2018年04月17日

◆全国学力テスト 関西は30万人

04月17日 11時06分    


小学6年生と中学3年生を対象にした全国学力テストが17日、一斉に行われ、関西でもおよそ30万人の児童・生徒がテストに臨んでいます。
全国学力テストは、子どもたちの学力を把握して授業の改善につなげることなどを目的に、平成19年度から、全国の小学6年生と中学3年生を対象に、毎年行われています。

ことしは国語と算数・数学、それに理科の3つの教科でテストが行われ、関西2府4県でもおよそ30万人の児童・生徒が、テストに臨んでいます。

このうち、奈良市の伏見小学校では、6年生の児童およそ120人がテストに臨みました。
午前8時半に担任の教諭から、問題と解答用紙が配られると、子どもたちは注意事項を確認しながら、緊張した面持ちで、テストに備えていました。

全国学力テストの結果は、ことし7月末までにまとめられ、公表される予定です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。