2019年05月27日

◆トランプ大統領「協力していく」拉致被害者家族と面会

2019年5月27日 15時06分  NHKニュース

日本を訪れているアメリカのトランプ大統領は安倍総理大臣とともに北朝鮮による拉致被害者の家族と面会し、「皆さんの家族を帰国させるために努力し、協力していく」と述べ、問題の解決に向けて全面的に協力する考えを伝えました。

令和になってから初めての国賓として日本を訪れているアメリカのトランプ大統領は27日午後2時前から東京 港区の迎賓館で安倍総理大臣とともにおよそ1時間、拉致被害者の家族と面会しました。

面会には拉致被害者の家族会代表で田口八重子さんの兄の飯塚繁雄さんや、横田めぐみさんの母親の早紀江さんらが出席しました。

この中でトランプ大統領は「とても悲しいストーリーであり、なぜ安倍総理大臣が拉致問題の解決に強い気持ちを持っているのかがよく分かった。安倍総理大臣とは『協力して前に進もう』と話し合った。皆さんの家族を帰国させるために私たちは努力し、協力していく」と述べ、問題の解決に向けて全面的に協力する考えを伝えました。

また安倍総理大臣は「今回もトランプ大統領には貴重な時間を割いて、皆さんの話に耳を傾けていただいた。ハノイでの米朝首脳会談でも拉致問題について提起し、私の考え方についても、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長に伝えていただいた。まさに皆さんの気持ちにそって外交努力を重ねてくれている」と述べました。

これに対し、田口八重子さんの長男の飯塚耕一郎さんが「41年間、拉致されたままの家族に、いち早く帰ってきてもらえるようにご協力をお願いします」と述べたほか、早紀江さんは、「2度も会って下さって本気で拉致問題を考えていただき、私たちは感動している。トランプ大統領を信頼している」と述べました。

トランプ大統領が拉致被害者の家族と面会するのはおととし11月に日本を訪れた際に続いて2回目です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。