2017年08月12日

◆磯釣りの男性が溺れて死亡 和歌山県白浜町海岸

(08月12日 16時49分   NHK関西ニュース

12日午前、和歌山県白浜町の海岸で磯釣りをしていた67歳の男性が、海に落ちた釣り道具を取ろうとして海に入ったところ、溺れて死亡しました。

12日午前10時ごろ、和歌山県白浜町椿の海岸で、磯釣りをしていた男性が海で溺れて流されたと、消防に通報がありました。

男性は、現場に駆けつけた消防隊員に引き上げられましたが、すでに心肺停止の状態で、田辺市内の病院に運ばれましたが、およそ2時間後に死亡が確認されました。

警察によりますと、死亡したのは田辺市の林業、中岡眞吉さん(67)で、12日は朝から息子と2人で磯釣りをしていましたが、海に落ちた釣り道具をとろうとして海の中に入ったところ、溺れてしまったということです。

当時、風や波は穏やかでしたが、中岡さんは救命胴衣をつけていなかったということで、警察が当時の状況を詳しく調べています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。