2018年06月13日

◆新幹線殺傷“どこでも良かった”

06月13日 14時43分  NHK関西ニュース

東海道新幹線の車内で乗客3人が刃物で殺傷された事件で、逮捕された男は調べに対し「むしゃくしゃしていたので、事件を起こす場所はどこでも良かった」という趣旨の供述をしていることが警察への取材でわかりました。
警察は、愛知県内の男の自宅を捜索するなどして、事件を引き起こした動機の解明を進めています。

今月9日の夜、新横浜駅と小田原駅の間を走行していた東海道新幹線の車内で乗客の男女3人が刃物で切りつけられ、このうち兵庫県尼崎市の会社員、梅田耕太郎さん(38)が死亡しました。

警察は、その場で逮捕した無職の小島一朗容疑者(22)を殺人の疑いで調べていて、愛知県岡崎市の自宅には13日午後1時前、ダンボール箱などを持った神奈川県警の捜査員8人が捜索に入りました。
警察によりますと、小島容疑者は調べに対し「いずれ何か事件を起こすつもりだった」とか、「むしゃくしゃしていたので事件を起こす場所はどこでも良かった」という趣旨の供述をしているということです。

小島容疑者は去年12月に岡崎市の自宅を出たあと、長野県内で野宿などをしていたとみられていますが、警察は、13日の捜索で関係資料を押収するほか、今後、親族からも話を聞くなどして、事件を引き起こした動機の解明を進めることにしています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。