2018年04月16日

◆自公 来週 柳瀬氏ら参考人として招致で一致

野党 証人喚問主張

4月16日 15時13分加計学園問題 NHKニュース

「加計学園」の獣医学部新設をめぐり自民・公明両党の幹事長らが会談し、来週、衆議院予算委員会で集中審議を開き、柳瀬元総理大臣秘書官ら関係者を参考人として招致する方針で一致しました。

これを受けて与党側は、来週23日の集中審議を野党側に提案しましたが、野党側は証人喚問をすべきだと主張し、引き続き協議することになりました。

「加計学園」の獣医学部新設をめぐっては、野党側が愛媛県の担当者が3年前に総理大臣官邸を訪問した際のやり取りを記したとする文書に記載のある柳瀬元総理大臣秘書官らの証人喚問などを求めています。

これを受けて、自民・公明両党の幹事長らが会談し、安倍総理大臣が17日からアメリカを訪問することを踏まえ、帰国後の来週、訪米の報告も含めて衆議院予算委員会で集中審議を行う方針で一致しました。

そのうえで、「これまで証人喚問は、ほとんどが刑事訴追の可能性がある場合に行われており、非常に重い対応だ」として、柳瀬氏ら関係者を発言の内容で罰せられることのない参考人として集中審議に招致することで、野党側と調整していくことを決めました。

これを受けて衆議院予算委員会の与野党の筆頭理事が会談し、与党側は、来週23日に集中審議を開き柳瀬氏らを参考人として招致することを提案したのに対し、野党側は「証人喚問をすべきだ」と主張し、引き続き協議することになりました。

自民党の森山国会対策委員長は記者団に対し、柳瀬氏らの国会招致について「国民にしっかり説明責任を果たせるような集中審議をすべきだという考え方に沿って判断する」と述べました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。