2018年04月16日

◆大阪城入館者記録更新で切手販売

04月16日 12時11分    NHK関西ニュース

大阪城天守閣の昨年度の入館者数が過去最高となったことを記念し、16日からオリジナルフレーム切手の販売が始まりました。

大阪城天守閣では入館者の数が3年連続で記録を更新していて、昨年度は集計を始めた昭和6年から最多のおよそ275万人となりました。

これを記念して16日から大阪城のオリジナルフレーム切手の販売が始まりました。
ひとつのシートは82円切手が10枚でそれぞれのデザインには大阪城天守閣が所蔵する▼「大坂夏の陣図屏風」や▼鳥羽・伏見の戦いの敗戦後、大坂城からひそかに脱出する将軍の徳川慶喜を描いた錦絵などが取り入れられています。

結婚50周年の記念に富山から訪れたという女性は、「私たち夫婦と孫に2セット買いました。すごく良い記念になりました」と話していました。
大阪城天守閣の山下裕子さんは、「記録更新の喜びをみんなで分かち合いたいと企画しました。この切手を通して、大阪城に興味を持ち何度でも足を運んでもらいたいです」と話していました。

オリジナルフレーム切手は、城内の2か所の売店で特製のクリアファイルとセットで販売されているほか、大阪市内の108の郵便局でも販売されています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。