2009年03月17日

◆神奈川、禁煙条例案を議会で審議

    〜飲食店への罰則適用が焦点〜<共同通信>

神奈川県の松沢成文知事が提案した全国初の禁煙条例案の審議が17日、県議会厚生常任委員会で始まった。県議会最大会派の自民党や公明党などは、飲食店への罰則適用を猶予する内容の修正案を提案する予定で、審議が長引き、採決は17日深夜から18日未明にずれ込む見通し。

松沢知事は修正案について「罰則がないと実効性がなく骨抜きになる」と批判。採決前に妥協点を探るため県議会側に協議を求めている。

条例原案は罰則として過料を設定し、施設の種類や規模に応じて「禁煙」か「禁煙または分煙」を義務付けている。100平方メートル以下の小規模飲食店やパチンコ店は「特例第2種施設」として事実上規制の対象外にした。

修正案の主なポイントは(1)大型飲食店や宿泊施設などの「第2種施設」について少なくとも3年間は罰則を猶予(2)「特例第2種施設」に小規模宿泊施設を加える−ことなど。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。