2017年09月14日

◆台風18号、強風や高波に警戒を気象庁呼び掛け

<2017/9/14 07:11   共同通信>

 非常に強い台風18号は14日、宮古島(沖縄県)沖の東シナ海の海上を北北西に進んだ。宮古島や久米島(同県)などでは風速30メートルを超える猛烈な風が観測されており、気象庁は暴風やうねりを伴った高波、大雨による土砂災害への厳重な警戒を呼び掛けた。勢力を維持したまま北上し、15日には東寄りに進路を変える見込み。

 14日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄地方で30メートル(45メートル)。波の高さは9メートル。15日午前6時までに、沖縄地方で200ミリ、鹿児島県の奄美地方で150ミリ、九州南部で120ミリの雨が降る恐れがある。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。