2009年03月17日

◆「WTC 防災機能は問題なし」

〜府議会委員会で知事強調〜

大阪府の橋下知事は、府議会の都市整備常任委員会で、府庁舎を南港のWTCに移転する案に関連し、「WTCは行政上、政治上対策を講じなければならないレベルの防災機能は確保できている」と述べ、防災拠点としての機能に問題はないという考えを強調した。

大阪府議会常任委員会は17日から橋下知事に対する質疑を開始。

このうち都市整備常任委員会で、自民党の鈴木憲議員がWTC移転案について、「WTCは地震や津波、風水害に対する防災機能は確保できているか」と質したのに対し、橋下知事は、次のように述べた。

「職員が参集するルートの一部には地盤が低い所もあるが、大阪市の平松市長からは、府庁が移転するまでの間に、地盤のかさ上げなど万全の措置を講じるという返事をもらっている。WTCは、地震や津波などについて行政上、政治上対策を講じなければならないレベルの防災機能は確保できていると考えている」と述べ、防災拠点としての機能に問題はないという考えを強調した。

さらに橋下知事は、「あとはメリットとデメリットの中での政治判断になる。今の庁舎も想定外の災害を考えれば、非常なリスクがあるわけで、あとは、どこまでのリスクをとって、どこまでのメリットを求めていくかという政治判断だ」と述べた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。