2017年07月17日

◆早稲田実 清宮105本目の本塁打 5回戦へ

(7月17日 14時11分   NHKニュース)

高校野球で注目のバッター、早稲田実業の清宮幸太郎選手が夏の全国高校野球、西東京大会の4回戦で、高校通算105本目のホームランとなる満塁ホームランを打ち、チームは5回戦に進みました。

清宮選手がキャプテンを務める早稲田実業は、初戦の3回戦を勝ち進み、17日、東京都八王子市で行われた4回戦で芦花高校と対戦しました。

3番・ファーストで先発出場した清宮選手は、1回の第1打席でライト前にヒットを打ち、先制点につなげました。このあと、5回の第4打席はツーアウト満塁の場面で回ってきましたが、セカンドフライに倒れました。そして、7回には再び満塁で打席がまわり、今度は、アウトコースのストレートを左中間スタンドに運び、満塁ホームランを打ちました。

清宮選手は初戦に続き、今大会2本目のホームランで、高校通算のホームラン数を105本に伸ばしました。試合は早稲田実業が芦花高校に14対0で7回コールド勝ちし、5回戦に進みました。

清宮選手は「打った感触がよかったので入るかなと思った。きょうは父の50歳の誕生日なので、最後の最後にホームランが出てホッとしている。次から場所が変わって神宮球場になるので、また初戦のつもりで準備して臨みたい」と話していました。

夏の全国高校野球西東京大会は、日程が順調に進めば今月30日に決勝が行われます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451882725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック