2020年11月23日

◆新型コロナ 大阪は282人感染


11月23日 18時13分  NHK関西ニュース

大阪府は23日、282人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表しました。
1日の感染者数は7日連続で200人以上となりました。

大阪府内で感染が確認された人の累計は1万7931人となりました。

◆東京都 新型コロナ 月曜日では過去最多 314人感染確認


2020年11月23日 15時29分  NHKニュース

東京都は、23日午後3時時点の速報値で都内で新たに314人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1日の感染の確認が300人を超えるのは6日連続、月曜日の発表人数としては初めて300人を超えて、最も多くなりました。

都によりますと、感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女合わせて314人です。

年代別では、
▽10歳未満が5人、
▽10代が31人、
▽20代が65人、
▽30代が58人、
▽40代が41人、
▽50代が63人、
▽60代が24人、
▽70代が17人、
▽80代が9人、
▽90代が1人です。


月曜日では初めて300人超え

都内で1日の感染の確認が300人を超えるのは6日連続です。

月曜日は、土曜日や日曜日に休診の医療機関が多いため、発表人数が比較的少ない傾向がありますが、23日の314人は月曜日としては初めて300人を超えて、最も多くなりました。

これで都内で感染が確認されたのは、合わせて3万8022人になりました。

一方、都の基準で集計した23日時点の重症の患者は22日より1人増えて41人でした。

◆観光地にぎあう 不安の声も


11月23日 15時50分  NHK関西ニュース

【奈良公園では】
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、3連休最終日の23日、奈良市の奈良公園には、多くの観光客が訪れ、にぎわいました。

大阪・東大阪市の20代の男性は「紅葉を見るために来ました。新型コロナに対する不安はありますが、屋外なので軽く外を歩くくらいなら大丈夫かなと思います」と話していました。

東京から来た50代の女性は「Go Toキャンペーンを利用して、1か月ほど前からホテルを予約していました。個人がそれぞれ対策をすれば問題ないのかなと思います」と話していました。
一方、人出の多さに対する驚きや「Go Toキャンペーン」への不安の声も聞かれました。

大阪・堺市の20代の女性は「新型コロナの影響で、みなさん外出を自粛していると思いましたが、思ったより人が多くて驚きました」と話していました。
福岡県から来た20代の男性は「なるべく外出はせず、少しだけ散策をして帰るつもりです。今回はGo Toキャンペーンを利用しましたが、今後、感染者数が減らないと使いづらいと思います」と話していました。

【姫路城では】
兵庫県の世界遺産・姫路城では、県外からの観光客の姿が見られました。

このうち広島市から来た40代の女性は「『Go Toトラベル』を利用して来ました。感染者が増えていているので少し不安は感じますが、消毒などの対策を行えば大丈夫だと思い、宿泊旅行に来ました。自粛が求められれば従いますが、Go Toキャンペーンなどで、経済を回していくことも大切だと思います」と話していました。

大阪市から来た50代の男性は「感染が拡大しているので、きょうは日帰りで、公共交通機関を避けて車で来ました。今後、自粛が求められるなどして、旅行に行けなくなるかもしれないと思ったので、感染予防にかなり気を使って来ました」と話していました。
大阪府から来た50代の女性は「もともと3連休は遠方に旅行したいと思っていたのですが、感染が続いていたので近場に変更しました。今後、往来などの自粛要請が出されれば従うつもりです」と話していました。

姫路城の近くで観光用の人力車を運行する会社の下園雄輝さんは「この3連休は、ようやく以前の半分くらいの観光客が戻ってきたと感じています。Go Toキャンペーンが始まった頃から少しずつ客足が戻り始めましたが、感染が拡大しているので中止になってもしかたがないです」と話していました。

◆“安倍前首相側が一部費用負担”示す領収書などホテル側が作成


2020年11月23日 15時59分  NHKニュース

「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会について、安倍前総理大臣側が費用の一部を負担していたことを示す領収書や明細書を会場となったホテル側が作成していたことが複数の関係者への取材で新たに分かりました。

懇親会をめぐっては政治資金収支報告書に収支を記載しなかった政治資金規正法違反などの疑いでの告発状が提出されていて、東京地検特捜部は安倍前総理大臣の公設第1秘書らから任意で事情を聴くなどして詳しい経緯の確認を進めているものとみられます。

「桜を見る会」の前日夜に開かれた安倍前総理大臣の後援会主催の懇親会は、7年前の平成25年から去年まで都内のホテルで毎年開かれ、会費5000円で支援者らが参加していましたが、野党側が国会で「安倍事務所が費用を補填(ほてん)していたのではないか」などと追及し、全国の弁護士らからは政治資金規正法違反などの疑いでの告発状が提出されています。


“一部費用負担”を示す領収書などをホテル側が作成
政治資金規正法は、政治団体が会費制の催しを行った場合、その収支を収支報告書に記載することを義務づけていますが、複数の関係者への取材で、安倍前総理大臣側が費用の一部を負担していたことを示す領収書や懇親会の費用の総額などが記された明細書を会場となったホテル側が作成していたことが新たに分かりました。
関係者によりますと、懇親会の費用の総額は参加者から集めた会費を上回り、差額分が補填された可能性があるということです。


東京地検特捜部 安倍前首相の公設第1秘書ら任意で事情を聴く
東京地検特捜部もホテル側が作成した領収書などの存在を把握しているとみられ、後援会の代表を務める安倍前総理大臣の公設第1秘書らから任意で事情を聴くなどして詳しい経緯の確認を進めているものとみられます。


懇親会の費用 事務所や後援会の収支は一切ないと説明
安倍前総理大臣はこれまで国会などで「懇親会のすべての費用は参加者の自己負担で支払われており、事務所や後援会の収支は一切なく政治資金収支報告書に記載する必要はない」と説明し、明細書についても「事務所に確認したがホテル側からの発行はなかった」と説明していました。


安倍前首相の事務所「コメントを差し控える」

安倍前総理大臣の事務所は23日午後、「先般、刑事告発されたことを受けて説明を求められましたので、捜査に協力し、真摯に(しんし)対応させていただいているところです。なお、詳細については、コメントを差し控えさせていただきます」とするコメントを発表しました。

◆大阪の感染確認 全国最多に


11月23日 07時01分  NHK関西ニュース

大阪で、22日、確認された新型コロナウイルスの感染者は過去最多となる490人に上り、全国でも東京を上回り最も多くなりました。各府県は改めて感染を防ぐ対策を徹底するよう強く呼びかけています。

関西の2府4県で22日に発表された新型コロナウイルスの新たな感染者は、▼大阪で490人、▼兵庫で139人、▼京都で24人、▼奈良で12人、▼滋賀で5人、▼和歌山で5人のあわせて675人と1日の感染者としてはこれまでで最も多く、6日連続で過去最多となりました。
このうち大阪は、2日連続で400人を超え、きのうは東京の391人を上回り全国で最多となりました。

大阪の感染者を年代別でみますとほぼすべての年代で偏りなくみられる一方、市町村別でみますと大阪市が全体の58%を占めています。
また、感染経路が分からない人の割合はこの1週間、50%台から60%台で推移していましたが、きのうは76.3%にまで上昇しています。

さらに、吉村知事が50%を超えた場合、営業時間の短縮を飲食店に要請する必要があるとしている重症患者の病床使用率は前の日から2ポイント上昇し44.2%となっています。

各府県はマスクの着用や手指の消毒それに大人数での会食を控えるなど改めて感染を防ぐ対策を徹底するよう強く呼びかけています。

◆Go Toトラベル 政府 数日中に方向性

全国知事会も対応協議へ

2020年11月23日 4時02分  NHKニュース

「Go Toトラベル」をめぐって、政府は数日中に、感染拡大地域を目的地とする新規予約の一時停止などの方向性を示す方針です。一方、全国知事会の飯泉会長は「北海道であれば札幌、愛知県であれば名古屋を外すという選択もあってもいいのではないか」と述べるなど、地域を絞った形での対策を求めており、知事会は23日、対応を協議することにしています。

「Go Toトラベル」について政府は、新型コロナウイルスの感染拡大地域を目的地とする旅行の新規予約を一時停止するなどの措置を導入することにしています。

これに向けて政府は、予約済みの旅行を取りやめた場合のキャンセル料の扱いなどについて数日中に方向性を示す方針で、西村経済再生担当大臣は22日、「今、観光庁で大至急詰めている」と述べました。

そのうえで西村大臣は、新たな措置について「都道府県知事が域内の感染や病床の状況をいちばん分かっており、まずは知事にしっかり判断していただきたいと考えており、状況をヒアリングしながら連携して対応したい」と述べました。

一方、全国知事会の飯泉会長は「例えば、北海道であれば札幌、愛知県であれば名古屋を外すという選択もあってもいいのではないか」と述べました。

飯泉会長は政府に対し、地域を絞った形での効果的な対策を求めており、全国知事会は23日、新型コロナウイルスの緊急対策本部の会合を開いて、「Go Toトラベル」への対応などについて協議することにしています。
at 07:55 | Comment(0) | 政治

◆新型コロナ 世界の感染者5839万人 死者138万人

(23日午前3時)

2020年11月23日 5時25分  NHKニュース

アメリカ、ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、新型コロナウイルスの感染が確認された人は、日本時間の23日午前3時の時点で、世界全体で5839万5671人となりました。また、亡くなった人は138万4651人に上っています。

感染者の多い国

感染者が最も多いのは
▽アメリカで1212万6076人、
次いで、
▽インドが909万5806人、
▽ブラジルが605万2786人、
▽フランスが217万8023人、
▽ロシアが207万1858人です。


死者の多い国

亡くなった人が最も多いのも
▽アメリカで25万5959人、
次いで、
▽ブラジルが16万8989人、
▽インドが13万3227人、
▽メキシコが10万823人、
▽イギリスが5万4722人となっています。

2020年11月22日

◆関西で過去最多の675人が感染 大阪490人


11月22日 18時42分  NHK関西ニュース

関西2府4県では22日、過去最多となる合わせて675人が新型コロナウイルスに感染したことが新たに確認されました。
このうち大阪府は490人と2日連続で400人を超え、東京都を上回っていて、各府県は改めて感染を防ぐ対策を徹底するよう、強く呼びかけています。

関西の2府4県で22日、発表された新型コロナウイルスの新たな感染者は、▼大阪で490人、▼兵庫で139人、▼京都で24人、▼奈良で12人、▼滋賀で5人、▼和歌山で5人の合わせて675人となり、1日の感染者としてはこれまでで最も多くなりました。
このうち大阪府は東京都の391人を大きく上回っていて、2日連続で400人を超えました。

21日から始まった3連休の前に、大阪府では警戒レベルを1段階引き上げているほか、兵庫県も最大級の警戒を呼びかける「感染拡大特別期」に入ったことを宣言し、いずれも飲食店などでの会食は4人までとするなど、関西の各府県は、改めて感染を防ぐ対策の徹底を、強く呼びかけています。

大阪府の吉村知事は20日、「大阪の感染は確実に右肩上がりの状況で、感染経路がわからない高齢の重症患者が多くなっている。高齢者や基礎疾患がある人など重症化のリスクがある人は、不要不急の外出を控えてほしい」などと呼びかけています。

◆大相撲 大関 貴景勝が優勝

おととしの九州場所以来2回目

2020年11月22日 17時44分  NHKニュース

大相撲の大関 貴景勝が11月場所千秋楽の22日、小結 照ノ富士との優勝決定戦を制しておととしの九州場所以来となる2回目の優勝を果たしました。大関が優勝するのは、平成29年初場所の稀勢の里以来、22場所ぶりです。

◆東京都 新型コロナ 新たに391人感染確認

300人超は5日連続

2020年11月22日 15時03分  NHKニュース

東京都は22日、午後3時時点の速報値で都内で新たに391人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の感染の確認が400人を下回るのは5日前の今月17日以来です。

また300人を超えるのは5日連続です。これで都内で感染が確認された人は累計で合わせて3万7708人になりました。

◆感染拡大 繁華街や観光地は混雑


11月22日 12時14分  NHK関西ニュース

新型コロナウイルスの感染者は21日、大阪府で初めて400人を超えたほか、兵庫県でも150人を超えいずれも過去最多となりました。
感染拡大が続く中、3連休2日目の22日も各地の繁華街や観光地は混雑していて、「感染に気をつけながら外出したい」といった声が聞かれました。

【大阪・梅田の繁華街では】
顧客への手土産を買いにデパートを訪れた会社経営の男性は「お客さんにどうしてもお土産が必要なので出てきました。感染リスクをゼロにすることはできないでしょうが、うがいや手洗い、消毒に気をつけています」と話していました。

またクリスマスの飾りづくりの講習会に来た大阪市の主婦は「よほどの用事がない限り、出歩かないようにしているが、予約した講習会なので来ました。みんな気をつけているはずなのに、なぜ感染者が増えていくのかと思いますが、ひとりひとりが気をつける以外にないですね」と話していました。

Go Toトラベルを利用して有馬温泉に行くという女子大学生は「予約しているし、予定通り行くことにしました。人との接触が多くなるので感染が心配ですが、旅館も対策をたてているとウェブサイトで見たので気をつけて行ってきます。Go Toトラベルは何度か使っていますが、いったんやめるのはしかたないと思います」と話していました。

【神戸の南京町では】
大阪から来た70代と60代の夫婦は「感染者が増えているのでマスクをして、密にならないように感染対策をしっかりして来ました。食事も外で食べ、一切ほかにはよらず帰ろうと思います」と話していました。
またGo Toトラベルを利用して名古屋市から来た親子は「感染に不安はあるが、消毒液など対策をすれば大丈夫だと思ってきました。予約したときは感染者が減っていたタイミングでしたが、そこから増えてキャンセル料も発生する時期だったので、気をつけながら来ました。きょう帰宅して、あしたは家にこもります」と話していました。

大阪と滋賀から来た10代の女性は「Go Toキャンペーンは、人が多いところでさらに人が増えるのでやめたほうがいい。感染マナーをしっかり守れている人は町に出てもいいと思いますが、守ってない人もいるので、そういう人はよく考えて行動してほしい」と話していました。
南京町商店振興組合の理事長の曹英生さんは「ふだんの土日より3連休の真ん中で人では多いです。感染対策をきちんとすれば出歩いても大丈夫だという認識が広まっているのだと思います。Go Toキャンペーンは当初はウェルカムでしたが、これだけ増えるとそれなりの対策をしていかないといけない思う。観光客に来ていただきたい気持ちもありますが、難しいです」と話していました。

◆関西で過去最多642人感染確認


11月22日 07時56分   NHK関西ニュース

関西2府4県で21日に発表された新型コロナウイルスの感染者は大阪で415人、兵庫で153人といずれも過去最多となりました。

関西全体では642人と1日の感染者数としては初めて600人以上となり、専門家は手洗いや咳エチケット、換気などといった基本的な対策を継続することを呼びかけています。

関西の2府4県で21日に発表された新型コロナウイルスの新たな感染者は▼大阪で415人▼兵庫で153人▼京都で35人▼奈良で22人▼滋賀で10人▼和歌山で7人のあわせて642人でこれまでで最も多くなりました。

このうち大阪府は415人と初めて400人以上となり、3日続けて過去最多となったほか兵庫県でも153人とこれまでで最も多くなりました。
また、大阪府は5人の死亡が確認されたと発表しました。

この連休を前に、大阪府では警戒レベルを1段階引き上げているほか、兵庫県も最大級の警戒を呼びかける「感染拡大特別期」に入ったことを宣言し、いずれも飲食店などでの会食は4人までとするなど、対策を徹底するよう呼びかけています。

関西福祉大学の勝田吉彰教授は、感染者は今後も増えていくと考えられるとした上で、手洗いや咳エチケット、換気など基本的な対策の継続が欠かせないとしています。