情報に市場が神経をとがらせる展開になることが予想されます。

◆京阪電鉄 京津線と石山坂本線の全線で運転見合せ


11月27日 05時48分  NHK関西ニュース

京阪電鉄は大津市のびわ湖浜大津駅の線路に乗用車が侵入して動けなくなったため、京津線と石山坂本線の全線で始発から運転を見合わせています。

2021年11月26日

◆東京都 新型コロナ 新たに19人の感染確認 先週金曜日より3人増


2021年11月26日 16時58分   NHKニュース

東京都内の26日の感染確認は19人で、15日連続で30人を下回りました。

東京都は26日、都内で新たに10歳未満からから80代までの男女合わせて19人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

1週間前の金曜日より3人増えました。

1日の感染確認が50人を下回るのは41日連続、30人を下回るのは15日連続です。

26日までの7日間平均は15.7人で、前の週の84.0%です。

一方、都の基準で集計した26日時点の重症の患者は、25日より1人減って7人でした。

また26日に死亡が確認された人はいませんでした。

◆来年1月の電気とガスの料金 大手全社で値上がり 5か月連続


2021年11月26日 17時03分  NHKニュース

来年1月の電気とガスの料金は、大手の電力会社とガス会社すべてで値上がりします。全社で値上がりするのは5か月連続で、火力発電の燃料として使われるLNG=液化天然ガスなどの輸入価格の上昇が要因です。

大手電力各社によりますと、来年1月の電気料金は10社すべてで値上がりすることになりました。

これはLNGや石炭などの輸入価格が上昇していることが主な要因で、全社で値上がりするのは5か月連続です。

値上がり幅は、使用量が平均的な家庭で、ことし12月分と比べて、
▽沖縄電力が164円、
▽中部電力が153円、
▽東京電力が146円、
▽中国電力が140円、
▽東北電力が133円です。

また、
▽関西電力が107円、
▽四国電力が104円、
▽北陸電力が86円、
▽九州電力が85円、
▽北海道電力が78円となっています。

来年1月のガス料金も、LNGの値上がりを受けて、大手4社すべてで5か月連続で値上がりします。

使用量が平均的な家庭でみると、値上がり幅は12月分と比べて、
▽大阪ガスと東邦ガスが113円、
▽東京ガスが109円、
▽西部ガスが84円となっています。

◆経営統合差し止めの異議退け 関西スーパー取り消し求め抗告へ


11月26日 17時01分  NHK関西ニュース

兵庫や大阪に展開する「関西スーパーマーケット」は、株主総会で承認された阪急阪神百貨店の運営会社との経営統合手続きの差し止めを裁判所から命じられ、異議を申し立てていましたが、神戸地方裁判所はこれを退けました。
関西スーパーは差し止めの取り消しを求めて抗告するとしています。

先月末の関西スーパーの臨時株主総会では、阪急阪神百貨店などを運営する「エイチ・ツー・オー リテイリング」との経営統合案がわずかな差で承認されました。

これについて、先に買収の提案をしていた首都圏のスーパー「オーケー」が、集計に問題があったとして手続きの差し止めを求める仮処分を申し立て、神戸地方裁判所は今月22日、「決議の方法に法令違反か著しい不公正がある」として、差し止めを命じました。

関西スーパーは、決定を不服として神戸地方裁判所に異議を申し立てていましたが、裁判所は26日、これを退けました。
関西スーパーは、「主張が認められなかったのは誠に遺憾だ」として、差し止めの取り消しを求めて、大阪高等裁判所に抗告するとしています。

これに先立ち、関西スーパーは、エイチ・ツー・オーと統合し、子会社となる予定の期日を、来月15日に延期すると発表しました。
一方、オーケーは差し止めが最終的に認められれば、関西スーパーに買収提案をする方針で、経営統合の行方は一段と不透明になっています。

◆株価 一時700円以上値下がり 約1か月ぶり2万9000円割れ


2021年11月26日 10時58分  NHKニュース

26日の東京株式市場、南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株が確認されたという報道が伝わり世界経済の先行きへの警戒感が広がったことなどから、日経平均株価は一時700円以上値下がりしています。

26日の東京株式市場は取り引き開始直後から売り注文が広がって日経平均株価は一時700円以上値下がりし、取り引き時間中としておよそ1か月ぶりに2万9000円を割り込みました。

市場関係者は「ヨーロッパで新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることに加え、南アフリカで新たな変異株が確認されたことが伝わり、投資家の間で世界経済の先行きへの警戒感が広がった。このため幅広い銘柄に売り注文が出ている」と話しています。