2017年09月13日

◆わいせつ動画出演に勧誘の男有罪 大阪地方裁判所


(09月13日 15時11分   NHK関西ニュース)

インターネットの動画配信サイト「FC2ライブ」で、わいせつな行為を配信する目的で女子高校生などを集めたとして、職業安定法違反などの罪に問われた男に対し、大阪地方裁判所は、「言葉巧みに女性を誘った悪質な犯行だが、反省もしている」として、執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。

大阪・浪速区の自営業、越智武友被告(37)は、去年11月からことし2月にかけて、インターネットの動画配信サイト「FC2ライブ」で、わいせつな行為を配信する目的で、20代の女性や女子高校生を集めたとして、有害な仕事をさせるための募集を禁じた、職業安定法違反などの罪に問われました。

検察は、被告が女子高校生らに「1日10万円稼げる」などと持ちかけたと指摘し、被告側は、起訴された内容を認めていました。

13日の判決で、大阪地方裁判所の松田道別裁判長は、「多額の売り上げを得る目的で、常習的に犯行を行っていた。言葉巧みに女性を誘った犯行で巧妙かつ悪質だ」と指摘しました。

一方で、「罪を認め、反省の態度を示している」として、越智被告に、懲役2年、執行猶予3年の判決を言い渡しました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。