2019年10月19日

◆東日本の広範囲で大気不安定 被災地は洪水 土砂災害に十分注意

2019年10月19日 11時36分  NHKニュース

前線や低気圧の影響で東日本と東北の広い範囲で大気の状態が不安定になり、19日朝は千葉県で1時間に100ミリ以上の猛烈な雨を観測しました。このあとしばらくの間は東北を中心に雨が降る見込みで、台風19号の被災地では洪水や土砂災害に十分な注意が必要です。


気象庁によりますと、前線と低気圧に向かって湿った空気が流れ込み、東日本と東北の広い範囲で大気の状態が不安定になっています。

19日朝は、関東に発達した雨雲がかかり、千葉県では、レーダーによる解析で、午前8時前後までの1時間に、横芝光町付近と山武市付近、匝瑳市付近でおよそ100ミリからおよそ110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が相次いで発表されました。

千葉県では土砂災害の危険性が非常に高まり、土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。

関東の雨のピークは過ぎましたが、大気の不安定な状態が続くため、このあとしばらくの間は東北を中心に雨が降る見通しです。

台風19号の被災地では、川の堤防が復旧できていない場所があるほか、地盤が緩んでいるところもあります。ふだんなら災害につながらないような雨量でも洪水や土砂災害の危険性が高まるおそれがあり、十分な注意が必要です。

復旧作業や片づけなどの際は雨の降り方に注意し、増水した川や山の斜面などに近づかないようにするとともに、自治体からの避難の情報に注意してください。

◆マイクロバスが土手から転落 児童7人けが 福岡 うきは

2019年10月19日 9時56分  NHKニュース

19日朝、福岡県うきは市で、小学生18人を乗せたマイクロバスが土手に転落し、消防によりますと、7人がけがをして病院で手当てを受けました。



19日午前7時半ごろ、福岡県うきは市吉井町の県道からマイクロバスが土手に転落したと、近くにいた人から消防に通報がありました。

警察によりますと、このバスには福岡県久留米市の小学校に通う3年生から6年生の児童18人が乗っていて、消防によりますと、このうち7人が手や足に軽いけがをして病院で手当てを受けました。

警察によりますと、土手にある草が倒れている状況などから、マイクロバスは、土手の斜面上を1回転して道路から9メートルほど離れた場所に停止したとみられるということです。

児童たちは、少年野球のチームに所属し、バスでうきは市内の試合会場に向かっていたということです。

現場は片側1車線の見通しのよい直線道路で、警察はバスの運転手から話を聞くなどして事故の状況を調べています。

◆ラグビーW杯 準々決勝に向けて最終調整 SH流「誇り高く戦う」

2019年10月19日 12時06分  NHKニュース

ラグビーワールドカップ日本大会で、日本代表は、20日、行われる強豪、南アフリカとの準々決勝に向けて都内で最終調整し、今大会すべての試合で先発している流大選手が意気込みを話しました。



日本代表は1次リーグを4戦全勝で、初めてのベスト8入りとなる決勝トーナメントに進み、20日の準々決勝は、東京・調布市の東京スタジアムで、優勝候補の一角の南アフリカと対戦します。

選手たちは、19日、都内のグラウンドで最終調整し、報道陣に公開された冒頭ではキャプテンでフランカーのリーチマイケル選手のほか、今大会すべての試合で先発している同じフランカーのピーター・ラブスカフニ選手やスクラムハーフの流選手などがリラックスした様子で体を動かしていました。

南アフリカは世界屈指のフィジカルとスピードが持ち味で、日本は前回大会で「世紀の番狂わせ」と呼ばれる勝利をあげましたが、大会直前の9月のテストマッチでは7対41で敗れています。

日本は相手の強みのスクラムやモールといった力勝負で対抗するとともに、密集への素早いサポートから攻撃を展開するなど、今大会、強豪に打ち勝ってきた持ち味をいかに発揮できるかが勝負の鍵を握ります。

流選手は練習のあとの記者会見で「初めての決勝トーナメントでわくわくしている。常に冷静に選手たちに声をかけてチームにエナジーを与え、ゲームプランを遂行しきることが僕の役割だ。チームのために誇り高く戦う」と決意を話しました。

日本対南アフリカの準々決勝は、20日午後7時15分からで、NHKは総合テレビ、BS4K、ラジオ第一で中継します。

◆近畿 大気状態 非常に不安定

10月19日 07時11分  NHK関西ニュース

西日本に停滞する前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、近畿地方では大気の状態が非常に不安定となっています。大阪管区気象台は近畿南部では、昼前まで土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

近畿地方では大気の状態が非常に不安定となっていて南部を中心に局地的に雷雲が発達しています。
17日の降り始めから19日午前6時までに降った雨の量は和歌山県新宮市で418.5ミリ、奈良県下北山村で226ミリなどとなっています。

近畿地方では、今夜のはじめ頃にかけて局地的に雷を伴って非常に激しい雨や激しい雨が降る見込みで予想される1時間あたりの雨の量はいずれも多い所で近畿南部で50ミリ近畿中部で40ミリと予想されています。

また、20日午前6時までの24時間に予想される雨の量はいずれも多いところで、近畿南部で120ミリ近畿中部で100ミリとなっています。
気象台は土砂災害に警戒するとともに低い土地の浸水や河川の増水に十分注意し、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意するよう呼びかけています。

◆東日本〜東北で大気不安定 台風被災地でも大雨のおそれ

2019年10月19日 7時24分  NHKニュース

前線や低気圧の影響で東日本と東北で大気の状態が不安定になり激しい雨が降っています。台風19号の被災地でも19日夕方にかけて局地的に非常に激しい雨が降り、洪水や土砂災害の危険性が高まるおそれがあるとして気象庁が警戒を呼びかけています。


気象庁によりますと前線と低気圧に向かって湿った空気が流れ込み、東日本と東北で大気の状態が不安定になり雨雲が発達しています。

午前6時までの1時間に千葉県の君津市坂畑で38ミリ、大多喜町で32.5ミリの激しい雨が降りました

これまでの雨で千葉県と伊豆諸島では土砂災害の危険性が非常に高まり土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。

大気の不安定な状態が続くため19日は広い範囲で雨が降り、夕方にかけては関東甲信と東北の太平洋側の沿岸部を中心に局地的に非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

20日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで静岡県で100ミリ、関東甲信と伊豆諸島、東北の太平洋側で80ミリと予想されています。

台風19号の被災地では、川の堤防が決壊するなどして応急的な補修工事が行われていますが、復旧できていない場所があるほか、地盤が緩んでいるところもあります。

気象庁は、ふだんなら災害につながらないような雨量でも洪水や土砂災害の危険性が高まるおそれがあるとして警戒を呼びかけています。

復旧作業や片づけなどの際は雨の降り方に注意し、増水した川や山の斜面などに近づかないようにするとともに、自治体からの避難の情報に注意してください。

◆史上初 女性のみによる宇宙空間での船外活動

2019年10月19日 7時42分  NHKニュース

宇宙開発の歴史上初めてとなる、女性の宇宙飛行士のみでの宇宙空間での船外活動が18日、ISS=国際宇宙ステーションで行われました。


今回の宇宙空間での作業は、ISSに供給される電力の制御装置を交換するために行われ、いずれも女性のクリスティーナ・コック宇宙飛行士とジェシカ・メイヤー宇宙飛行士がペアになって日本時間の18日夜8時半すぎに宇宙服を着てISSの外に出ました。作業はおよそ7時間にわたり、2人は息を合わせて、古い部品を慎重に取り外し新しい部品を取り付けました。

女性の宇宙飛行士のみによる宇宙空間での活動は歴史上、初めてです。当初は、ことし3月に予定されていましたが、女性に合うサイズの宇宙服が1着しかなかったため、今回に持ち越されていました。

アメリカのトランプ大統領は宇宙空間で作業中の飛行士と電話で話をし、「あなたたちはとても勇気がある。私にはとてもできない」と述べたうえで、「歴史に残る偉業だ」とたたえました。

アメリカは2024年までに月に宇宙飛行士を送り込むことを目指していて、月面に立つ2人のうち1人は女性を選ぶとしています。

現在、NASAをはじめ各国の宇宙機関では多くの女性の宇宙飛行士が訓練を受けていて、女性が宇宙で活動する機会は今後さらに増えていくものとみられます。

2019年10月18日

◆橋本五輪相「マラソン・競歩選手に丁寧な説明が必要」

2019年10月18日 14時17分  NHKニュース

東京オリンピックの猛暑対策として、マラソンと競歩の会場を札幌に移す案について、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は、急な変更は選手に戸惑いが生じるとして、丁寧な説明が必要だという考えを示しました。


IOC=国際オリンピック委員会は、東京オリンピックのマラソンと競歩について、猛暑対策として札幌に会場を移して実施する案を発表し、バッハ会長が17日、組織委員会との間で合意したことを明らかにしました。

これについて、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は閣議のあとの記者会見で、自身もオリンピックに7回出場した経験を踏まえ、「元アスリートの立場からすると、選手は受け止めなければならないが、長年にわたってコースをイメージしながらトレーニングしてきたと思うので、すぐに変更することには誰にも戸惑いがあるだろう」と指摘しました。

そのうえで、「しっかりと納得のいく説明をし、選手たちがよりいいメンタルを持って大会に臨めるようにすることが重要なテーマになる」と述べ、選手への丁寧な説明が必要だという考えを示しました。

また、橋本大臣は、すでに抽せん販売された観戦チケットをめぐり戸惑いが広がっていることについて、「非常に残念な気持ちは分かる。来てもらう人への配慮も重要なテーマで、みんなが心を1つにして大会に向かう機運醸成に努めたい」と述べました。

◆天皇陛下即位記念の切手販売始まる

2019年10月18日 14時14分  NHKニュース

天皇陛下が即位を内外に宣言される儀式、「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」が今月22日に行われるのを前に、即位を記念する切手シートと切手帳の販売が始まりました。



東京 千代田区の東京中央郵便局では、午前9時の販売開始の時点でおよそ100人が列を作っていました。

記念の切手シートは、2種類の84円切手が5枚ずつ10枚でセットになっていて、明治神宮の正殿の装飾に使われていた「鳳凰」などがデザインされています。また、切手帳には即位を祝う一般参賀で撮影された天皇皇后両陛下の写真が載せられ、切手シートの代金を含めて1550円で販売されています。

購入した東京 八王子市の69歳の女性は、「とてもすてきなデザインだと思います。切手帳は使わずにとっておいて、切手シートは、お祝い事やおめでたいことがあったときに使いたいと思います」と話していました。

記念切手は200万シート用意され、全国の郵便局やインターネットなどで買うことができます。また、切手帳は20万部用意され、全国のおよそ400の郵便局で買うことができるほか、インターネットなどで購入することもできます。
at 14:22 | Comment(0) | 皇室

◆自民大阪府連会長に大塚氏選出へ

10月18日 13時48分  NHK関西ニュース

自民党大阪府連は、今月、任期満了を迎える渡嘉敷奈緒美府連会長の後任に大塚高司衆議院議員を選出する方向で調整に入りました。

自民党大阪府連は、衆議院議員の渡嘉敷奈緒美氏の府連会長としての任期が、今月27日に満了を迎えることを受けて、人事の調整を進めてきました。
そして、渡嘉敷氏に代わる新しい会長に、大塚高司衆議院議員を選出する方向で調整に入りました。
今後党内で、最終的な調整を進めたうえで、今月27日に開く府連大会で大塚氏を会長に選出することにしています。
大塚氏は、衆議院大阪8区選出で55歳。
国会議員の秘書を経て、平成17年の衆議院選挙で初当選し、現在4期目です。

府連をめぐっては、ことし4月の大阪ダブル選挙などでの敗北を受けて就任した渡嘉敷氏がこれまでの方針を転換して、いわゆる「大阪都構想」の是非を問う住民投票の実施を容認したことから、新しい会長が、都構想についてどのような方針で臨むのかが焦点となります。
at 14:18 | Comment(0) | 政治

◆「恩赦にさまざまな意見あることは承知 ご理解を」法相

2019年10月18日 10時12分  NHKニュース


河井法務大臣は閣議のあと記者団に、「新しい令和の時代を迎え、即位の礼が行われるという慶事にあたり、罪を犯した者の改善更生の意欲を高めさせ、社会復帰を促進するという刑事政策的見地から、恩赦を実施することとなった。恩赦が適正かつ円滑に実施されるよう法務省としても全力で務めたい。恩赦については、さまざまな意見があることは承知しているが、国民の皆様のご理解をいただきたい」と述べました。
at 10:20 | Comment(0) | 政治

◆即位の祝賀パレード 来月10日に延期を閣議決定

2019年10月18日 9時59分  NHKニュース

天皇陛下の即位に伴い、今月22日に予定されていた祝賀パレード、「祝賀御列の儀」について政府は、台風19号で甚大な被害が発生したことを踏まえ、およそ3週間延期し、来月10日に実施することを閣議で決めました。


政府は、憲法で定める国事行為として、今月22日に天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」を行うとともに、祝賀パレードの「祝賀御列の儀」や、祝宴にあたる「饗宴の儀」を予定していました。

しかし、台風19号により広い範囲で甚大な被害が発生したことを踏まえ、政府はこのうちの「祝賀御列の儀」についておよそ3週間延期し、来月10日に実施することを18日の閣議で決めました。

「即位礼正殿の儀」や、22日から4回に分けて開く「饗宴の儀」は予定どおり行うことにしています。
at 10:17 | Comment(0) | 政治

◆慰安婦少女像 首都ワシントン近郊に設置へ 韓国系米国人団体

2019年10月18日 10時08分  NHKニュース


アメリカの首都ワシントンの近郊で、韓国系アメリカ人でつくる市民団体が慰安婦問題を象徴する少女の像を今月中に設置すると発表し、日韓関係が冷え込む中で新たな懸念材料になりそうです。


韓国系アメリカ人でつくる市民団体は17日、首都ワシントン近郊のバージニア州フェアファックス郡で、この団体の関係者の私有地に少女像を設置すると発表し、現地で起工式を行いました。

団体は来週にも像を設置し、27日には韓国から元慰安婦の女性を招いて除幕式を行うとしていて、団体の代表は「この像の意義は、日韓の悲しい歴史を振り返り、戦争の犠牲者を忘れないためだ」と話しています。

アメリカでは、南部ジョージア州や西部カリフォルニア州などでもすでに同様の像が設置されています。

市民団体はワシントンで公共施設での設置を求めていて、これに対して現地の日本大使館は、設置を認めないよう地元自治体などに働きかけています。

今回設置されるのは私有地ですが、アメリカの首都近くで少女像が新たに設置されることで、日韓関係の新たな懸念材料になりそうです。