2019年05月27日

◆近畿地方各地で真夏日 熱中症に十分注意

05月27日 12時01分  NHK関西ニュース

近畿地方は午前中から気温が上がり、27日も各地で30度以上の真夏日になっているところがあります。
熱中症に十分な注意が必要です。

気象台によりますと、近畿地方は27日も朝から強い日ざしが照りつけて気温が上がっています。

午前11時半までの最高気温は、▽兵庫県豊岡市で33度2分、▽京都府舞鶴市で31度7分、▽京都市で31度4分、▽大阪・枚方市で31度1分、▽和歌山県新宮市で30度8分などと、各地で真夏日になっているところがあります。
日中の最高気温は、▽兵庫県豊岡市で33度、▽京都市、大津市で32度、▽大阪市、奈良市で31度、▽和歌山市で30度などと、26日に続いて厳しい暑さが予想されています。

大阪市消防局によりますと、大阪市内では、この土日に熱中症の疑いで36人が病院に搬送されたということです。

熱中症の危険性が高くなっていることから、こまめに水分をとって適切に冷房を使うなど、十分な対策と注意が必要です。
一方、午後からは気圧の谷や湿った空気の影響で次第に雲が広がる見込みです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。