2018年06月14日

◆首相と面会の拉致被害者家族らが会見

2018年6月14日 14時50分米 NHKニュース

北朝鮮による拉致被害者の家族らは14日午後、米朝首脳会談の内容などについて安倍総理大臣から説明を受けたあと記者会見しました。

拉致被害者の家族らは14日午後、総理大臣官邸で安倍総理大臣と面会し、米朝首脳会談の内容などについて説明を受けました。

家族らはこのあと記者会見し、家族会代表で田口八重子さんの兄の飯塚繁雄さん(80)は、「拉致問題は奥が深く、幅が広く、判断が難しい。米朝の歴史的な会談から始まって、日朝の問題にまできちんと届き、期待感を持っています。しかし今まで北朝鮮にだまされてきた経過があります。今回はそのようなことが絶対にないようにしてもらいたい。焦って前のてつを踏むことはもうゆるせません。確実な考えのもとに確実な対応をお願いしたい」と話しました。

また、横田めぐみさんの母親の早紀江さんは(82)「力を合わせてようやくここまで来ました。北朝鮮のトップに拉致問題がもう一度届いたことは非常に大きな事だと思います。できるだけはやくみんなが家族と会えることを待ち望んでいるということをお願いしました」と話しました。


斉藤文代さん「静かに見守りたい」

拉致被害者の松木薫さんの姉の斉藤文代さんは記者会見で「私たちの家族の1日もはやい帰国に向けてしっかりとやってくださると確信しましたので静かに見守っていきたい」と話しました。


横田拓也さん「融和論はいけない」

拉致被害者、横田めぐみさんの弟の拓也さんは記者会見で、「日本政府として安倍総理大臣の政府の方針にゆるぎないことを確認できたのは安心できたうえ評価できる。安倍総理大臣の周辺で日朝交渉をするべきだとか、妥協策などと融和論が高まるのはあってはいけない。答えが見えるまでは簡単に動いてほしくないとお願いした」と話しました。
at 15:12 | Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。