2018年04月17日

◆川内優輝が日本選手 優勝 ボストン・マラソン

4月17日 4時35分     NHKニュース

アメリカのボストンで16日、伝統のボストン・マラソンが行われ、男子では川内優輝選手が、速報タイム2時間15分58秒で1位でフィニッシュし、日本選手としては31年ぶりとなる優勝を果たしました。

31歳の川内選手は埼玉県庁に勤めていて、公務員のランナーとして知られています。

川内選手はボストンで16日に、122回目を迎えたボストン・マラソンに出場し、風が強く、雨も降る状況のなか、粘りの走りを見せました。

レースには去年のボストン・マラソンや陸上の世界選手権でも優勝しているケニアのジョフリー・キルイ選手なども出場していましたが、川内選手は終盤にキルイ選手を抜いてトップになりました。そして、速報タイム2時間15分58秒で、1位でフィニッシュして初優勝を果たしました。

ボストン・マラソンで日本選手が優勝するのは、1987年の大会で優勝した瀬古利彦さん以来で31年ぶりとなりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。