2018年04月17日

◆福知山市役所で火事

04月17日 05時02分   NHK関西ニュース

16日遅く、京都府の福知山市役所で書類などが焼ける火事がありました。火が出た書類の保管室からは油のようなにおいが確認されたということで、警察と消防が火事の原因を調べています。

16日午後11時45分ごろ、福知山市役所で当直をしていた職員が火災報知機が鳴ったため消防に通報しました。消防が駆けつけたところ1階の乳児室の奥にある広さおよそ15平方メートルの書類の保管室から火が出ていて、数分で消し止められましたが、中にあった福祉保健部の文書や棚が焼けました。
けが人はなく、役所の機能に影響が出るような被害もないということで、福知山市役所はきょうも通常通り業務を行うということです。

警察などによりますと市役所には当時、当直の職員など数人がいたということですが、火が出た1階には誰もおらず、2か所ある職員の通用口のほかは施錠されていたということです。

警察によりますと書類の保管室には火の気はないとみられますが、油のようなにおいが確認されたということで、警察と消防が火事の原因を詳しく調べています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。