2018年01月03日

◆Uターン 空の便と新幹線混雑 高速道も

午後に渋滞本格化

1月3日 12時06分交通混雑

年末年始をふるさとや行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュで、国内の空の便と新幹線は、午前中から混雑しています。また午後からは高速道路の上り線も、一部で30キロを超える激しい渋滞が予想されています。

航空各社によりますと、国内の空の便は2日に続いて混雑し、各地から羽田に向かう上りの便は全日空、日本航空ともほぼ満席になっています。

新幹線は3日がUターンラッシュのピークで、東京に到着する東海道・山陽新幹線の列車の指定席や自由席は午後から激しい混雑が予想されるということです。
東北・北海道新幹線の指定席は終日ほぼ満席、秋田・山形・上越・北陸各新幹線の指定席も終日満席で、自由席も午後から混雑が予想されるということです。

日本道路交通情報センターによりますと、高速道路の上り線は午前11時半の時点で、九州自動車道が事故の影響で福岡県の広川インターチェンジ付近を先頭に14キロ、中央自動車道が小仏トンネル付近を先頭に13キロ、中国自動車道が事故の影響で兵庫県の宝塚西トンネル付近を先頭に12キロの渋滞となっています。

高速道路の上り線は、東名高速道路が午後1時ごろに神奈川県の大和トンネル付近で30キロの激しい渋滞が見込まれ、名神高速道路が午後3時ごろに愛知県の一宮インターチェンジ付近で25キロ、関越自動車道が午後4時ごろに埼玉県の高坂サービスエリア付近で25キロ、東北自動車道が午後5時ごろに埼玉県の羽生パーキングエリア付近で20キロ、中央自動車道が午前11時ごろに東京と神奈川の県境にある小仏トンネル付近で20キロ、東名阪自動車道が正午ごろに三重県の鈴鹿インターチェンジ付近で20キロ、中国自動車道が午後4時ごろに兵庫県の宝塚西トンネル付近で20キロの渋滞が見込まれています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。